アウディA4アバントの中古車相場

アウディ A4 アバントの特徴

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4_avant.html#layer=/jp/web/ja/models/a4/a4_avant/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.4.html

アウディ A4 アバントの特徴①

アウディA4アバントは、ドイツの自動車メーカー「Audi」が生産する自動車で、Audiブランドの中のミドルクラスステーションワゴンです。「アバント=ステーションワゴン」を意味し、A4がセダンとステーションワゴンという2つの枠を持ち、ワゴングレードとして存在するモデルです。

アウディ A4 アバントの特徴②

新型モデルは、これまでと異なるシャープでキレのあるデザインとなり、空気抵抗を考えた流麗なラインを持ち、スポーティーかつ高級感のあるイメージに仕上げ、ワゴンの概念を大きく変えたのが、アウディA4アバントです。アウディは量産車として世界各地に輸出されるため、どこか大衆車というイメージが大きかったのですが、新型モデルの誕生によりスポーツインテリジェントという概念を生み出しました。

アウディ A4 アバントの特徴③

アウディA4アバントには最新のテクノロジーが搭載されており、ドライバーのサポートを行います。安全性能を高めながら、走行性能を高め、自動車走行の安全性を高めたモデルです。燃料が効率よくエンジン内部に送り込まれ、クイックなシフトチェンジを可能として、早期で安定した走行へと移行、レスポンスの良い加速が燃料消費を極限まで抑え、燃費性能も高めています。

アウディ A4 アバントの歴代モデル

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.rac.co.uk/drive/car-reviews/audi/a4/207655/

アウディ A4 アバントの歴代モデル①

1995年にデビューした初代B5型モデルは現在のモデルよりもコンパクトで全長が4586mmとミドルサイズワゴンでした。
セダンA4がデビューし、爆発的なヒットを受けて、1年後に発売されたのがステーションワゴンのアバントです。
スポーツカーのトランスミッションとして採用されるティプトロニックを採用しており、スポーティーワゴンという名前をほしいままにしました。

アウディ A4 アバントの歴代モデル②

アウディ A4 アバント画像

引用元:http://autoc-one.jp/catalog/audi/a4_avant/104095/

アウディA4の最高傑作と言われたのが、現在の5代目モデルB9型です。
2015年にデビューしたB9型は2016年、2017年日本・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、これまでのモデルと違ったスポーティーで高級感を備えています。
4735mmと初代モデルから25cm以上大型化が進み、後部座席とラゲッジルームが大幅に拡張されたことから、ゆったりとした座席と、広いラゲッジルームとなり、自由自在な用途でカスタマイズが可能です。

中古車価格について

アウディ A4 アバント画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/152782/car/47133/profile.aspx

アウディ A4 アバントの歴代モデル①

中古市場に流通するモデルは2代目モデルB6型からが多く、初代B5型モデルは少ないです。B6型モデルは2001年にデビューし、最終モデルでもすでに12年経過していることから、価格の中央値は車両本体価格で30万円というところでしょう。
このモデルで人気なのがやはり走行距離が少ない車両で、ワンオーナー車の人気が高いです。低年式の中古車を購入する場合、確かな保証と安心のサポート体制を整えたお店で選ぶことが良いでしょう。

アウディ A4 アバントの歴代モデル②

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.euro-car.info/post-1515/

アウディA4アバントで最高傑作と言われる現行モデルのB9型もすでに中古市場に流通しており、もっとも高額に流通しているグレードがクワトロです。アウディA4アバントには、パッケージ化されたオプションがあり、オーナーが設定したものによって中古市場での価格が異なり、アシスタントパッケージが搭載されたモデルは人気が高いため高い相場で推移しています。
1万kmアンダーの車は600万円以上の車両が多く、黒や白、ガンメタ系のボディカラーが人気で相場を高くしています。

B9型クワトロがおすすめ

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/394979829809673788/

現行モデルはホイールベースを15mm拡大され、車室が大幅に拡張され、スポーティー能を高めた上級グレードです。
4種類の走行モードが選択可能で、シーンにあった走りを楽しむことが出来ます。
クワトロの燃費や年間コストについて説明してゆきます。

おすすめモデルの燃費

クワトロは燃料を効率よくエンジンに送り込む機能を持ち、高付加でありながら高効率なターボを搭載しているため、燃費が良く、JC08モード15.5km/Lとクラス最高レベルの低燃費です。
実際の走行では、9.5~10.5km/Lというところでしょうが、高速走行であれば11km~12km/Lまで伸びるでしょう。

おすすめモデルの維持費

この車を所有すると年間コストが以下のように掛かります。
・自動車税39500円
・整備費用 月ベース5000円程度「(60000円~70000円程度)車検費用は別途150000円~180000円程度必要です。」
・自動車保険は概ね月10000円程度
・ガソリン代として月7000円程度(年間80000円~90000円)
概ね、300000円程の年間維持費が掛かりますが、他にも駐車場やETC負担料金により100000円~200000円程増えるでしょう。

クワトロについていてほしいオプション2選

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4_avant.html#layer=/jp/web/ja/models/a4/a4_avant/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.6.html

オススメオプション①

人気のオプションとしてサンルーフがあります。
電動で天井の前方ガラスが開き、ティンテッドガラス、電動サンブラインドを装備しており、アドバンストキーで便利に開閉できる優れものです。
オプション価格は200000円ですが、リセールバリューでも20万円高く売れるでしょう。

オススメオプション②

アウディ A4 アバント画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4_avant.html#

運転席インパネに速度計・回転計やマップ情報等をディスプレィに映し出す、バーチャルコックピットは付けておきたいオプションです。
オプション価格は70000円ですが、ステアリングスイッチで操作可能で、12.3インチの高解像度ディスプレィであるため、運転時の視線移動も少なく安全運転が可能です。

まとめ

アウディA4アバントは、ステーションワゴンに高級スポーツという概念をつくり、世界で高い評価を得ています。
中古車としても上級モデルが人気で、特別なオプションがカスタマイズされた車両に人気が集中し、中でも上級グレードのクワトロの人気が高いです。1990年後半に「道を切り拓くのはいつもアウディ」というキャッチフレーズ通り、常に進化を繰り返して駆け抜けてきたA4アバントはこれからも進化し続けるでしょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら