今が見直し時「自動車保険」を安くする方法について徹底解説!!

自動車保険

「自動車保険」の見直しを検討されている人は、多いのではないでしょうか。

自動車保険料は、大きな金額となりますので家計の見直し時には、必ず考えなければならない項目の一つです。

今回は自動車保険の見直しについて、損害保険募集人の筆者が徹底解説します。

自動車保険の種類とは?

自動車保険の中には自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は強制保険で、全員が入る必要があります。

保障内容は、被害者に対して死亡時に3000万円、傷害に対して120万円補償されます。

相手が亡くなったり、ケガをした場合に慰謝料を負担するという形です。

車検を行う際、必ず入ってないと通りませんので強制保険と呼ばれています。

次に任意保険について、保障内容は、対人・対物保険と車両で分けられます。

対人・対物では、事故で相手を死亡させてしまうケースや事故で物を壊してしまった時に、自賠責保険だけでは賄いきれないケースが多いので、対人・対物保険は入る必要があります。

車両保険については、自分の車が壊れたときに修理代が保険から補償される保険です。

相手に対してではなく、自分の車に対しての保険、以上が自賠責保険と自動車保険の概要です。

下記に損害保険協会で記載している対人・対物事故での損害額について紹介します。

自賠責保険の補償内容は、自動車事故に遭った他人(被害者)の人身損害のみに限定されています。

また、補償額は死亡事故で最高3,000万円となっており、これを超える損害は補償されません。

このように自賠責保険の補償には、対象範囲も金額も共に限度がありますが、自動車の運転には、様々なリスク(危険)が存在しています。そこで、自動車を取り巻くリスクについて説明します。

誤って人をはねて死亡させてしまったり、重い後遺障害を負わせてしまった場合、加害者は億単位の損害賠償額を請求されることもあります。

また、人にケガを負わせなくても、他人のものを壊してしまった場合には損害賠償責任が発生します。しかも、最近では、その損害賠償額は高額化しています。
万一に備えて、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」の契約金額は、「無制限」で契約することをお薦めします。

対人事故

認定総損害額

判決年月日

被害者性年齢

被害者職業

被害態様

5億2,853万円

2011年11月1日

男性 41歳

眼科開業医

死亡

4億5,381万円

2016年3月30日

男性 30歳

公務員

後遺障害

4億5,375万円

2017年7月18日

男性 50歳

コンサルタント

後遺障害

対物事故

認定総損害額

判決年月日

被害物件

2億6,135万円

1994年7月19日

積荷(呉服・洋服・毛皮)

1億3,450万円

1996年7月17日

店舗(パチンコ店)

1億2,036万円

1980年7月18日

電車・線路・家屋

引用:自動車保険|日本損害保険協会 (sonpo.or.jp)

等級について

自動車保険

任意保険に入る上で等級について知らなければなりません。

6等級から始まり1等級から20等級まであり、等級が上がると保険料は下がります。

事故がなく保険申請しない場合には、1年に1ずつ等級が上がっていきます。

保険の申請をすると3等級ダウンし、一回の事故で保険を使うと元に戻るまでに3年はかかります。

以上が等級制度です。

次に、自動車保険の見直しについて紹介します。

自動車保険を見直すには

自動車保険を見直す方法を紹介します。

保険会社を変えるという選択

毎月の自動車保険を見直すに当たって、契約している保険会社の契約状況を確認してください。

代理店や対人を販売している大手保険会社は、対人でやってるところが多いです。

販売者側のコストは必ず買う側にくるように、販売価格に上乗せされます。

よって、保険会社などでコスト削減に力を入れている会社の方が安くなります。

保険会社を変えるだけで、年間数万円ほど保険料が変わりますのでご検討下さい。

ネットと大手の保険についての記事も併せてお読みください。

【徹底比較!!】ネット保険vs大手保険会社|自動車保険料が安いのはどっち?

契約条件を確認する

運転者条件・年齢条件の2つがあります。

運転者限定条件とは、運転する人が本人限定・家族しか保険適用されないなどの限定条件。

年齢条件については、30歳以上しか運転しませんなど、適切なものに条件を設定することです。

この2点を設定するだけで、自動車保険料の金額を安くすることができます。

車両保険について考える

事故の際、この車両保険を使うと等級が当然下がり、結局保険代も上がってしまいます。

例えば、バンパーが壊れたなどの修理費は数万円で済みます。

このような簡単な修理に保険を使っても等級が下がると同時に3年間保険料が上がり、修理費以上に保険料が高くなります。

最低限の修理費用は、自分で支払った方が自動車保険に使わなくて済みます。

軽い修理なら車両保険を使わない方がおすすめです。

まとめ

自動車保険は、いざという時に破産してしまうリスクを避けるために入るものです。

相手を死亡させてしまい賠償金が来てしまうことや火事を起こす・自分自身が死んでしまった時に、子どもの生活費や残された人・自分自身が破産してしまわない為に、万が一の時に備えての入るのが自動車保険です。

併せて車両保険について知りたい方は下記の記事も併せてお読み頂ければ幸いです。

【徹底比較!!】ネット保険vs大手保険会社|自動車保険料が安いのはどっち?

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

自動車保険