ハリアーの維持費内訳8つ|人気のハリアー新車購入費と維持費は?

高い人気を誇るハリアーですが、ハリアーを所有した場合の維持費がどのくらいかかるのでしょうか。この記事ではハリアーの維持費の内訳や、人気のハリアー新車購入価格、具体的な維持費などを紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ハリアーハイブリッドとは?

ハリアーハイブリッドとはハリアーのハイブリッド仕様のモデルです。トヨタが製造、販売している高級クロスオーバーSUVであるハリアーの2代目モデルです。ハリアーと基本的には同じベースの内外装となっていますが、フォグランプが丸型に代わったり、リアコンビネーションランプがLEDに代わったりといった変更点があります。この記事ではハリアーやハリアーハイブリッドにかかる維持費について紹介していきます。

ハリアーの新車価格

ハリアーの新車価格は約300万円からとなっています。ハリアーには3種類のグレードがあり、エレガンス(ガソリン2WD車)の場合、価格は300.4万円からとなっています。また、プログレス(ターボ2WD車)の場合は412.5万円から、特別仕様車であるプレミアムスタイルノアール(ガソリン2WD車)なら336万円からとなっています。そして、ハイブリッドは最低でも388万円から。ハイブリッドとガソリンの間には 80万円もの差があります。

購入費用

ハリアーの購入費用は安くても350万円程度になる可能性があります。ハリアーを購入する場合、車種による価格やグレード、カラーの選択、搭載するナビの種類、エクステリアの選択など、様々なオプションやアクセサリーの値段がプラスされます。さらに税金、保険料、販売諸費用などもかかってくるため、実際にはモデルの価格+数十万円の費用がかかることになります。気になる方は公式サイトでシミュレーションしてみると良いでしょう。

ハリアーの維持費内訳8つ

ハリアーを所有すると年間ではどのくらいの維持費がかかるのでしょうか。車の購入を検討しているとき、特に気になるのが維持費です。ハリアーを購入した場合、どのくらいの維持費がかかるのか事前に知りたいと考えている方も多いでしょう。車にはさまざまな維持費がかかりますが、ここではハリアーにかかる自動車税、重量税、車検費用、自動車保険、駐車場代、メンテナンス代、ガソリン代、合計年間維持費の8つの維持費を紹介します。

ハリアーの維持費内訳1:自動車税

ハリアーの維持費の1つは、総排気量によって課税される自動車税です。自動車税は車の排気量0.5リッター刻みで金額が設定されており、普通自動車の場合は30,000円から100,000円程度になります。ハイヤーの場合は総排気量1500cc超2000cc以下の区分になるため、1年間あたりの自動車税は36,000円となります。また、ハリアーはエコカー減税の対象ではないため、税金免除措置は受けられません。

ハリアーの維持費内訳2:重量税

ハリアーの維持費の1つは、車両重量や年数によって課税される重量税です。自家用車の場合、重量0.5トン刻みに金額が設定されています。支払いの際には次回の車検までの期間をまとめて支払うことになるため、2年分納税する必要があります。ハリアーは車両重量1,500kg超2,000kg以下なので、32,800円を支払う必要があります。ただし、登録から13年以上経過している場合は支払額が多くなります。

ハリアーの維持費内訳3:車検費用

ハリアーの維持費の1つは、3年もしくは2年ごとに受ける必要がある車検費用です。車検費用には、工場によって異なる料金以外に、法定費用という支払い義務がある固定の費用が設定されています。先ほど紹介した重量税もこの法定費用に含まれます。ハリアーは車両重量1,000kg超1,500kg以下のクラスになるため、まず基本料として約25,000円かかります。さらに法定費用は約6万円となっているため、ハリアーの車検費用は約85,000円が相場となっています。

ハリアーの維持費内訳4:自動車保険

ハリアーの維持費の1つは、自賠責保険や任意保険などの自動車保険の料金です。自動車保険には車やバイクを所有する場合に必ず加入しなければいけない自賠責保険と、任意保険の2種類があります。自賠責保険は交通事故が発生した場合の対人補償を行いますが、任意保険にはさまざまな種類があり、保険料や補償範囲は種類により異なります。自賠責保険だけではカバーできない部分が多いため、多くの人が任意保険にも加入しています。

ハリアーの維持費内訳5:駐車場代

ハリアーの維持費の1つは、駐車場を借りるために月々支払う必要がある駐車場代です。駐車場代も車を所有する上でかかる維持費です。料金は地域によって相場に差があり、地方であれば月々数千円程度で済む場合が多いですが、東京や大阪などの都市部の場合は数万円かかる場合もあります。また、サラリーマンで通勤にハリアーを使う必要がある場合は、会社が交通費として駐車場代を負担してくれるケースもあります。

ハリアーの維持費内訳6:メンテナンス代

ハリアーの維持費の1つは、車検の際に必要になるメンテナンス代です。ハイヤーの車検費用は85,000円程度となっていますが部品交換やオイル交換、タイヤ交換などのメンテナンス費用がかかるため、それ以上多くかかるケースも多いです。さらに車検を受ける際には印紙代として、普通の自動車工場なら1,800円、指定工場の場合は1,100円かかります。

ハリアーの維持費内訳7:ガソリン代

ハリアーの維持費の1つは、高額になるガソリン代です。モデルチェンジやマイナーチェンジが行われることで、使用するガソリンの種類も変わります。たとえば、2013年のCVT・4WDならレギュラー、2017年の6AT・4WDならハイオクとなっています。

ハリアーの維持費内訳8:合計年間維持費

ハリアーの維持費を計算すると、年間で50万円程度かかることになります。ここまで紹介した自動車税、重量税、車検費用、自動車保険、駐車場代、メンテナンス代、ガソリン代などを計算しましょう。さらに、車検の際に不具合などが見つかった場合、さらに高額なメンテナンス代がかかる可能性もあります。ハリアーを所有していると高額な維持費が発生することは覚えておきましょう。

ハリアーグレード人気比較

ハリアーで人気のグレードはどれでしょうか。ハリアーにはエレガンス、プレミアム、プログレスなどのグレードが存在します。それぞれ特徴や価格が異なりますが、人気のグレードはどれになるのでしょうか。ここではハリアーのグレードごとの違いや人気を比較していきますので、これからハリアーの購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

人気比較1:エレガンス

エレガンスはコストパフォーマンスのいい標準グレードです。もっとも人気なのは、コストパフォーマンスに優れた標準モデルのエレガンスです。ハリアーの中でも流通数が多く、中古のガソリン車なら200万円台から手に入るだけでなく、リセールも高い価格が付きやすいです。まだ、快適な走行と上質さを両立したい場合は、ターボのエレガンスを選ぶのもよいでしょう。

人気比較2:プレミアム

プレミアムはエレガンスよりもワンランク上のグレードです。エレガンスの次に人気の高いグレードです。アダプティブハイビームシステムやLEDコーナリングランプなど、エレガンスよりも装備が充実していることもあり、価格はエレガンスより50万円程度上がるでしょう。また、プレミアムを購入するなら、ガソリン車特別仕様車であるプレミアムスタイルノアールのコストパフォーマンスがよくおすすめです。

人気比較3:プログレス

プレグレスはプレミアムよりもワンランク上のグレードです。価格も上がるため、人気としてはほかのグレードよりも下がります。プログレスはインテリジェントクリアランスソナーやパノラミックビューモニターなどの充実の安全装備を搭載しており、標準仕様でナビも搭載されています。

ハリアー燃費比較

 

ハリアーはどのくらいの燃費になるのでしょうか。ハリアーにはガソリンエンジン、ターボエンジン、さらにハイブリッドの3つのラインナップが用意されています。グレードは3種類共通の4種類と、ガソリンエンジンとターボエンジンの1種類の計5種類となっています。ハリアーを購入する場合にはそれぞれの燃費の違いについても知っておきましょう。ここではハリアーの燃費について比較します。

ハリアー燃費比較:ガソリン車

ハリアーのガソリン車のカタログ燃費は約16.0km/Lとなっています。カタログ燃費は平坦な道を一定の条件下で走行した燃費を計測したもので、決まった条件で計測することで、燃費を比較する際の指標となるものです。そのため、実際に日常生活で車を走行させた場合の燃費はカタログ燃費よりも30%ほど低くなると言われています。

ハリアー燃費比較:ターボ車

ハリアーのターボ車のカタログ燃費は約13.0km/Lとなっています。ハリアーのターボ車の場合、カタログ燃費は約13.0km/L、実際の平均燃費は約10.4km/Lとなっています。カタログ燃費と平均燃費とを比較すると、20%ほど平均燃費のほうが低い結果になります。カタログ燃費と実際の燃費には30%ほど差が出ることを考えると、ターボ車の場合は一般的な誤差の範囲よりも実際の燃費に近いカタログ燃費となっていました。

ハリアー燃費比較:ハイブリッド車

ハリアーのハイブリッド車のカタログ燃費は約21.4km/Lとなっています。ハリアーのハイブリッド車の場合、カタログ燃費は約21.4km/L、平均燃費は約14.5km/Lという結果になっていました。カタログ燃費と平均燃費とを比較すると33%ほど平均燃費のほうが低くなるため、ハリアーのほかの種類と比較すると、ハイブリッド車は平均的な誤差よりも差が大きく出ているといえるでしょう。

経済的に乗るならプレミアムガソリン車|2020年フルモデルチェンジ?

ハリアーは実際の燃費も考慮して選ぶようにしましょう。カタログ燃費を比較するとハイブリッド車が経済的のように思えますが、実際に走行した場合はガソリン車のほうが燃費がいい可能性もあります。ハリアーは定期的にフルモデルチェンジを行っていますが、2020年5月下旬ごろにフルモデルチェンジされるという話もあります。新しくハリアーの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら