車の維持費をシミュレーションする際に知っておくべきこと6選!

車を無理なく維持していくには維持費のシミュレーションを立てる必要があります。車は税金やガソリン代、駐車場代がかかるので車を所持していくには必要な費用となります。無理なく車を維持していくためにも維持費のシミュレーションを立てておきましょう。

車には維持費がかかる

車を所持して運転していくには、車両自体の維持費がかかります。車をメンテナンスしていくための部品や工賃、車種や用途別に重量税などの維持費がかかるので、ある程度のシミュレーションが必要です。車を維持していく人は、車の走行距離や用途に合わせた維持費がかかることを覚えておき、維持費のシミュレーションを立てておくとよいのではないでしょうか。

車の維持費を実際にシミュレーションしよう

車の維持費を実際にシミュレーションしてみましょう。月ごとの走行量を知り、どれぐらいのガソリン代が必要なのかを調べ、また車種ごとに決められた自動車税や車検代などをシミュレーションし、実際に車を維持していけるのか検討することが大切です。車を無理なく維持したい人は所有する予定の車にかかる自動車税や車検代、自賠責や任意保険の金額を計算し、維持していけるのかシミュレーションを立ててみましょう。

車の維持費をシミュレーションするために知っておくこと6つ

車の維持費をシミュレーションするために知っておくことが6つほどあります。車を所持して走行させていく場合、万が一の事故に備えるために保険に加入したり、事故を未然に防ぐための車のメンテナンスは欠かせなくなります。車を所持し運転してく人は自分や歩行者を守るために十分な補償がある保険に加入し、車を万全な状態に維持して運転するようにしましょう。

知っておくこと1:毎年自動車税がかかる

車の維持費をシミュレーションするために知っておくことに毎年自動車税がかることが挙げられます。車を維持するには車両ごとに定められた自動車税と重量税を支払っていかなくてはならないので、維持費をシミュレーションするには車ごとの税金も考えておく必要があります。車を維持していく人は所持したい車にかかる税金を調べ、支払っていけるかどうか考えた上で欲しい車の購入を検討しましょう。

知っておくこと2:走った分ガソリン代がかかる

ガソリン代がかかることも車を維持していくために知っておきたいことです。車のエンジンはガソリンを燃焼して動力を得る車種がほとんどなので、走行した分ガソリン代がかかることになります。ガソリン代を削減したい人は、ハイブリッドカーやEV車を選ぶことでガソリン代の負担を減らしましょう。

知っておくこと3:こまめなメンテナンスが必要

こまめなメンテナンスが必要になることも、車を維持するために知っておくことの一つです。車を安全に走行させるにはエンジンオイルやランプの交換、バッテリーの状態を常にチェックする必要があり、タイヤなどの消耗品を定期的に換える必要があります。車を安全に維持したい人は車検時のメンテナンスだけでなく走行前に車両チェックをし、車に異常がないか確認して走行させるようにしましょう。

知っておくこと4:高速代や駐車場代がかかる

高速代や駐車場代がかかることも車を維持するために知っておきたいことです。車を所持していると車を駐車しておく場所が必要になり、また高速道路を走行するには通行料金がかかるのでそれらの金額もシミュレーションしておく必要があります。車を維持していく人は安い駐車場を探したり、ETCの割引を活用することで維持費を抑えるようにしましょう。

知っておくこと5:任意保険も払わなくてはいけない

任意保険を払わなくてはいけないことも車を維持するために知っておきたいことです。自賠責保険でカバーできない補償を任意保険で補うので、しっかりした補償を備えている任意保険を選ぶ必要があります。車を安全に維持していきたい人は、車種や用途に合わせた任意保険に加入した場合でも保険料を支払っていけるかシミュレーションし、車の購入を決めましょう。

知っておくこと6:車検が通常2年おきにある

車検が通常2年おきにあることも車を維持するために知っておきたいことです。車検は法で定められた車の整備となり、車検を受けて合格できないと車が安全だと証明されないので公道を走行することができません。そのため、車の維持には欠かせないメンテナンスとなっています。車の維持費をシミュレーションする人は、車種ごとにかかる法定費用があることを覚えておき、欲しい車の購入を検討しましょう。

車検時に払う法定費用1:印紙

車検時に支払う法定費用に印紙代があります。車検を受けるための費用や合格ステッカーの発行には印紙で手数料を支払う必要があり、車が新車か中古車なのかや車種などで印紙代が変わってきます。車の維持費をシミュレーションする人は、車種や車の状態に合わせて車検の金額が変わってくることを覚えておき、車の購入を検討しましょう。

車検時に払う法定費用2:自賠責

車検時に支払う法的費用に自賠責保険があります。車検が終わった時点で次回の車検までの期間の自賠責保険を支払う必要があり、車を走行させるために必要な保険となるので加入しなければなりません。車を所持し維持していく人は自賠責保険でカバーできない対物補償、車両保険に加入し、運転時の不安を削減しましょう。

車検時に払う法定費用3:自動車重量税

車検時に支払う法定費用に自動車重量税があります。車検を受ける際には自賠責保険だけでなく自動車を走らせるための税金として自動車重量税も支払う必要があり、車を維持していくには欠かせない費用となっています。車の維持費をシミュレーションする人は、車検時に必要となる費用を把握することで、車を維持していくためのシミュレーションを立てるようにしましょう。

新車と中古車で金額が異なる費用とは?

新車と中古車で金額が異なる費用があります。新車と中古車では購入する際の金額が違うだけでなく、購入した後の維持費も変わってくるので、よく考えて購入する車を選ぶ必要があります。車を購入する人は、新車を買った場合でもメンテナンス料金が多くかかる車があることを覚えておき、車選びをしていきましょう。

新車は購入金額が高い

新車は購入する際の金額が高くなっています。新車は中古車のように使い古された車ではなく、新しい素材で作られた車となるので購入する際の金額が高くなります。新車を購入する人は、新車として購入する車にかかる諸費用や維持費をシミュレーションし、維持していけるか考え、購入するか否かを決めましょう。

中古車は整備費と税金が高い

中古車を維持していくには整備費と税金が高くなります。中古車は整備に手間がかかったり、部品の確保が難しいため整備費が高くなります。また、環境を考慮したエンジンでない場合があるので、重量税や自動車税とは別に環境税がかかることがあります。中古車を購入する人は、整備費と税金が多くかかることを承知し、維持していくことができるか考え、購入すべきか否かを決めるようにしましょう。

車を買う前に維持費のシミュレーションをしておこう

車を買う前に維持費のシミュレーションをしておきましょう。車を購入する際のシミュレーションを立てやすくするためにも、車種や車の状態で維持費が変わってくることを覚えておきましょう。車を購入する人は、維持費のシミュレーションを立てやすくするためにも車にまつわる費用の知識を身につけ、車の購入に役立てるようにしましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら