オプションのボディカラーによって値段が変わるのはなぜ?

車を買うときに必ずと言っていいほど色々と悩むのが車の色について。色々と悩んだ結果無難な色にしてしまいがちです。自分がいいなと思う色があっても、オプションによってプラスでお金をかけなければいけない場合も多いでしょう。なぜ色が違うだけなのに値段まで変わってくるのでしょうか。今回は意外と注目して考えたことのないボディカラーについてお話していきます。

意外と知らない?ボディカラーについて

よく見てみると面白い車のボディカラーの名前

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img01.jpg

車の色の種類は数えられないほどたくさんあり、選びきれないほどです。そして車の色の種類をさらにややこしくしているのが色の名前で、非常に長くて色々合わさった名前をしています。しかし、この色の名前もよく見てみると意外と面白いものです。

例えばスズキの大人気車種のハスラーで見てみますと、いわゆるオレンジの色がバーミリオンオレンジ、赤色がフェニックスレッドパール、ピンク色がチアフルピンクとどの色も名前にワンアクセントついています。言葉を来ただけでは一瞬、ん?何色?となってしまうかもしれません。よく聞くと名前の中に色が入っているのでわかりますね。

これら色の名前はいかにも和製英語っぽい名前ですが、実は海外のメーカーも同じような名前の付け方をしていて、フォルクスワーゲンのゴルフを例にみてみますと赤色がトルネードレッド、青色がアトランティックブルー、シルバーがタングステンシルバーと日本と同じような名前の付け方です。おそらく車業界では色というのをかなり重要視して作っているため、同じオレンジだけど違うということを表すために色の特徴を付け加えてきた結果なのだと思います。

昔は禁止されているカラーがあった?

そんなカラーですが、日本では昔禁止されている色がありました。それは赤色。日本では1960年頃まで赤色は禁止されていたのです。その理由は緊急車両と見間違えてしまうから。今現在暮らしていて消防車と市販車を見間違えることなんてありませんが、昔は赤が多くなると見間違えてしまうと考えていたのです。

そして、そんな掟を撤廃したのが有名なホンダの創業者であり当時のホンダの社長、本田宗一郎氏。本田宗一郎氏は新しく販売するスポーツカー「S360」のメインカラーを赤と設定し、運輸局と交渉をして赤色の車を販売することをOKとしてもらったのです。今人気の色となっている赤色にはこのようなエピソードがあったのでした。

ボディカラーによって値段が変わる理由は?

ボディカラーの値段が変わる理由に、ボディカラーの塗装が大きく関係しています。オプションでお金のかかる色、かからない色の違いをお話していきます。

塗装の違い

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら