空飛ぶタクシー実現へ「空飛ぶクルマ」完成について徹底解説

次世代の乗り物として期待されている「空飛ぶクルマ」ですが、大阪府と大阪市は、2025年に迫った大阪関西万博で空飛ぶクルマの活用を目指し、開発を担当するスカイドライブ社と連携協定を結びました。

今回は空飛ぶタクシー実現化について、空飛ぶクルマには目がない筆者が徹底解説します。

空飛ぶクルマとは

スカイドライブ社が開発した空飛ぶ車は、2020年8月に、高さ約3メートル、最高時速は4キロ程度でしたが、日本で初めて人を乗せ、4分間のフライトに成功しました。

これにあわせて、2025年の大阪関西万博で、空飛ぶ車を使い旅行者などを運ぶエアタクシーの構想があり、実現すれば関西空港や神戸空港、ユニバーサルスタジオジャパンと万博会場をエアタクシーでの送迎が可能です。

車両の中は意外に広くて快適な空間を演出し、行き先を画面に入力し自動で、目的地まで飛ぶというスカイドライブ社の車両について紹介します。

走る、飛ぶ。という自由へ。空からの眺望を楽しみながら、渋滞や満員電車のストレスから開放される。三次元の自由な移動がそれを可能にします。世界最小のエア・モビリティ。という自由を。クルマと同等レベルのサイズ 。 機体価格も経済性に優れ、しかも電動という環境性能も兼ね備えています 。
もちろん道路などの新たなインフラ整備は必要ありません。移動時間の速さ。という自由を。垂直離陸、飛行ができる。それはエアポートが街中にあるということ。まさにドア toドア感覚の自由で早い移動を可能にします。

SD-XX

SkyDriveコンセプトモデル

基本仕様
サイズ : 全長4.0m 全幅3.5m 全高1.5m
最大搭乗人数 : 2名
燃料: バッテリー(電動)
プロペラ: 機体の四隅に8つ配置
飛行仕様
最大離陸重量 : 500 kg
飛行速度 : 100 km/h
航続時間 : 20~30分
高度  : ~500 m
走行仕様
走行速度 : 60km / h
走行距離 : 20~30 km

引用:AIR MOBILITY – 空飛ぶクルマ – | 株式会社SkyDrive (skydrive2020.com)

空飛ぶ車について、世界でも開発競争が過熱化しています。

一例として、2021年6月に岡山県で行われたのは、中国製空飛ぶクルマのテストです。飛行航空事業を手掛ける一般社団法人が、中国の開発企業から入荷、無人飛行で、高さ30mの安定した飛行を見せました。

さまざまな場面でのニーズが期待される空飛ぶ車は、離島や山間部での移動手段や都市部での渋滞を避けた通勤・通学・災害時の救急搬送などでの活用を期待されています。

空飛ぶクルマのメリット

「空を飛べるとどんなメリットがあるのか?」皆様はご存知でしょうか。

数年以内の事業化を目指していて、世界中で開発競争が過熱しています。

そのメリットは何といっても「移動の効率化」。陸路と違って渋滞もなく、最短距離で目的地まで移動することができます。開発に成功すれば、通勤ラッシュの解消や、都市の人口集中といった問題の解決に繋がることも期待されます。

他にも、公共の手段が不足している場所では、交通の向上や避難等など場面で期待されていますが、実用化に向けては様々な課題が考えられます。

まずは「ルール整備」です。どの程度の高度をどれくらいの速度で飛行していいのか、免許制度の問題、このようなルールが決まらなければ開発が進んでも社会実装は当然難しいです。

さらに安全性の問題です。バッテリーだけの動力を持つ「空飛ぶクルマ」は動力が失われた場合、ドローンと同じように地上に激突してしまいます。

そして「音の問題」空飛ぶクルマは人の集まる地域の近くで離着陸して便利に活用することを目標としています。

そうなると「騒音」も大事なポイントですが、技術的にはまだまだ不十分だと指摘する専門家もいます。こうした問題に官民一体で取り組み、早ければ2023年の実用化を目指す空飛ぶクルマ。

上空からの景色を楽しみながらストレスフリーで出勤、そんな未来が実現するのは、そう遠くないかもしれません。最後に海外での動きを紹介します。

【オリンピック開会式】昔思い描いていたようなプロペラのない空飛ぶ車は実現可能になる?

その他の海外の動き

ウーバー

配車サービス、ウーバーテクノロジーズは、空飛ぶタクシーの試験飛行をロサンゼルスで実施すると発表、時速320キロの小型飛行機でスマートフォンを使い、予約発着所で乗り降りができるスステムを開発、安全な無人交通システムを整備するために、NASA(アメリカ)と共同開発を進めています。2028年、ロサンゼルスオリンピックまでに空飛ぶタクシーの本格的なサービス開始を目指すしています。

JobyAviation社

トヨタは今回、JobyAviation社と提携するにあたり、生産技術の見地で、設計、素材、電動化の技術開発に関わるとともに、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウを共有していく。最終的には、高い品質、信頼性、安全性、そして厳しいコスト基準を満たすeVTOLの量産化を実現、トヨタは、創業以来の夢「空飛ぶ車」の開発を進めています。

TFX

垂直離着陸方式で滑走路の必要なしで、4人乗り時速322キロの自動操縦装置も付いている車両を開発しています。。空を飛ぶクルマを個人向けの EV車として販売することを想定しています。

エアロモービル社

予約販売開始して、500機限定で、1億5000万円で購入することができます。ヨーロッパではパイロットの免許と滑走路があれば、飛ぶことが可能で、公道も走れます。全長が約6メートルなのでロールスロイスと同じぐらいの長さですので、色々と危険や交通ルールの整備や問題はあります。

このように世界でも空飛ぶクルマ事業は、開発が進んでいます。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?