【オリンピック開会式】昔思い描いていたようなプロペラのない空飛ぶ車は実現可能になる?

2020年に東京ではオリンピックが開催される予定です。この東京オリンピックのオープニングでは自動運転や空飛ぶ車が登場する予定であり、多くの期待が集まっています。オープニングで使用される空飛ぶ車はドローンの技術を応用したものです。バックトゥザフューチャーやブレードランナーを見て育った筆者にとって現在開発されている空飛ぶ車は想像と違い違和感を感じます。我々がスクリーンで見ていたような空飛ぶ車は実現可能なのでしょうか。様々な面から空飛ぶ車の可能性について調べていきたいと思います。

空飛ぶ車は実現できるのか

世間一般的な空飛ぶ車は実際に人が乗れるレベルまで技術が確立されているものなのでしょうか。実際の空飛ぶ車はどのようなことができるのか、どのような問題が考えられるのか紹介していきたいと思います。

現在の空飛ぶ車のレベル

現在開発されている空飛ぶ車は端的に言うと、近年普及し始めたドローンを人が乗れる大きさまで大きくしたものです。4枚のプロペラを使用して飛行するため非常に安定した飛行が可能になり、移動手段としての安全性は高くなっています。また、自動運転との相性が良く、今後自動運転の技術が発展した際は無人タクシーとしての活躍が期待されています。空飛ぶ車はインフラ環境の悪さに影響されず空を飛んで進むため、車で移動すると大変な緊急車両などが走りにくい田舎などでの活躍が期待されています。

空飛ぶ車の問題点は?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら