【オリンピック開会式】昔思い描いていたようなプロペラのない空飛ぶ車は実現可能になる?

2020年に東京ではオリンピックが開催される予定です。この東京オリンピックのオープニングでは自動運転や空飛ぶ車が登場する予定であり、多くの期待が集まっています。オープニングで使用される空飛ぶ車はドローンの技術を応用したものです。バックトゥザフューチャーやブレードランナーを見て育った筆者にとって現在開発されている空飛ぶ車は想像と違い違和感を感じます。我々がスクリーンで見ていたような空飛ぶ車は実現可能なのでしょうか。様々な面から空飛ぶ車の可能性について調べていきたいと思います。

空飛ぶ車は実現できるのか

世間一般的な空飛ぶ車は実際に人が乗れるレベルまで技術が確立されているものなのでしょうか。実際の空飛ぶ車はどのようなことができるのか、どのような問題が考えられるのか紹介していきたいと思います。

現在の空飛ぶ車のレベル

現在開発されている空飛ぶ車は端的に言うと、近年普及し始めたドローンを人が乗れる大きさまで大きくしたものです。4枚のプロペラを使用して飛行するため非常に安定した飛行が可能になり、移動手段としての安全性は高くなっています。また、自動運転との相性が良く、今後自動運転の技術が発展した際は無人タクシーとしての活躍が期待されています。空飛ぶ車はインフラ環境の悪さに影響されず空を飛んで進むため、車で移動すると大変な緊急車両などが走りにくい田舎などでの活躍が期待されています。

空飛ぶ車の問題点は?

空飛ぶ車にも問題があります。空飛ぶ車はドローンを拡大したものなので騒音が気になります。大きな4枚のプロペラが発する音を聞くと日常で使用するにはまだ現実的ではないかもと思ってしまいます。もう一つの問題はコストの高さにあります。開発段階なので大量生産までは至っておりません。そのため現段階では1台当たりの生産コストがとても高く、販売開始された場合でも一般層まで普及するには時間がかかると予想されます。

実際に考えられる技術は?

韓国の自動車メーカーであるヒュンダイがウーバーエアと業務提携を行いました。ヒュンダイは空飛ぶ車の大量生産に向けて動き出しており、空飛ぶ車が生み出す新たな市場に多くの企業が注目しています。そんな空飛ぶ車ですが、昔夢に描いていたブレードランナーに登場する車のような空飛ぶ車とはかけ離れており、実際に開発されている空飛ぶ車を見て少しがっかりしています。ドローン技術の応用以外にかつて人々が想像していた空飛ぶ車のようなものは現在の技術で開発できる可能性はあるのか調べていきます。

プロペラのない空飛ぶ車は実現できるの?

プロペラを使用しなくても風を起こすテクノロジーがあります。その名はイオンクラフトと言うものでビーフェルドブラウン効果を利用し風を起こすと言うものです。技術的には難しい機械を使用したものではないので20世紀前半の技術でも十分可能でした。しかし、長年研究の対象として扱われてこなかったため技術的に進歩することはありませんでした。そんなイオンクラフトですが新たな動きがあり、この技術を応用した飛行機の飛行に成功したと言う研究結果が発表されました。イオンクラフトの技術を利用した飛行機はドローンとは真逆で稼働する箇所がなく、非常に静かに飛行することが可能です。また使用する部品のコストが低いためこの技術を利用すれば様々なものが安価になるのではと期待されています。

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』