登坂車線の4つのルール!特性を利用して運転の安全性を高めよう!

登坂車線とはどんなものかご存知でしょうか。登坂車線には4つのルールがあるためしっかりと把握しておく必要があります。また、特性を利用することで運転面で安全性を高めることができます。今回は、登坂車線ルールと登坂車線以外の車線についても詳しくご説明していきます。

登坂車線とは

登坂車線とはどんな場所なのかご存知でしょうか。普段使う一般道路では聞きなれない言葉だと思います。まずは読み方からご説明していき、登坂車線とはどんな場所なのかについて詳しくご紹介していきます。

読み方「とうはんしゃせん」

登坂車線の読み方は「とうはんしゃせん」といいます。少し難しい読み方ですが、意味と関連させると覚えやすいかもしれませんね。

前半の登坂は「とうはん」と読み「さかをのぼること」を意味します。「とうはんしゃせん」という言葉は、「坂を上るときの車線」となっているといえます。

山間部や起伏の激しい高速道路に設置

登坂車線は、山間部や起伏の激しい高速道路で見られます。つまり、運転するのが簡単とはいえない場所です。登坂車線が作られている理由としては、多くの人がスムーズに運転できるようにするためだからだそうです。

運転初心者や性能の低い車の運転者は、運転の難しい場所で、スピードを落としてしまうこともあります。

これは、多くの人がつくりだしている、スムーズな運転の流れを妨げてしまう可能性があります。そのようなとき、彼らを別の車線で走らせ、流れを妨げないようにさせる必要があります。その、別の車線というのが、登坂車線なのです。

つまり、登坂車線を作ってスピードの遅い車を走行させることで、スムーズなスピードの流れをさまたげないようにしている、ということですね。

登坂車線の4つのルール

次に、登坂車線を実際に運転するときに気をつけることを見ていきましょう。登坂車線を運転するときには4つのルールがあります。

これをあいまいにしていると自分だけでなく周りの人も危険な目にあわせることになるかもしれません。まずルールを理解することで安全性が高まり、強いては安運転にもつながります。

登坂車線のルール1:速度制限がある

登坂車線は「一般道」として扱われているため、速度制限があります。このときの、一般道とは、私たちが普段使っている道路の大半を占めている道路のことです。

つまり、登坂車線は、ごく普通の道路として扱われているということです。一般道を走るときと同じ制限速度を心がけるとよいということですね。

そのため、制限速度は一般道と同じ60km/h(時速60km)となります。また、もし定められた制限速度がある場合は、その制限速度となります。つまり、道路標識などで速度制限がされている場合は、その標識に従うということです。

高速道路では60km/hまで

登坂車線は、高速道路内に設置されていることもあります。このときの制限速度はどうなるのでしょうか。

この時も「登坂車線は一般道」という扱いはかわりません。そのため、制限速度はやはり60km/h(時速60km)となっています。

高速道路内にもかかわらず、60km/h(時速60km)しか出せないという、一見違和感を覚えそうなルールとなっています。

やはり高速道路に来ると反射的にスピードを出してしまうドライバーの方は多いと思います。見落としのないように注意しましょう。

登坂車線のルール2:どんな車種でも利用できる

登坂車線は、どんな車に乗っていても利用できます。車の種類に制限はありません。大型車やトラックはもちろん、普通乗用車や軽自動車など、すべての車に乗っているときに利用することができます。

利用する際には登坂車線規制に従う

もちろん、走行に規制や決まりがないというわけではありません。登坂車線規制には従う必要があります。

ルールを守って運転すれば、登坂車線を利用することは、自分の運転をより一層スムーズにすること、より安心を高めることに役立てられるでしょう。しっかりこの記事を読んで守るべき規制を理解し、安全運転を心がけましょう。

登坂車線のルール3:駐車は不可能

登坂車線では駐車をしてはいけません。

登坂車線もれっきとした道路です。別の車線を走る車は妨げないので駐車してもよいのではないか、そういった自己中心的な考え方をしてはいけません。あくまでも交通渋滞等の緩和のために設けられている道路なので、誤った利用をしないようにしましょう。

まわりの人の気持ちに立って運転することが、何よりいいカーライフにつながります。登坂車線の役割をきちんと認識し、適切な利用につとめましょう。

もし、駐車する場合には停止表示器材が必須

もし、車の故障や体調不良などが理由でどうしても駐車しなくてはならない場合は、後続車に自車の存在を知らせる手順が必要になります。

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら