フィットの維持費はどのくらいかかる?内訳ごとに徹底解説

ホンダのフィットは、老若男女問わず人気な車種です。

近年、人気が高く需要が高まっているコンパクトカーの中でも高い人気を誇っています。

これからフィットを購入しようとしている方も多いと思います。

本記事では、そんな方々に向けてフィットの維持費について解説していきます。

年間どの程度維持費用がかかるのかをあらかじめ確認することで、より良いカーライフを過ごせるでしょう。

フィット購入を検討している方は特に必見ですので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

フィットの年間維持費用

気になるフィットの年間維持費用についてですが、正直所有する場所や保険内容などによって多少異なります。

おおよそ30〜50万円見ておくことが必要でしょう。

自分の住んでいる地域や車の購入を一括かローンで支払うのかで大きく左右するので、購入する前に一度自己分析をしておくと良いです。

フィットの維持費内訳

車を購入する際は、購入後にかから維持費について知っておくべきです。

つい車の本体代に気をとられがちですが、毎月かかる維持費用はかなり大きいです。

場合によっては、トータルで維持費の方がかかる可能性があります。

ホンダフィットの維持費は、主に以下となります。

  • ガソリン代
  • 自動車税
  • 重量税
  • 保険費用
  • 車検費用
  • 駐車場代

それでは、順番に解説していきます。

ガソリン代

ホンダフィットにかかる1つ目の維持費は、ガソリン代です。

ガソリンといっても、レギュラー、ハイオク、軽油の3種類ありますが、フィットの場合はレギュラーガソリンとなります。

最近では、ガソリン代も上がっていて、1リットル150円〜160円が相場になります。

おおよそですが、年間に5,000〜10,000km走行する場合、フィットのタイプにもよりますが、年間60,000〜120,000円が相場でしょう。

60,000円:月5,000円で、月1回ガソリン入れるペース

120,000円:月5,000円で、月2回ガソリン入れるペース

大体で良いので、購入したらどのくらいのペースで車を使用するのかを想定するのも大切です。

自動車税

ホンダフィットにかかる2つ目の維持費は、自動車税です。

自動車税は、車の所有者あるいは使用者に課せられる税金となります。

自動車税の納付金額は、車の総排気量によって0.5リットル刻みで変化します。

フィットの総排気量は、1,317〜1,496ccなので、自動車税は30,500円です。

毎年5月に納付書が届くので、毎年かかるものだと認識しておきましょう。

重量税

ホンダフィットにかかる3つ目の維持費は、重量税です。

車の重量によって金額が異なる仕組みとなります。

フィットは、エコカー減税対象車で車両重量が1070〜1260kgとなります。

そのため、車両重量税は1年あたり24,600円かかる計算です。

エコカー対象であれば、さらに安くなるので、自分が乗るタイプの車の重量を確認しておきましょう。

保険費用

ホンダフィットにかかる4つ目の維持費は、保険費用です。

保険費用とは、必ず加入しなければならない自賠責保険と、民間の任意保険になります。

民間の任意保険は加入する義務はありませんが、自賠責保険には入ることが義務なので、基本的には保険費用は必ずかかります。

任意保険に関しては、手厚い補償をつけるか最低限の補償をつけるかで費用はだいぶ異なります。

また、年齢や等級などによっても価格差は出ますが、おおよそ年間5〜10万円見ておけば大丈夫でしょう。

車検費用

ホンダフィットにかかる5つ目の維持費は、車検費用です。

車検費用とは、「重量税」「自賠責保険料」「車検基本料」「検査手数料」を合わせたものです。

フィットの自賠責保険料は、一律で20,010円/36ヶ月かかります。

重量税は、上記で紹介した通りですが、4つ合わせた車検費用は大体5〜8万円を見ておけば大丈夫でしょう。

車検する場所にもよりますが、いずれにしても10万円以下で車検を取得できます。

また、新車でフィットを購入した際、3年目に車検があるので、忘れずに覚えておきましょう。

駐車場代

ホンダフィットにかかる6つ目の維持費は、駐車場代です。

車を所有すると、常時車を停める場所が必要となるため、駐車場代を考慮しなければなりません。

一軒家を所有していて駐車場があれば問題はないですが、マンションや近所の月極駐車場を借りる場合、毎月駐車場代がかかります。

駐車場代は、住んでいる地域によって異なります。

東京都中心部であれば3万円以上かかりますが、地方であれば1万円以下で借りれるところも多いです。

東京で所有する場合、年間30万円以上は駐車場代がかかると想定しておく必要があります。

フィットを新車で購入する際の注意点

フィットは人気がある車で、多くの人が評価しています。

そんなフィットを新車で購入する際、維持費以外にも以下のことに注意した方が良いです。

  • 必要のないオプションはつけない
  • 試乗をする

それでは、順番に解説していきます。

必要のないオプションはつけない

まず1つ目の注意点が、必要ないオプションはつけないことです。

車を所有するには毎月かかるランニングコストも大きいですが、初期費用も大きいです。

購入する際、フィットには約100種類のもディーラーオプションがあります。

何も考えないで全てつけると、初期費用がかなり高額になってしまいます。

車の予算と使用用途をあらかじめ考え、必要のないオプションは外しましょう。

試乗をする

2つ目の注意点が、試乗をしておくことです。

意外にも試乗をせずに購入する人が多いですが、車は購入すれば長く使用するものです。

そのため、試乗してあらかじめ乗り心地を確認しておく必要があります。

購入前は良いと感じていたけど、実際に試乗してみたらなんか違和感があると感じる方もいるでしょう。

そんな状態で購入しても、初期費用も購入後のランニングコストも支払うのがもったいないです。

まずは試乗して自分に合っている車かを見極めましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?