ついに引退ハンカチ王子こと「斎藤佑樹」愛車について徹底解説

2021年10月1日、日本ハムファイターズ斎藤佑樹投手が、今シーズン限りで引退することが球団から発表されました。「ハンカチ王子」の愛称で知られ、夏の甲子園で大活躍、佑ちゃんフィーバーという言葉が日本列島を駆け巡りました。そんな斎藤佑樹さんの愛車について、度々報道がされましたのでファン歴10年の筆者が愛車について徹底解説します。

斎藤佑樹とは

斎藤佑樹さんは、群馬県太田市出身の選手です。小学校から野球を始め中学校時代には関東大会ベスト8入りを果たすなど幼い頃から将来を有望視されていました。2004年には、野球の勉強もトップレベルの高校で、文武両道の目標を掲げ、早稲田実業学校高等部に進み、高校2年生の時には副キャプテンを務めるなど、同級生と比較し頭一つ抜けていた存在でした。

世間から大きく注目をされた、2006年の夏の甲子園でしたが、決勝で駒大苫小牧と戦うことになります。駒大苫小牧との決勝は熾烈を極めエース田中将大との投手戦になり、延長15回の末、決着がつかず引き分け再試合翌日の試合で自ら先発を志願し、13奪三振を記録する圧巻の活躍で、優勝に導き、夏の甲子園初優勝をもたらしました。

試合中にハンカチで汗を拭う姿は、マスコミにハンカチ王子と取り上げられ、日本中で大ブレイク一世を風靡しました。その後早稲田大学に進学し、早大野球部に入部東京六大学野球春季リーグ戦の開幕投手を任されたり、日米大会の先発選手に選ばれたりするなど大活躍、東京六大学野球史上6人目通算早速今日300奪三振も達成しました。

その後、プロ入りしましたが、けがに苦しみ、プロ11年で通算88試合に登板、15勝26敗の成績でした。

そんな斎藤佑樹さんの名言は、「カイエンのりてぇー」「もってますね」などを残していますが、はたして愛車はポルシェカイエンなのでしょうか。

斎藤佑樹の愛車

そんな、斎藤佑樹さんの愛車は皆さんご存じでしょうか。ファンの間で噂になっているのが、ポルシェマカンです。大手ベースボールマガジンの代表取締役からプレゼントされたとして話題になりました。この車両についてポルシェでは、以下のように紹介しています。
新しいエンジンは、真のスポーツカーとしての性能を追求しています。異なるエンジンでも、原理は同じです。2.0リッター直列4気筒ターボエンジンと2.9リッターV6ツインターボエンジンが、抜群の出力とトルクを効率的に生み出します。7速ポルシェドッペルクップルング(PDK)は、オートマチックモードで最適なギアを瞬時に選択。自身でシフトしたいときはマニュアルモードへの切り替えで、満足感のある精確なシフトフィールが得られます。アクティブパーキングサポートを備えたパークアシストオプションのアップデートされたパークアシストは、適切な駐車スペースを検索・認識し、ボタンを押すだけで駐車スペースへの入出庫時の駐車操作を引き継ぎます。 引用:Porsche Macan – ポルシェジャパン

ポルシェマカン

ポルシェ

ポルシェ マカンの走りは、まさにポルシェらしさがあります。このマカンは、2L 直列4気筒エンジンを搭載しており、1.8トンを超えるボディを軽快に走らせ、買い物などの日常生活にも最適なポルシェSUVです。

大きさなど詳細を紹介します。

・全長4.695mm

・全幅1.925mm

・全高1.625mm

・車両重量:1870㎏

エンジンは、2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ搭載しており、トランスミッションは7段ATです。

・最高出力245ps

・最大トルク370N・m

自動操縦で安全安心の車両乗り心地は最高、高級な車内空間を彩ることは、間違いありません。休日には、ポルシェマカンで、爽快なドライブを相方と楽しみませんか。

ポルシェマカンについて詳細を以下の記事で紹介していますので、併せてお読みください。

【ポルシェ・マカン】性能と燃費や維持費について

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』