全米を魅了した!旧日産の”ズィーカー”フェアレディZが築いた一つの時代とは?!

テスト走行では交通取締りの警官すら魅了し、発売されるや全米大ヒット!後に完全レストアモデルも大人気となったフェアレディZのたどった道とは。


最初は「Z」ではなかったフェアレディ

CCライセンス 表示1965 Datsun SPL311 Sports 1600 by Sicnag

現在でも日産の作るスポーツカーの代名詞と言える「フェアレディZ」。
その源流をたどると、1935年(昭和10年)に生産開始された、「ダットサン14型ロードスター」まで遡れます。

太平洋戦争を経て終戦後には乗用車の生産が占領軍に厳重に制限された時代が続き、日本の自動車産業は戦中・戦後を通じて米英など先進国より遅れを取ったものの、その差は飛行機とは違い、致命的なものとはなりませんでした。
かつてスポーツカーを作っていた日産は、1952年に日本が連合軍の占領下を脱するや「ダットサン・スポーツカーDC3」を発表したのです。
それまでの停滞振りを現すように、トラックのシャシーに戦前のダットサン・ロードスターと代わり映えのしないボディを載せただけの代物でしたが、1959年にはメカニズムも面目も一新した「ダットサン・スポーツ1000」を発表します。

北米でテスト販売された後に1960年にはSPL212型「フェアレデー1200」に発展し、1962年には1500ccに拡大したSP310型「フェアレディ1500」が発表、ようやく日本でも販売開始されました。
1600ccのSP311「フェアレディ1600」を経て1967年には「フェアレディ」の決定版、SR311型「フェアレディ2000」が最終発展型として登場しています。

この「フェアレディ」が当時の日産最強のスポーツカーで日本グランプリなどレースでも何度も勝利を重ね、、1966年にプリンスと合併してからはS54B「スカイラインGT-B」と共に、日産のスポーツイメージを牽引していたのです。

北米市場で攻勢のため開発されたS30型初代「Z」

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承Z by NiePhotography

そこそこの成功を収めていた「フェアレディ」でしたが、国産エンジンの信頼性を高めながら次第に大排気量化、パワーアップを進めつつも、基本的には欧米のライトウェイト・オープンスポーツの模倣に過ぎませんでした。

当時の米国日産の社長だった「片山 豊」氏によって完全日本オリジナル、かつ北米市場のニーズを取り込んだ、北米日産のイメージリーダーとなるスポーツカーが求められた事により、S30型「フェアレディZ」が生まれます。

当時の英国産スポーツカー「ジャガー・Eタイプ」同様のロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーデザインを踏襲しつつも、軽量で空力に優れ、躍動感のあるボディ、獲物を狙う鳥類を思わせるアグレッシブな丸目2灯のヘッドライト、最大4人が乗車しても十分な荷物が積めるラゲッジ、十分な動力性能、高い信頼性、そして安価。

数々の問題点をクリアするため北米での公道テストに挑んだプロトタイプは、交通取締りの警官に引き止められ、「何だこの車は?いつ発売するんだ?発売されたら俺に売ってくれ!」と興奮させたエピソードまで語られるほどでした。

いよいよ1969年に発売されるや全米で爆発的なヒットを成し遂げ、「ダットサンのZ(ズィー)カー」は思惑通りに北米日産のイメージリーダーとなり、2000年代に入ってからは「ヴィンテージ・Z」としてレストアされたS30が再び人気を博すなど、長年愛されルモデルとなります。

日本でもほぼ同時に発売されたS30はトップモデルとしてスカイラインGT-Rと同じS20型エンジンが搭載された「Z432」がトップグレードでしたが、実際に人気だったのは北米と同じ2400ccのL24型エンジンを搭載した「240Z」です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら