レクサス・GSが消滅するとの噂が!アメリカでも話題に…。

日本ではトヨタ・アリストの後継車として君臨していたレクサス・GSでしたが…

レクサス車はアメリカでも好評を博しており、ラグジュアリーでありながらスポーツドライビングの楽しさを味わえると評判です。 しかし中には、市場にどこまで適応できているのか定かでないモデルもいくつかありました。 ミドルセダン(FR)の「GS」がその一例です。 北米では、日本未導入のFF車「ES」が(駆動方式は別としても)同じような車格のクルマとして併売されていて好調なため、GSの存在意義は薄れつつあるのではないかとも思われていました。 そんな中、日本の自動車雑誌『マガジンX』が、GSは近々廃止されるというスクープ情報を掲載しており、それがアメリカのレクサスファンにもすぐに伝わったようです。

GSの存在意義が薄れてきた原因は、上級車LSの変化にもあった

ただし先にお断りしておかなくてはならないのは、これはまだ噂の域を出ていない情報だということです。 それでも、すでに2011年の時点で『オートモーティブ・ニュース』誌がレクサス内部でもGSの存続が議論されていたという記事を出しているので、そこまで不正確な話でもなさそうです。 さて、最近のマガジンXの記事ではGSの次期型開発が凍結された理由について、今年登場したばかりの新型「LS」の影響が大きいとしています。 今回のフルモデルチェンジで、最高級車であるLS自体のエンジンがV8からV6へとダウンサイズされたことで、もはやLSとGSの差がそこまで大きくはなくなり、2車種を造り続ける意味がなくなってきたというのです。 GSがなくなった場合のギャップは、LSの小排気量バージョンで埋めるとされています。

レクサスが売れている北米でも、GSが不調だった要因

一般論として、現行GSの販売は好調だったことが一度もなかったことは間違いありません。 前輪駆動車のESのほうが安価であり、ESは北米のユーザーがミドルクラスのセダンに求めるものを、ほぼきちんと満たしていたからというのが、1つの理由でしょう。 また、このクロスオーバー全盛期において、新型SUV「UX」の発売を優先したかったという事情もあるかもしれません。 しかし、マガジンXの記事では、レクサスがこれまでになかったアプローチでまったく新たな新型車を開発し、GSの代替モデルとする可能性も指摘されています。 とは言え、FF車を好まず、伝統的なFRの上級セダンが欲しいという顧客にとっては困った結果になると思われるので、この動きは残念なものとも捉えられます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら