【トヨタの現状】マツダやBMWからエンジン提供、トヨタはスポーツカーを作れなくなったのか。

トヨタの現行スポーツカーと言えば…?スープラ、86の二台ですね。日本が世界に誇る大企業トヨタが作るスポーツカーですから、胸を張って「トヨタのスポーツカーは凄いだろ」と言いたいところですが、実はこの二台はBMWやスバルと共同開発した車なのです。二社で協力して作った車の方が良い。というのも確かですが、やはり自社だけで作った自慢の車と言ってほしいものです。それも、スポーツカーというのはメーカーが全力で魂を注ぎ込んで作り上げる車。そんなメーカーの顔とも呼べるスポーツカーを、トヨタは自社だけで作れなくなってしまったのでしょうか。

話題のスープラ、エンジンはBMW製

これはもはや有名な話ですが、スープラはBMWとの共同開発によって誕生しました。多くのファンが待ち焦がれていたスープラがトヨタだけのものではないのは複雑な気持ちです。もちろん、ドイツの大手老舗メーカーBMWが協力してくれるならむしろラッキーと思うユーザーもいるでしょう。なぜなら、エンジンはBMWの直6エンジンだからです。

エンジンはBMWの直6エンジン

車の心臓とも言えるエンジンはBMW製。シルキーシックスと呼ばれるほど直列6気筒エンジンで有名なBMWと共同しなければスープラを作れなくなったと言っても過言ではないでしょう。トヨタは新しいエンジンを作りませんからね。スープラと言えば直6FRでしたから、トヨタがどのような直6エンジンを開発するのかと期待されていました。ですから、残念に思ったファンも多いでしょう。しかし、直6FRという形式を変えずに復活しただけでも良かったと言えますね。

設計・生産はBMW

トヨタは企画だけで、設計・生産はBMWが行なっています。ただ、ベースとなるものを作ってからはお互いに味付けをして、全く別の車「スープラ」「Z4」をそれぞれ作っています。しかし、骨格は明らかにZ4のもの。しかもウインカーは海外仕様のままで逆につけられています。ここまで読めばわかりますが、これは完全にスバルと共同開発した86と同じパターンです。あくまでも共同開発ですが、これではOEMと言われても仕方ありません。

マツダが開発中の直6エンジンはトヨタ車にも使われる


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら