前澤友作の愛車コレクション!一体どんな車を所有していたのか解説

2021年12月8日、念願の宇宙旅行へ旅立ったことが話題になった前澤友作さん。

前澤友作さんといえば、ZOZOTOWNの元社長で誰もが知るお金持ちとして有名です。

そんな前澤友作さんは、大の車好きでも有名です。

国民にお金を配ったり宇宙旅行にいけたりするほどのお金を持っている前澤友作さんですが、車も相当な高級車を所有していた経緯があります。

では、これまでどんな高級車に乗っていたのでしょうか。

この記事では、前澤友作さんのこれまで所有していた車の代表3車をご紹介します。

興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

ブガッティ「シロン」

1車目が、ブガッティの「シロン」です。

ブガッティとは、フランスに本社を置く世界的に有名なメーカーです。

1998年以降はフォルクスワーゲン・グループの傘下となり、新生ブガッティはハイパーカーメーカーとして現在に至ります。

このブガッティが生産している、現行モデルが「シロン」です。

洗練されたデザインが特徴的で、複雑な曲面で形成された有機的なフォルムで、ロー&ワイドなスタンスとなります。

そのため、見る人を圧倒させるオーラがあります。

さらに、8Lの排気量、狭角V8を2つV型に組み合わせたW16 DOHCに4基のターボという十分すぎるスペックが注目を集めます。

高スペックにより、走行性能が高いだけでなくハイパーカーとして初の最高速度490.48km/hを記録するほどの速さを誇ります。

ロールスロイス「ファントム オリベ」

2車目が、ロールスロイスの「ファントム オリベ」です。

ファントム オリベは、ロールスロイスの伝統的なオーダーメイドプログラムである「ビスポーク」によって製造され、さらには、エルメスとのコラボレーションにより製作されました。

そのため、両ブランド独自の素材や技術・ノウハウなどを詰め込み、エクステリアとインテリアを細かくデザインしハンドメイドで仕上げられました。

コンセプトは「陸のジェット(ランド・ジェット)」で、プライベートジェットで移動するときの静寂性と排他性を地上で実現することを想定した作りとなっています。

内装は「エルメス・エネア・グリーン・レザー」の素材で仕上げられ、ステアリングやギアセレクター、クライメート・コントロール設定用のロータリーコントローラーなど、直接触れる細部に採用されています

パガーニ「ゾンダ ZOZO」

3車目が、パガーニーの「ゾンダ ZOZO」です。

イタリアの自動車メーカーである「パガーニ」が作った「ゾンダ」のワンオフモデルとなります。

つまり、この車は世界で1台のみの前澤友作オリジナルカーというわけです。

パガーニは、スーパーカーとアートを合わせるのをモットーとして、スーパーカーやハイパーカーの開発をおこなっています。

その代表的なモデルだったのが「ゾンダ」で、1999年に発表され2011年まで量産されました。

しかし、現在は一部の限定モデルや顧客のオーダーによって、都度生産している現状です。

さまざまな仕様がありますが、大きな特徴は、最終型では6リッターV型12気筒自然吸気で、最高出力は800馬力ほどのハイパワーにふさわしいパフォーマンスを発揮する点です。

インテリアの詳細は不明でしたが、外観はパープルとクリア塗装のカーボンの素地を組み合わせた2トーンカラーで、内装も同様なコーディネートを施してあるとのことです。

見た目が曲線的で綺麗なボディラインなので、見た目からオーラがありまさに芸術品といえます。

前澤さんはこのゾンダを特別に3億円かけてオーダーして入手したそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

前澤友作さんの代表する車3つをご紹介しましたが、どれも数億円かけてカスタムしたすごい車ばかりです。

これだけお金を持っているので、車にたくさんお金をかけていることがわかりますね。

今後の前澤友作の愛車には目が離せません。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?