まるで映画!大阪・夢洲カジノの公道レースは実現される?

大阪の新開発のために埋め立てられた夢洲ですが、2008年にオリンピック誘致に失敗し、今では空き地ばかりの「負の遺産」と呼ばれています。ところが、2014年にカジノを含めた統合リゾート施設(IR)の候補地になってからは夢洲にも光が差し、2025年大阪万博の開催地に決定してからはまさに「夢の洲」。そこで大阪府知事は公道レースを誘致したいと発言しているのです。まだ開発前なので、レースに合わせた街にすることもできるとのこと。これは大阪でワイルドスピードが見れるかもしれませんね。

まさに夢の洲!夢洲公道レースはこうなる!

海外では公道レースがよく開催されます。マン島TTという島を丸ごとコースにしたレースもあったりします。しかし、日本ではそういったレースに対して道交法などの制限や市民の反対の声も大きく、なかなか実現しません。自動車産業が盛んな日本はレース車両の開発も一線を画していますが、GTやF1は国民的スポーツとまでは言えません。サーキット場へ行くのは敷居が高いですが、こういった観光地でレースが開催されればスポーツカー産業および自動車産業がさらに活発になるでしょう。

夢洲は2025年に大阪万博が行われるところ

https://www.nikkeyshimbun.jp/2017/171128-column.html

大阪万博と言えば、1970年の大阪万博を思い出す人も多いのではないでしょうか。当時は来場者数6,421万人が訪れました。あれから55年ぶりとなる2025年大阪での万博は3つのワールドに分かれ、各国が出展する「パビリオンワールド」、メガソーラーやグランピング施設など自然をテーマにした「グリーンワールド」、豪華なホテルと噴水・照明で彩るまるでラスベガスのような「ウォーターワールド」を建設する予定です。もはやこれはテーマパークですね。来場者は2800万人を想定しているそうですが、これほどの大規模な万博になることと、将来的にカジノができることを考えればさらに注目を集めてもいいと思います。

カジノもある統合リゾート施設になれば…

この万博用の整備が行われた夢洲を今度は統合リゾート施設にしようと言うのです。負の遺産と呼ばれていた夢洲をまさかの3段活用。万博がテーマパークのような設計になっているのもこれを見据えてのことでしょうね。ただ、現在の日本ではカジノは禁止されています。これが「カジノ法案」として日本でのカジノ解禁を進めているのですが、ギャンブル依存症や治安の悪化、大きな声では言えないような力や権利の問題でなかなか進みません。大阪は早い段階から「万博+IR+カジノ」をセットで計画し推し進めたいため、カジノ法案の成立が遅れたり不成立となった場合は諦めて万博だけの計画で進めるでしょう。

肝心なのは公道レースとIR施設の関連性です。カジノで集客した外国人観光客に公道レースを盛り上げてもらうこと。公道レース目当ての外国人観光客にホテルとカジノを利用してもらうこと。この2つが成り立たないといけないのです。カジノ法案が通らなければ公道レースは実現しないと考えてよいでしょう。

人が住んでいなくて都市部からも遠い好条件

公道レースを行う立地としてはかなりの好条件です。公道レースを開催するには警察署の許可が必要になるのですが、これまではほとんど却下されてきました。しかし、夢洲は生活圏とはかけ離れたリゾート地。居住者はいないので騒音や人混みによる反発はないでしょう。ラスベガスで「うるさい」と文句を言う人がいますか?そんなことを言うのは人は場違いでしかありませんね。また、公道の設計もこれから行うので耐久性やスペースの確保など、安全面でも融通が効きます。環境と道路の問題はないでしょう。

すでに開催されているモナコ、シンガポール


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら