車が盗まれた?そうなる前にできる盗難対策と犯行の手口

近年、自動車の盗難の被害は減少していて、皆さんの防犯対策のおかげとも言えます。車は大きな資産でありその価値は高く、常に外に置かれているものなので狙われやすいです。また、犯行の手口は様々で、昔は車に搭載されたナビが高価なため盗まれやすかったりもしました。現在では特に日本車が盗まれる事件が多発しています。なぜ日本の車が狙われやすいのか、そもそもなぜ車は盗まれやすいのか探っていきたいと考えています。

自動車の盗難が後を絶たない

なぜ自動車を盗難する?

車は宝石箱のようなものです。車の中には売れば高価な部品があり、一昔前まではカーナビが狙われやすい部品であったりしました。車のセキュリティはまだまだ甘い部類にあり、窃盗犯からすれば格好の餌食です。近年ではリレーアタックという車のキーが発する電波を増強させて車を動かす手口が登場し世間を叫喚させました。

車の価値は車種によって変わりますが、中には希少価値が高く海外で高価な価格がつく車も多く存在します。希少価値の高い車でも年代によっては盗まれやすいものと盗まれにくい車があり様々です。なぜ日本車は盗まれやすく目をつけられるのか調べていきます。

日本車は狙われやすい?

日本車の中でも特にトヨタの車が盗まれやすいです。トヨタの車は世界的に有名な競合メーカーと比べても信頼性や車自体の耐久性が高く、新車のみならず中古車も人気があり、高額な価格で売買されるのが要因だとされています。特に近年はスープラやGTRなど90年代スポーツカーが狙われるようになりました。

また海外のタクシーでは日産のNV 200という車が採用されており、その高い燃費性能と故障の少なさからタクシー業界の中では日本車が人気です。アメ車と比べると乗り心地に違いがあり客を乗せるタクシー運転手からすると安心して運転できるとされています。また、プリウスの人気は日本のみならず世界的に人気で、ハリウッドスターが所持していることが広まり爆発的に販売台数を上げてきました。

盗難車の多くは、警察から逃れるために正規ルートではない方法で海外に運ばれます。国内で盗難した売る場合は、出所が判明されるリスクが高いため、車を部品ごとに解体して輸出し日本以外の国で元に戻すなどの作業が行われています。

減り続ける車の盗難

2001年における自動車の盗難件数は、約6万件発生しており社会問題となっていましたが、様々な取り組みによって現象してきました。そして2018年における自動車の盗難件数が約8千件と1万件を下回りピーク時を考えるとかなり減ってきたのではないかと思います。

減り続けているのと同時に盗まれやすい地域も判明しています。1位が茨城県、2位が大阪府、3位が千葉県です。盗難が多発している原因はどの場所も港が近く解体した車のパーツをすぐに輸出できる環境であると思います。外出先で車が盗難されることもあり得ますが、盗難は外出先のみならず自宅のガレージでも起きます。大きな駐車場や自分の敷地など、どこでも盗まれてしまうからこそ防犯の対策が必要なのです。

日々進化する盗難の手口

昔は鍵をこじ開けられて車を盗まれたり、車を丸ごとレッカーで運んでしまう方法が主流でした。車を傷つけてしまう方法しかなく、傷つけないとすると大がかりな方法になってしまうことがありました。しかし近年流行りつつあるリレーアタックはワンランク上の手口です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら