【車選び】あなたにぴったりのボディタイプ~コンパクトハッチバック編~メリット・デメリット

車を買う際にどんな車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかし車のボディタイプは見た目の違いだけでなく、それらにはそれぞれ個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれのボディタイプの特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第5弾、『車の小さな巨人:コンパクトハッチバック』です。

狭い道でも運転がしやすく、見た目も優しく、維持費も安いほうがいいけど、軽自動車ほどじゃなくていい!という方におすすめなのがコンパクトハッチバックです。

今回はコンパクトハッチバックの特徴と、メリット・デメリット、そしておすすめコンパクトハッチバックまで全てをご紹介します。

コンパクトハッチバックとは

コンパクトハッチバックとは、トヨタ アクアに代表されるように、3もしくは5ドアのコンパクトなハッチバック型の車のことを指します。5ナンバーの車種が多いですが、近年はBMW 1シリーズなどのように3ナンバーでもコンパクトハッチバックとして人気の高い車種もあります。

この記事を読み始めてくれているあなたは、こんな疑問を抱いているかもしれません。『ホットハッチとは何が違うの?』『ハッチバックではないの?』などなど、この類のボディタイプもSUVなどと同様に少しややこしくて、明確な定義があるわけではありません。ホットハッチは、より走行性能に重視したコンパクトハッチバックのことを指すことが多く、ハッチバックだけだと跳ね上げ式のバックドアがある車全てを指していてコンパクトではない車も含まれています。それゆえに、こちらでは『コンパクトハッチバック』で1つとして定義してご紹介させていただきます。

みなさんも町でよく目にする車種としてはトヨタ アクア、ホンダ フィット、日産 ノート、輸入車ではVW ゴルフ、BMW 1シリーズ、メルセデス・ベンツ Aクラス、アウディ A3など、日本において非常に激戦区であるボディタイプのひとつでもあるのがこのコンパクトハッチバック。

近年はVW ゴルフGTI、BMW M140i(M135i)、Mercedes-AMG A45(A35)、アウディ S3など輸入車を中心に高性能モデルも多数販売されています。

先ほども述べたように、コンパクトハッチバックは車体が小さく、取り回しのしやすい車とされます。そんなコンパクトハッチバックを選ぶメリットとデメリットをご紹介していきます。

コンパクトハッチバックのメリット

①小さい車体のデザインと運転のしやすさ

コンパクトハッチバックは、何度も述べているように車体が小さいです。基本的には全長4,700mm前後、全幅も1,700mm前後が主流で、3ナンバーの車が多いです。小さいものは可愛く見えますよね。コンパクトハッチバックは、小さい車体ならではのデザイン性、それによる可愛さも感じられる車です。さらに車体の小ささは運転のしやすさにも繋がります。小回りの効きやすさを表すと言われている『最小回転半径5.0m以下』のものが多く、車体サイズから細い道でも運転がしやすいと言えるでしょう。

②値段が安い

コンパクトハッチバックは、各自動車メーカーのラインナップの中でも軽自動車を除くをボトムエンド(もっとも安価な車種)として販売されているケースが多く、値段が安いのが特徴です。新車価格にしても100万円台の車も少なくないです。必要にして十分の機能を備えながら、安い値段であることが日本において絶大な人気と大きな販売台数を確保している要因の一つと言えます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら