オフロード用のタイヤ『マッドテレーン』とは?おすすめタイヤメーカー3選

マッドテレーンタイヤとは

マッドテレーンタイヤはオフロードに特化したタイヤのことを言います。

元々マッドテレーンタイヤは、軍用車のタイヤとして開発されていました。

 

通称M/T、マッテレなどと呼ばれています。

そんなマッドテレーンタイヤは、普通のタイヤとどう違うのかを説明していきます。

普通のノーマルタイヤとの違い

マッドテレーンタイヤは普通のタイヤと比べ、溝が深いのと同時にブロックがあるために、ゴツゴツした見た目になっています。

そのブロックのおかげでグリップ力を発揮し、普通の車だと走れないような未舗装の道路等も走れたり、ありえないほどの大きな岩を登れたりします。

 

マッド=泥

テレーン=地形

と、その名の通り湿地やロックと言われる岩場や砂地などに特化したタイヤです。

見た目もゴツゴツしているため、普通のタイヤとの見極めは比較的簡単です。

また、オフロードタイヤにも種類があります。オフロードタイヤの見極め方は少々難しいとは思いますが、次にその種類について説明していきます。

オフロード用タイヤにも種類がある!

オフロード用タイヤには種類があります。

・マッドテレーンタイヤ(M/T)

・オールテレーンタイヤ(A/T)

・ハイウェイテレーンタイヤ(H/T)

おおまかに分けるとこの4つになります。

 

オールテレーンタイヤとは、舗装されたオンロードの走行にもオフロードの走行にも向いているタイヤになります。

通称、全地形タイヤとも呼ばれています。

マッドテレーンタイヤの場合、舗装されたオンロードの走行では騒音が気になってしまいます。

ですが、マッドテレーンタイヤに比べてオールテレーンタイヤは比較的騒音は控えめになっているので、普段から頻繁に走らせる車に付けるなら、オールテレーンタイヤがおすすめです。

 

マッドテレーンタイヤと比べて、オフロードの走行性能は少々低めにはなっています。

なので、オフロードをしっかり走りたい・キャンプなどアウトドアでオフロードを走行する機会が多いという人にはマッドテレーンタイヤがおすすめです。

 

一方ハイウェイテレーンタイヤはなにかというと、名前の通り高速走行をよくする人に向いているタイヤです。

オンロードに特化したタイヤなので、燃費性能もマッドテレーンタイヤやオールテレーンタイヤよりも比較的高めになっています。

オフロードをガツガツ走りたいならマッドテレーンタイヤにしよう

ガツガツオフロードを走りたい!という人にはマッドテレーンタイヤがおすすめです。

やはり、ハイウェイテレーンタイヤやオールテレーンタイヤよりもオフロードでの走行性能は高め。

そんなマッドテレーンタイヤですが、メリットもデメリットもあります。

しっかりとメリットもデメリットも知ったうえでどのタイヤにするか決めましょう。

マッドテレーンタイヤのメリットとデメリット

紹介してきた内容から、大体のメリット・デメリットは見えてきているとは思いますが、ここでもう一度メリット・デメリットについてまとめました。

大切な車に履かせるタイヤなので、慎重に決めるためにもマッドテレーンタイヤの良し悪しをしっかり理解しておくことで、今後のタイヤ選びにも役立ちます。

マッドテレーンタイヤのメリット

まずはメリットについて。

見た目がかっこいいのはもちろん、舗装路も未舗装路も比較的安定的に走行できることです。

物によっては、ブランド名等が白く印字されているホワイトレターが入ったものもあり、デザイン性に優れています。

 

マッドテレーンタイヤのブロックのおかげで、ロック(岩場)ではそのブロックが岩をしっかりとつかむことでトラクションがかかり、上りやすくなります。

マッドテレーンタイヤの種類によってブロックのパターンも違うため、選ぶ際は迷ってしまうかもしれません。

マッドテレーンタイヤのデメリット

デメリットに関しては、舗装路での走行。

普通のタイヤでは比較的ロードノイズは少ないですが、マッドテレーンタイヤの場合ロードノイズがやや大きめになっています。

また、オンロードでの走行はグリップ力が低下するため、雨の日の走行や高速道路の走行、カーブでの走行速度に気を付けなければいけません。

乗り心地も普通のタイヤと比べ、少々悪くなっていることが実感できます。

また、ブロックが多いため路面との接地面が少なくなり、燃費が悪くなるといった声も。

 

マッドテレーンタイヤのメリットをとるか、デメリットを取るかは、車の乗り方によるので、自分に合ったタイヤ選びを心がけましょう。

おすすめのマッドテレーンタイヤメーカー3選

マッドテレーンタイヤについて説明してきたところで、おすすめのタイヤメーカーについて紹介していきます。

王道中の王道ではありますが、人気の高いメーカーです。

ここではそのメーカーの特性を、わかりやすく箇条書きで紹介します。

YOKOHAMA

参照元:https://www.y-yokohama.com/product/tire/geolandar_xmt/

YOKOHAMAのマッドテレーンタイヤ、GEOLANDARのX-MTです。

・サイドウォールをブロックを大型にしたことにより、悪路でのオフロード性能の向上

・自然の岩を意識したデザイン

・溝面積を多くとることによって、高性能を発揮

MAXXIS

参照元:https://www.maxxis.co.jp/size/details/category/5/id/243/

MAXXISのMT-764Bighorn。

・デザイン性に優れたホワイトレター

・ブロックが太くて深いため。泥の目詰まりを起こしにくい

・新開発の3Dのブロックにより、ウェット路面でもグリップ力を発揮

BF Goodrich

参照元:https://www.bfgoodrichtires.co.jp/auto/tyres/mud-terrain-t-a-km3

最後にBFGoodrichのT/A KM3です。

・アメリカで人気なBaja1000のレースで培った技術をサイドウォールに採用

・ロックや滑りやすい路面で強力なグリップ力を発揮するブロックパターン

・ありがちなブロックの欠けや裂けを抑制するデザインと厚みが増したブロックによって、外傷によるダメージを軽減


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら