信号に捕まらない!?信号機のシステムと意外と知らない法則6つ

街中をクルマで走ると、赤信号で停まることは度々あります。信号に捕まると、数分間は停止した状態で待たなければ行けないため、ドライバーは非常に退屈です。そのため、多くの方はできるだけ信号に捕まりたくないと考えるでしょう。さらに、赤信号で停まったばっかりなのに、すぐにまた赤信号に捕まった経験がある方も多いでしょう。しかし、一方で信号に捕まらないときはずっと青信号で、快適に走行できます。
今回は、信号機の赤信号や青信号を決定する仕組みと信号の知られてない法則6つ、クルマで信号に捕まりにくい方法を紹介します。

信号機のシステム

信号が青になりクルマを発進させると、目の前の信号が次々と青になっていき、快適に走行できることもあればこともあれば、次の信号で赤、また次の信号でも赤と、赤信号によく捕まることもあります。

このように信号機は非常に身近な存在でありながら、システムについてほとんどの方はご存じないでしょう。まず、信号機を管理しているのは、都道府県公安委員会で交通管理に関する技術の研究開発や、実際に道路交通を管理する公益法人である、日本交通管理技術協会です。しかし、実際に制御しているのはその信号機のある都道府県の警察です。例えば東京都内にある信号機は警視庁が制御を担当しており、神奈川県内にある信号機であれば神奈川県警が担当しています。

通常、信号は1~2分の間隔で青信号から黄色信号、そして赤信号になります。郊外では、交差点内の信号が単独で一定の間隔に沿って点灯しています。一方で、都内では複雑な交通状況を整理するために、各エリアの交差点ごとに連携をとり、点灯状況が変化します。特に、交通管制センターでは監視カメラや車両感知器、パトロール中のパトカー、ヘリコプターなどで収集した情報から都心部の信号機をオンラインで結び細かい信号制御を行っています。監視カメラや車両感知器、パトロール中のパトカー、ヘリコプターなどで収集した情報をコンピュータで分析。渋滞が発生している時は、信号機の赤・黄・青の秒数を変えるなどして、渋滞を緩和しています。

信号機はコンピューターによって決まる

通常、信号は交通量に応じてコンピューターにより制御され、一般的に交通量が多い日中は赤信号から青信号への表示システムの間隔を長くし、交通量が少ない夜間はドライバーの信号待ちによるストレスを解消するため、待たされるイライラをなくすため赤信号から青信号への表示システムの間隔を短くしています。さらに、渋滞時には交通管理センターで集めた膨大な情報をもとに、収集した情報をコンピュータで分析し、信号機の表示システムの間隔を調整することで渋滞を緩和しています。また、オリンピックや夏祭りといった大きなイベント、海外からの来客の移動などで一時的に交通量が急増するような場合には、警察の担当者が直接操作することもあります。

信号の知られてない法則6つ

法則①:系統制御

信号機の知られていない法則として、系統制御が挙げられます。
先程、同じエリアで信号の表示システムの間隔を連携させる「系統制御」について紹介しました。系統制御とは、交差点を通過したクルマが一定の速度で走行すれば、その先の交差点も青信号で通過できるようにするというシステムです。たとえば、交差点を同時発車した2台のうち1台がスピードを上げて走行すると、その先の交差点はまだ赤信号のため停車および減速せざる負えない状況となります。結果として、クルマの速度を上げても、目的地に着く時間は法定速度で走行したクルマと同じになるように制御されています。そのため、一般道で速度を出すクルマに抜かされたとしても、結局いくつか先の交差点でまた見かけるということも、日常的な光景です。しかし、実際には複数の信号機で連携をとっているため、多少のズレが生じてしまいスピードを出したクルマが、信号を抜け一つ先の集団に追いつくことや、制限速度で一定して走っていても途中で停められてしまうこともあります。

法則②:高速反応制御

信号機の知られていない法則として、高速反応制御が挙げられます。
高速反応制御とは、スピードを出しすぎている車両を感知し次の交差点を赤信号にすることで、そのクルマのスピードを強制的に落とし法定速度を遵守させる制御方法です。スピードを出すことで、起こりうる事故の可能性は図りしれず、事故発生要因でも大きな割合を占めています。そのため、事故を起こす可能性が高い車両を事前に排除することを目的としています。この制御は、特に道が混雑しておらず、ドライバーの信号待ちによるストレス解消のために信号機の点灯間隔が短くなる夜間を除いた、帰宅ラッシュ前の夕方や朝方にシステムが作動しています。本当であれば、まだ青の状況を早めに赤にするため交差する道路のドライバーがいつもより早く青信号になったと感じることもあります。

法則③:右折感応制御

信号機の知られていない法則として、右折感応制御が挙げられます。
交差点で右折待ちのクルマが多くなると、交差点の手前で渋滞が発生し、直進するクルマが必要以上に待たされることがあります。これを解決するため、右折感応制御システムが存在し、右折専用レーンの車両を車両感知器で検出することで、クルマの台数に応じて右折信号の時間を調整しています。

法則④:ジレンマ反応制御

信号機の知られていない法則として、ジレンマ反応制御が挙げられます。
運転していると、信号機を通過する直前に信号が変わり停止するか進むか判断に迷うときがあります。赤信号に対して停止線を通過することも、安全に停止することもできない危険領域は「ジレンマゾーン」と呼ばれています。このジレンマゾーンでの判断の迷いを回避することを目的に、黄信号の表示タイミングを調整するのがジレンマ反応制御です。
通過するときの信号機のタイミングがドライバーにとって明確であれば、停止するか進むべきか迷わないようになり、追突事故や出会い頭の事故の減少につながります。

法則⑤:緊急車両優先システム

信号機の知られていない法則として、緊急車両優先システムが挙げられます。
緊急車両優先システムとは、パトカーなどの緊急車両が信号機を通行する際に、それらの緊急車両が進む先で青信号を長く表示させる法則です。目的としては、緊急車両の現場への急行を支援が挙げられます。

法則⑥:バス感応制御システム

信号機の知られていない法則として、バス感応制御システムが挙げられます。
バス感応制御システムは、バスの定時運行を確保するために行っており、交差点の手前でバスを専用の車両感知器や光ビーコンを発することで、青信号の時間を調整します。これにより、バスの信号待ち時間を少なくすることが可能です。

信号機で捕まらないためには?

信号機のシステムと法則について詳しく紹介しました。信号機のシステムを踏まえると、制御を行っているのは警察であり交通事故抑制のため、スピードを出すクルマに対しては、信号が早めにかわり赤信号で強制的に停止させます。
そのため、信号機で捕まらないようにする方法として、一定の速度で走行する事が挙げられます。しかし、一定の速度で走行しても信号には当然捕まるため、道路の先の状況を常に確認し、交通状況に敏感になることが、目的地までの時間を短縮する一番の方法だといえます。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション