ご当地やオリンピック・パラリンピック特別仕様の図柄入りナンバープレートとは

最近、街でよく見かけるようになった図柄入りナンバープレート。オリンピック・パラリンピックなどをモチーフにしたものや各地域を表すようなデザインのナンバープレートなど様々なものがあり見ていて楽しいですよね。そんな特別仕様ナンバープレートやご当地ナンバープレートについてみていきましょう。

ご当地ナンバープレートとは

ご当地ナンバープレートの歴史

アメリカ

ナンバープレートの発祥はアメリカだと言われています。19世紀末頃アメリカでは馬車の使用者が多く、誰の馬車なのかわからなくなってしまう為に所有者を明確化しようとした結果ナンバープレートを馬車に付けるようになりました。その影響で自動車にもナンバープレートを付けらるようになったのが始まりです。アメリカのナンバープレートはライセンスプレートと言われており、色やデザインは各州によって違ったり同じ州でも区域によって異なることや自動車の発行年代によって違ったりしています。また、ナンバープレートにはその土地独自の文化や建物、動物や自然などその土地を表すようなデザインが施されておりカラフルでとてもおしゃれなものばかりです。

日本

日本では、交通ルールがまだしっかりと決められていなかった1907年頃からナンバープレートを付けるようになりました。この頃、道路での交通事故などが多く自動車の所有者を明確化させるためにナンバープレートを付けることが義務付けられました。アメリカのように、その土地独特のナンバープレートが付けられるようになったのは2018年10月からで意外と最近のことなのです。日本ではまだ数は少ないですが、海外ですと現在ではほとんどの国でナンバープレートを付けることが義務付けられているので、海外旅行に行った際などにその国特有のナンバープレートを見てみるのも楽しそうですね。

ご当地ナンバープレートの意味

ご当地ナンバープレートは地域活性化を目的とした走る広告塔として、日本では2018年10月01日から交付が開始されました。その土地の観光地や名産などを図柄とし、その図柄のナンバープレートを付けた車が様々な場所を走ることで、その地域の魅力を全国に発信することができるのではないかと考えられて導入されました。その為、図柄にはその土地を表すようなものが施されています。例えば、山形のご当地ナンバープレートには名産のさくらんぼの図柄が施されていたり、長岡のご当地ナンバープレートには有名な長岡花火大会の図柄が施されていたり、静岡や山梨のご当地ナンバープレートには富士山が施されるなど、その土地の魅力を表すものがナンバープレートに施されています。

ご当地ナンバープレートの種類

第1弾41地域

第1弾としてご当地ナンバープレートが初めて導入されたのは東北6地域・関東9地域・北信5地域・中部4地域・近畿3地域・中国4地域・四国4地域・九州6地域の計41地域です。

https://www.graphic-number.jp/html/GKZA0801.html#01

第2弾17地域

そして第2弾として2020年5月11日よりご当地ナンバープレートとして新たに導入されたのが北海道2地域・東北2地域・関東7地域・北陸信越1地域・中部2地域・近畿1地域・中国1地域・四国1地域の計17地域です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら