三菱GTOの7つの特徴!三菱の本格スポーツカーが体感できる!

三菱のGTOとはどんな車なのかご存知でしょうか。三菱GTOの特徴7つとGTOが短期間で生産終了となった理由などもご紹介していきます。また現在のGTOの価格も3つの中古車販売サイトからの情報を元にご紹介していますので、ご参考ください。

三菱を人気モデルGTOとは

三菱の人気モデルGTOとはかつて販売されていたスポーツカーです。

三菱のGTOはバブル期末期に本格派スポーツカーとして生まれた280psマシンです。1989年の東京モーターショーではじめて登場し、その翌年に市販されるようになりましたが、現在は生産を終了しています。

この記事では三菱の人気モデルGTOについてご紹介していきます。

1990年10月発売

三菱の人気モデルGTOは1990年の10月に発売されました。

GTOは1989年の第28回東京モーターショーで「三菱・HSX」という名で参考出品され、1990年10月に「三菱のフラッグシップクーペ」として発売されました。

エンジンには当時としては規制制限いっぱいの最高出力280psという3LV6ツインターボを搭載しており、ボディも堂々としたサイズ感となっていました。

三菱GTOの7つの特徴

三菱GTOの7つの特徴をご紹介します。

三菱GTOとはどのような特徴を持ったスポーツカーだったのでしょうか。ここでは三菱GTOの7つの特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

特徴1:4輪ベンチレーテッドディスク

三菱GTOには4輪ベンチレーテッドディスクを採用しているという特徴があります。

三菱GTOはブレーキにフロントに対向4ポットを組み込んだ「4輪ベンチレーテッドディスク」を採用しています。

そのため、三菱GTOのスペックは一見して、非常に本格派のスポーツカーのスペックとなっていました。

アルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパー

三菱GTOは日本車ではじめてアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーを採用しています。

三菱GTOは車両重量が1700kgと非常に重たいボディとなっていたため、ツインターボにアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーを採用しました。

そのため、重量級のスポーツカーとしてもふさわしい装備だったと言えるでしょう。

特徴2:3LV6ツインターボ

三菱GTOにはエンジンに3LV6ツインターボを採用しているという特徴があります。

三菱GTOのツインターボ仕様には、1990年当時では自主規制値ぎりぎりとなっていた最高出力280psを実現する3LV6ツインターボを採用していました。また、自然吸気仕様にも最高出力225psの同エンジンを採用しています。

特徴3:フルタイム4WD

三菱GTOには駆動システムはフルタイム4WDという特徴があります。

三菱GTOの駆動システムにはフルタイム4WDが採用されています。前述の3LV6ツインターボエンジンとフルタイム4WDにより、三菱GTOはツインターボのパワーをしっかりと路面に伝える高い運動性能を持った豪快な走りが特徴となっていました。

特徴4:国産車初の高張力鋼材

三菱GTOにはドライブシャフトに国産車初の高張力鋼材を採用しているという特徴があります。

三菱GTOにはアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーやドイツのゲトラグ社製マニュアルトランスミッションなどの日本車としてはじめての装備を多く搭載していますが、ドライブシャフトも国産車初の高張力鋼材製となっています。

特徴5:4WS

三菱GTOには4WSを採用しているという特徴があります。

三菱GTOは中~高速域では後輪と前輪を同方向に操舵するステアリング機構である4WS(四輪操舵)を設定しています。

三菱GTOは太いトルクと4WD、4WSを活かした、非常に高い安定性能と安心感を持った国産随一のスポーツカーとなっていました。

特徴6:アクティブエグゾーストシステム

三菱GTOにはアクティブエグゾーストシステムを採用しているという特徴があります。

三菱GTOのGTOツインターボは「アクティブエグゾーストシステム」によって、マフラーへの流入経路を切り替えることができるようになっています。アクティブエグゾーストシステムにより、室内のスイッチでエキゾーストの音質が変えられるようになっています。

特徴7:アクティブエアロシステム

三菱GTOにはアクティブエアロシステムを採用しているという特徴があります。

三菱GTOは高速走行時に可動する、可変リアスポイラーとフロントスカートによって構成された日本車では初の「アクティブエアロシステム」を採用していました。

三菱GTOが生産終了になった理由2つ

 

三菱GTOが生産終了になった理由をご紹介します。

ここまでご紹介してきたように、三菱GTOには国産車では初の多くの機能が搭載されており、性能も一見してスポーツカーとして本格派だと言えるものでした。

しかし三菱GTOは新しく2代目が生産されることなく、2001年3月には完全に生産終了となってしまいました。ここでは三菱GTOが生産終了になった理由2つをご紹介します。

生産終了になった理由1:販売不振

三菱GTOが生産終了になった理由の1つは販売不振です。

スポーツカーの人気が低迷したことにより、三菱GTOの販売台数はだんだんと減少していきました。

また、三菱GTOはシャシーを4ドアセダンのディアマンテから流用しており、スポーツカーであれば縦置きで搭載されるはずのエンジンも横置きになっているなどスポーツカーとは呼べない特徴を持っていたため、スポーツカーのファンに愛されませんでした。

乗用セダンベースが色濃く見えてしまった

三菱GTOはスポーツカーではなく乗用セダンをベースにした部分が色濃く見えてしまったため、熱狂的な人気に繋がりませんでした。

本物であることを追求したライバル車の「R32型日産スカイラインGT-R」や「ホンダNSX」などはファンに愛され、後継モデルが販売されました。

しかし三菱GTOはそこまでの熱狂的なファンを獲得することができなかったため、後継モデルも販売されませんでした。

生産終了になった理由2:新たな側面衝突基準に適合できなかった

三菱GTOが生産終了になった理由の1つは新たな側面衝突基準に適合できなかったためです。

三菱GTOは2000年9月から採用された新しい側面衝突基準に適合していませんでした。売れ筋モデルであれば新基準に適合する設計変更も行われますが、売り上げが低迷していたGTOはそのまま生産終了となってしまいました。

三菱GTO中古車情報サイト3選

三菱GTOが購入できる中古車情報サイトをご紹介します。

2001年3月に販売終了となってしまった三菱GTOですが、中古車であればまだ購入することができます。

ここでは最後に、三菱GTOを購入できる中古車情報サイト3選をご紹介します。

中古車情報サイト1:カーセンサーnet

カーセンサーnetはリクルートが運営する中古車情報サイトです。

全国の中古車をさまざまな検索条件で探すことができ、中古車ランキングや相場なども掲載しています。

また、万が一の際にも修理費がかからない「カーセンサーアフター保証」という制度を設けているため、安心して購入することができます。

中古車情報サイト2:価格.com

価格.comでも中古車検索を行うことが可能です。

商品比較サイトである価格.comでも、複数の大手有名中古車サイトを横断し、約50万件以上の中古車情報を閲覧することができます。

人気の中古車ランキングや相場情報も掲載しており、こだわり条件で中古車を比較できます。

中古車情報サイト3:carview

carviewは車やバイクの情報サイトです。

過去のモデルから最新モデルまでさまざまなモデルを閲覧できる、業界有数のトラフィックを誇る自動車やバイクの情報サイトです。

中古車情報も毎日更新しており、豊富な自動車関連のニュースや中古車情報を見ることができます。

三菱の本格スポーツカーを体感できる

三菱GTOは三菱のリアルスポーツです。

三菱GTOは三菱のフラッグシップクーペとして発売され、マイナーチェンジを繰り返しながら販売され続けていた三菱きっての本格スポーツカーです。しかしスポーツカーの人気低迷などの理由から、生産終了となりました。

ぜひこの記事でご紹介した三菱GTOの7つの特徴などを参考に、三菱GTOを体験してみてはいかがでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら