三菱GTOの7つの特徴!三菱の本格スポーツカーが体感できる!

三菱のGTOとはどんな車なのかご存知でしょうか。三菱GTOの特徴7つとGTOが短期間で生産終了となった理由などもご紹介していきます。また現在のGTOの価格も3つの中古車販売サイトからの情報を元にご紹介していますので、ご参考ください。

三菱を人気モデルGTOとは

三菱の人気モデルGTOとはかつて販売されていたスポーツカーです。

三菱のGTOはバブル期末期に本格派スポーツカーとして生まれた280psマシンです。1989年の東京モーターショーではじめて登場し、その翌年に市販されるようになりましたが、現在は生産を終了しています。

この記事では三菱の人気モデルGTOについてご紹介していきます。

1990年10月発売

三菱の人気モデルGTOは1990年の10月に発売されました。

GTOは1989年の第28回東京モーターショーで「三菱・HSX」という名で参考出品され、1990年10月に「三菱のフラッグシップクーペ」として発売されました。

エンジンには当時としては規制制限いっぱいの最高出力280psという3LV6ツインターボを搭載しており、ボディも堂々としたサイズ感となっていました。

三菱GTOの7つの特徴

三菱GTOの7つの特徴をご紹介します。

三菱GTOとはどのような特徴を持ったスポーツカーだったのでしょうか。ここでは三菱GTOの7つの特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

特徴1:4輪ベンチレーテッドディスク

三菱GTOには4輪ベンチレーテッドディスクを採用しているという特徴があります。

三菱GTOはブレーキにフロントに対向4ポットを組み込んだ「4輪ベンチレーテッドディスク」を採用しています。

そのため、三菱GTOのスペックは一見して、非常に本格派のスポーツカーのスペックとなっていました。

アルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパー

三菱GTOは日本車ではじめてアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーを採用しています。

三菱GTOは車両重量が1700kgと非常に重たいボディとなっていたため、ツインターボにアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーを採用しました。

そのため、重量級のスポーツカーとしてもふさわしい装備だったと言えるでしょう。

特徴2:3LV6ツインターボ

三菱GTOにはエンジンに3LV6ツインターボを採用しているという特徴があります。

三菱GTOのツインターボ仕様には、1990年当時では自主規制値ぎりぎりとなっていた最高出力280psを実現する3LV6ツインターボを採用していました。また、自然吸気仕様にも最高出力225psの同エンジンを採用しています。

特徴3:フルタイム4WD

三菱GTOには駆動システムはフルタイム4WDという特徴があります。

三菱GTOの駆動システムにはフルタイム4WDが採用されています。前述の3LV6ツインターボエンジンとフルタイム4WDにより、三菱GTOはツインターボのパワーをしっかりと路面に伝える高い運動性能を持った豪快な走りが特徴となっていました。

特徴4:国産車初の高張力鋼材

三菱GTOにはドライブシャフトに国産車初の高張力鋼材を採用しているという特徴があります。

三菱GTOにはアルミ製4ポット異径対向ピストンブレーキキャリパーやドイツのゲトラグ社製マニュアルトランスミッションなどの日本車としてはじめての装備を多く搭載していますが、ドライブシャフトも国産車初の高張力鋼材製となっています。

特徴5:4WS

三菱GTOには4WSを採用しているという特徴があります。

三菱GTOは中~高速域では後輪と前輪を同方向に操舵するステアリング機構である4WS(四輪操舵)を設定しています。

三菱GTOは太いトルクと4WD、4WSを活かした、非常に高い安定性能と安心感を持った国産随一のスポーツカーとなっていました。

特徴6:アクティブエグゾーストシステム

三菱GTOにはアクティブエグゾーストシステムを採用しているという特徴があります。

三菱GTOのGTOツインターボは「アクティブエグゾーストシステム」によって、マフラーへの流入経路を切り替えることができるようになっています。アクティブエグゾーストシステムにより、室内のスイッチでエキゾーストの音質が変えられるようになっています。

特徴7:アクティブエアロシステム

三菱GTOにはアクティブエアロシステムを採用しているという特徴があります。

三菱GTOは高速走行時に可動する、可変リアスポイラーとフロントスカートによって構成された日本車では初の「アクティブエアロシステム」を採用していました。

三菱GTOが生産終了になった理由2つ

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら