なぜミニバンの三列目は乗り心地が悪いの?三列目の乗り心地が良い車の紹介

一般的にミニバンと言われる家族向けの車が登場してからおよそ40年。今では当たり前ように街中をたくさんのミニバンが走っています。ミニバンの特徴として皆さんが思い浮かぶものはなんでしょうか。個人的に三列の席があるというには大きな特徴だと思っています。しかし、おそらく多くの人が三列ある車のどこの席に座りたいかと聞かれたら一列目か二列目と答えるはずです。その理由には三列目の乗り心地が大きく影響しているでしょう。三列目という席が車に登場してからおよそ40年が経っているのにその乗り心地は一向に他の席と同じようにとはなりません。それは一体なぜなのでしょうか。また、ミニバンを選ぶ時は三列目も人が乗ることを想定して選ぶのですから、その乗り心地はなるべく良いに越したことはないはずです。そこで、今回は三列目の乗り心地が他の席と同じようにいかない理由、そしてその中でも三列目の乗り心地が良い車を5つ紹介していきます。

三列目は構造的に乗り心地が悪くならざるを得ない

まずは三列目の乗り心地が悪くなってしまう理由についてお話していきます。実は乗り心地が悪くなってしまう理由として車の構造的に三列目の乗り心地は悪くならざるを得ないということがあります。多くの乗り心地が悪いということの原因は地面からの衝撃にあります。高速道路などで定期的にくるガタンという衝撃に不快な思いをするという方も多いはずです。ではその衝撃を一番受けやすいはどこかということを考えると必然的にタイヤの上となります。実際バスなどでもタイヤの上は避けがちです。そしてミニバンの構造上、このタイヤの上という場所は三列目に当たってしまいます。運転席や二列目と比べて乗り心地が悪くなってしまうのはこの構造上もうどうしようもないのです。

また、三列目の乗り心地が悪くなるもう一つの理由として三列目の使用目的が挙げられます。ミニバンを購入する大半の人にとって三列目はいざという時に必要だけれど普段は使わないという存在です。そのため大半の三列目は収納できるように作られています。そうなると、席のクッションはコンパクトに折りたためるように薄くしなければならないため地面からの衝撃はさらに和らげづらくなってしまいます。

この二つの大きな理由から三列目は他の席と同じようにとはいかないわけです。

三列目の乗り心地が良い車5選

とはいえ、やはり三列目の乗り心地が良いに越したことはありません。ここからは三列シートがある車の中でも乗り心地の良い車を5つ紹介していきます。

トヨタ アルファード/ヴェルファイア

https://toyota.jp/pages/contents/vellfire/002_p_009/image/feature/feature_space03_01.jpg

国内で最高峰のミニバンといえばこの二台でしょう。三列目の乗り心地も国産車の中でトップクラスです。その理由としてもちろん車自体の大きさが他のミニバンに比べ大きいため三列目の広さが確保できているということがありますし、もともと高級路線の車のため三列目にもお金をかけれているということもあります。ドリンクホルダーやヘッドレスト、席のスライド機能など、できることは二列目とそこまで大差はなくスライドドアも幅があるので三列目への乗り込みも非常に楽です。また、クッション性のある素材のため地面からの衝撃も比較的和らげてくれます。三列目の乗り心地だけを考えて車を選ぶなら確実にこの車ですね。

日産 セレナ

https://www2.nissan.co.jp/SP/SERENA/VLP/INTERIOR/INTERIOR/IMAGES/PC/indoorSpace_img_01.jpg

長年ミニバン界のトップに君臨してきたセレナ。長年選ばれているだけあって5ナンバー車で三列目の機能への力の入れようはトップクラスです。まずは何と言っても三列目専用に用意されたUSBソケットとドリンクホルダー。三列目だけにこれらの機能を用意している車は少ないです。また、先ほど紹介したアルファード/ウェルファイアの三列目はスライド機能がついていましたが、一般的にその他の車で三列目にスライド機能が付いている車はこのセレナくらいです。まさに三列目を補助席として見ていない証拠と言えるでしょう。

そして、機能以外に特筆したいのが三列目への行きやすさ。セレナは二列目のシートアレンジが他のミニバンに比べて多彩でありベンチシートの真ん中もスライドさせることができます。そのためもちろんスライドドアから三列目に乗り込むことができるのですが、車に乗ってしまった後でも真ん中から行き来できるのです。この特徴はセレナにしかありません。乗り心地という面に関しては金額の問題もありアルファード/ウェルファイヤまでとはいかないものの、乗っていて窮屈に感じることはない広さです。

ホンダ オデッセイ

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/cabin/image/pic_3rd_seat.jpg

全体的に見るとオデッセイはここまで紹介してきたセレナやアルファード/ウェルファイアに比べ車高が低いためその分だけ三列目の空間は狭くなってしまいます。しかし、それをカバーする特徴が調整された座席の角度。三列目の座席は他の座席と違い下の面が少し斜めになっています。そのため、座った時に後ろに体重がかかるようになり長時間座っても苦にならない構造です。また、シートの真ん中を倒すと両側の肘掛けができるため空間は狭くても体勢は非常に楽でしょう。

ホンダ ステップワゴン

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/image/pic_cabin.jpg

ステップワゴンを選ぶ人の大半は三列目の乗り心地を重視して選んでいません。三列目の収納のしやすさ、わくわくゲート目当てで買う人がほとんどです。だからと言って決して三列目が疎かになっているわけではありません。三列目に装備されている設備としてドリンクホルダーとアクセサリーソケットがありセレナまでとはいきませんが便利性が確保されています。また、広さ的にもゆったりとできる十分なスペースがあるため窮屈には感じないでしょう。しかし、地面からの衝撃吸収という面に関しては三列目が床下格納方式のため地面からの衝撃を和らげるクッション性や座席の高さが確保できずあまり良いとは言えませんが、それを補ってあまりある便利さがあります。さらに三列目の乗り降りのしやすさについては席を片方しか使わない場合、ワクワクゲートで乗り降りできるので、その場合は他のミニバンの中で間違いなく一番でしょう。

フォルクスワーゲン シャラン

https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/photolist/sharan/200122/32-9/SHA_1928_213.jpg/jcr:content/renditions/original.transform/max/img.jpg

ミニバンという三列シートの文化は日本でこそ当たり前となっている現在ですが、海外では一般的ではないためミニバンのランキングですとどうしても国産車ばかりになります。しかし、フォルクスワーゲンは海外のメーカーでは珍しく三列目のあるミニバンを販売しています。シャランの特徴は輸入車ならではの静粛性と他の国産のミニバンには見られない三列目までもが独立シートという点です。これはシャランだけです。独立シートのため、乗り心地は他のミニバンと比べても乗りやすく快適でしょう。三列目の広さもセレナやスッテプワゴンと同じくらい確保してあるため窮屈にはならなそうです。ただし、三列目のドリンクホルダーや充電ソケットという点に関してはついていないため注意しなければなりません。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら