なぜミニバンの三列目は乗り心地が悪いの?三列目の乗り心地が良い車の紹介

一般的にミニバンと言われる家族向けの車が登場してからおよそ40年。今では当たり前ように街中をたくさんのミニバンが走っています。ミニバンの特徴として皆さんが思い浮かぶものはなんでしょうか。個人的に三列の席があるというには大きな特徴だと思っています。しかし、おそらく多くの人が三列ある車のどこの席に座りたいかと聞かれたら一列目か二列目と答えるはずです。その理由には三列目の乗り心地が大きく影響しているでしょう。三列目という席が車に登場してからおよそ40年が経っているのにその乗り心地は一向に他の席と同じようにとはなりません。それは一体なぜなのでしょうか。また、ミニバンを選ぶ時は三列目も人が乗ることを想定して選ぶのですから、その乗り心地はなるべく良いに越したことはないはずです。そこで、今回は三列目の乗り心地が他の席と同じようにいかない理由、そしてその中でも三列目の乗り心地が良い車を5つ紹介していきます。

三列目は構造的に乗り心地が悪くならざるを得ない

まずは三列目の乗り心地が悪くなってしまう理由についてお話していきます。実は乗り心地が悪くなってしまう理由として車の構造的に三列目の乗り心地は悪くならざるを得ないということがあります。多くの乗り心地が悪いということの原因は地面からの衝撃にあります。高速道路などで定期的にくるガタンという衝撃に不快な思いをするという方も多いはずです。ではその衝撃を一番受けやすいはどこかということを考えると必然的にタイヤの上となります。実際バスなどでもタイヤの上は避けがちです。そしてミニバンの構造上、このタイヤの上という場所は三列目に当たってしまいます。運転席や二列目と比べて乗り心地が悪くなってしまうのはこの構造上もうどうしようもないのです。

また、三列目の乗り心地が悪くなるもう一つの理由として三列目の使用目的が挙げられます。ミニバンを購入する大半の人にとって三列目はいざという時に必要だけれど普段は使わないという存在です。そのため大半の三列目は収納できるように作られています。そうなると、席のクッションはコンパクトに折りたためるように薄くしなければならないため地面からの衝撃はさらに和らげづらくなってしまいます。

この二つの大きな理由から三列目は他の席と同じようにとはいかないわけです。

三列目の乗り心地が良い車5選

とはいえ、やはり三列目の乗り心地が良いに越したことはありません。ここからは三列シートがある車の中でも乗り心地の良い車を5つ紹介していきます。

トヨタ アルファード/ヴェルファイア

https://toyota.jp/pages/contents/vellfire/002_p_009/image/feature/feature_space03_01.jpg

国内で最高峰のミニバンといえばこの二台でしょう。三列目の乗り心地も国産車の中でトップクラスです。その理由としてもちろん車自体の大きさが他のミニバンに比べ大きいため三列目の広さが確保できているということがありますし、もともと高級路線の車のため三列目にもお金をかけれているということもあります。ドリンクホルダーやヘッドレスト、席のスライド機能など、できることは二列目とそこまで大差はなくスライドドアも幅があるので三列目への乗り込みも非常に楽です。また、クッション性のある素材のため地面からの衝撃も比較的和らげてくれます。三列目の乗り心地だけを考えて車を選ぶなら確実にこの車ですね。

日産 セレナ

https://www2.nissan.co.jp/SP/SERENA/VLP/INTERIOR/INTERIOR/IMAGES/PC/indoorSpace_img_01.jpg


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら