ボルボV50の良い評判4つと前期型と後期型の特徴をそれぞれ紹介!

ボルボV50はボルボのステーションワゴンのエントリーモデルとして発売されましたが、当時の最新技術を取り入れた安全性能、環境技術を採用したモデルです。内装も北欧家具を思わせるほど洗練されていました。今回はボルボV50の魅力についてご紹介していきます。

ボルボ「V50」とは?

ボルボV50とは、スウェーデンの自動車メーカーボルボカーズ社が2003年から2012年まで生産していたステーションワゴンです。製造開始は2003年ですが、販売が開始されたのは2004年になってからです。

V50にはボルボ独自の衝突安全システムのSHIPSとWHIPSを装備していました。生産していたのはボルボのベルギー工場です。プラットフォームはマツダ・アクセラやフォード・フォードフォーカスなどと共通のものを用いています。

V50の歴史

ボルボV50は1995年に販売が開始されたV40の後継として2003年に製造が、2004年に販売が開始されました。次世代のボルボのテイストを含む一方、伝統的な箱型のデザインも踏襲しています。

販売当初から存在する2種類のエンジンに加え、2009年3月新エンジンの直列4気筒のDOHC2.0リッターと新開発の6連デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた2.0eをラインナップします。

2007年に大きなモデルチェンジが行われ、それを区切りに前期型と後期型に分けられます。2012年V40のモデルチェンジした2代目V40の登場で生産を終了しました。

現行車の「V60」との違い

ボルボV60との違いは、外観が大きく異なります。V50は後部ハッチドアが垂直に近いイメージですがV60のハッチドアはもっと角度がついてクーペの様な流れるフォルムになっています。また、車体もV60の方が大きめの造りになっています。

外観の変化に加え、先進安全・運転支援技術を充実させたことも大きな違いになっています。

V50を支持する層は?

ボルボV50を支持している方々は、近くへの買い物や家族で遠乗りする方が多いです。ボルボを選ぶときにスタイル的に似ているV70も検討されると思いますが、V70ではちょっと大きいと感じる方や値段を比べて選択されています。

日本でもメジャーなドイツ車などではなく、人と被らないような車に乗りたい人にも一定の支持を集めるでしょう。

ボルボV50の良い評判4つ

V50の良い評判を集めてみましたので是非ボルボV50を購入する際のヒントとして参考にしてください。

4つの評判を紹介しています。自分が車に一番に求めるものは何か、もう一度考えを整理してから評判を参考にすることをおすすめします。

走行性能が高い

ボルボV50は高い走行性能に対し評判が高いようです。高いボディ剛性を備えており高速走行時も安心して、しかも長距離ドライブでも疲れが少ないという特徴があるようです。またシートも硬めで大変座り心地もよく硬めのサスペンションとの相性もバッチリです。

ボディが重いので、加速性能が高いわけではありませんが、移動する場合の性能としては申し分のない車です。

車体剛性とシートの作りの良さがとても優秀な車だと感じます。

https://minkara.carview.co.jp/car/volvo/v50/review/detail…

硬めのシートのせいか、長距離でも疲れない。

https://minkara.carview.co.jp/car/volvo/v50/review/detail…

見た目がかっこ良い

ボルボV50は見た目がかっこいいと評判です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら