マツダアクセラの中古車両の魅力とは

マツダアクセラは、2003年から製造・販売されるマツダの乗用車であり、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ボルボ・S40、ホンダ・シビック、フォード・フォーカスに対抗するCセグメントに属する世界戦略車です。今回は中古車情報をまとめました。


「マツダ アクセラの特徴」  

マツダ アクセラの特徴①

マツダアクセラの特徴として第一に挙げられるのは、卓越した安全性能の徹底化にあります。 渋滞時の前車との距離や制動設定を監視することを筆頭として、誤発進抑制システムやレーンに沿った走行をアシストする機能であったり状況に応じたヘッドライトのハイ/ロウビームの自動選択など、装備されている全ての機能がドライバーにとって痒いところに手が届くアシスト機能として展開していることなのです。 またバックする際の超音波センサーによる障害物の検知や、衝突の危険性をコンピュータが判断してドライバーが気付くよりも迅速にブレーキを自動制御することによって、衝突時の被害を軽減することが期待できるのです。  

マツダ アクセラの特徴②

車本来の機能として必用最低限の特徴としてはやはり走り自体の信頼性を上げることですが、マツダアクセラのスカイアクティブ機能に基づいたディーゼルエンジンが突出した性能となっているのです。 軽快に吹け上がるアクセルワークにダイレクトに反映させるにもかかわらず、徹底した静かさでディーゼルエンジンの固定概念を覆したシステムがさらに進化しております。 それに加えてディーゼルエンジンの圧縮比を見直すことによって規模縮小にもかかわらず、鋭くてダイレクトなレスポンスと燃費性能に特化したダウンサイジングメリットをコンパクトボディに整然と装備しているのです。  

マツダ アクセラの特徴③

例えばパーキングブレーキを一例とした場合に、軽く指先でスイッチを押下するだけで操作完了とすることができます。 これはコンパクトな車内レイアウトにおいてパーキングブレーキスイッチ周辺を出来るだけ簡素化することで、通常のブレーキ操作その他の細かいスイッチ類を整理することに特化しています。 また簡素化されて機能的に便利になっても誤操作を引き起こしてしまうのでは意味が無いので、綿密な安全管理に基づいたオペレーションを定常化しています。 ブレーキペダルを踏みながらスイッチを押下する、もしくは発進時にアクセルペダルを踏み込むことによってと、パーキングブレーキは解除することが出来ますが、自動解除を行なう前提条件としてその時点の状況確認が必須で承認された場合にのみ操作が実行されるのです。

「マツダ アクセラの歴代モデル」

マツダ アクセラの歴代モデル①

マツダアクセラの中古市場についてですが、非常に人気のあるモデルであるにもかかわらずにリーズナブルな価格設定が多く存在しているのが特徴です。  

マツダ アクセラの歴代モデル②

カーライフの充実化で歴代モデルでも培ってきた内容としては室内空間の快適化であり、ヘッドアップディスプレイなどの装備が継承されてきました。 またインパネ周りの機能美を整然とする対応方法が、初代モデルから引き継がれていて理想的なアップグレードを経て現行モデルへの継承内容としてよりいっそう機能効果の質を高めているのです。

「中古車価格について」  

マツダ アクセラの歴代モデル①

マツダアクセラは完全なスポーツモデルとしての走行がほぼ皆無である為、極端にエンジンその他に負担のかかる運転を行なった車両の心配は無用と判断される点です。 1000台近い中古市場では、様々なグレードをチョイスして確認することが出来ます。 中古市場での取引価格は200万円前後での設定が多く、様々な充実装備を保持している車両が多いのが特徴です。  

マツダ アクセラの歴代モデル②

モデルの変更がいくつかありましたがスカイアクティブモデルという名称はマツダ車全体の総称となっており、それがそのまま中古市場の高性能エンジンの代名詞ともなっているのです。 安全性能と車両性能の両方で優れた車作りがコンセプトとなっているので、それぞれの中古市場での評価も高いのです。

「SKYACTIVE-Dモデルがおすすめ!」

マツダアクセラ全モデルに設定されているスカイアクティブ構想ですが、クリーンディーゼルの進化を継続するシステムは機能性および走行性において非常に改善項目の多い細やかなアップデートが特徴となっております。  

おすすめモデルの燃費

走行時の燃費性能をより高める為の空力性能に特化したのが特筆されており、基本となるのはボディ上部の気流とフロア下の気流を最適にする内容を踏まえて燃費性能に合致させることを身上としているのです。 国土交通省で推奨している実測値としてはリッター当たり18kmとなっており、軽油である単価のコストパフォーマンスが高いのが特徴です。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用 ・自動車税:45,000円 ・車検代:18万円

■毎月かかる費用 ・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×軽油110円):62,000円 ・駐車場代:自己所有により無料  任意保険代(年齢45歳、免許証ブルー、30歳以上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下):19,000円

「SKYACTIVE-Dモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

電動でチルトアップすることが可能なスライドガラスサンルーフは、カーライフを満喫する為のアイテムとして必要不可欠な装備で18万円ほどとなります。 この機能があるのとないのとでは中古車市場の対象車両を発見することが出来たとしても、対象オプションがない為に購入対象とならなかったことが数多くある為なのです。  

オススメオプション②

大手音響メーカーとの共同開発によってマツダアクセラの室内空間に最適な、臨場感のあるリアルなサウンドを実現することが実現しており、オプション価格は10万円ほどです。 車内空間のどこにどんな形でスピーカーを配置するのか?またどんな音響効果に留意してセッティングすればいいのかなどを業種のプロと確認する連携作業で、成果物の達成満足度に直結することが出来るのです。

「まとめ」

マツダアクセラの最大の特長は幾重にも張り巡らされた安全性能であり、車を運転させる上で誰しもがひやりとしてしまう経験をカバーすることが挙げられます。 発生するかもしれないトラブルを事前防止し、発生してしまったトラブルは最小限の被害で食い止めることが期待できるのです。 そしていくつものグレードを設定することによって、パーソナルユースな状態に合致した適材車をチョイスすることができるのが魅力となっているのです。