ベントレーの新型SUV、注文が殺到して嬉しい悲鳴!

もしこれが一般の自動車メーカーなら、急に増産というわけにも行きません。

ランドローバーの「レンジローバー」やポルシェ「カイエン」が証明したように、ここしばらくの高級SUV需要は非常に旺盛なものです。ベントレー初のSUVである「ベンティガ」が出るかなり前から、それは分かっていたのですが、当初のベントレーは同車を年間3600台しか生産しない予定でした。ところが、CEOであるヴォルフガング・ドゥアハイマー氏との最近のインタビューから、なんと受注台数が1万台にのぼっていることが明らかとなりました。

21万7000米ドル(約2453万円)もするベンテイガ。その好需要に対し、同社は今年の生産台数を5500台に引き上げることを決定しました。ニッチ商品を造るほかのメーカーもそうですが、幸いにしてベントレーも増産への対応が難しいとは捉えていません。しかし、大変なのはサプライヤーです。アメリカと中国の高級車市場が拡大しているなか、ベントレーはサプライヤーの努力を期待しています。もしかすると5500台以上の台数も達成が可能かもしれません。計画通りなら、街を行く600PSのW12型エンジン搭載のSUVを見かける頻度が、どんどん高まっていくことでしょう。

Bentley Is Having Trouble Because Too Many People Want To Buy Its SUV


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら