タイヤを保管する前にやるべきこと6つ!保管時の注意点とグッズを紹介

季節に合わせて、車のタイヤは書き換えが必要な地域があります。そんな地域ではタイヤをどのように保管しておくとよいのでしょうか。本記事では、次のシーズンがくるまでの間、タイヤをよい状態で保管するために、タイヤの保管前にしておきたい事柄について詳しく解説しています。

タイヤの保管方法はちゃんとできてる?

暮らしている地域によっては、夏タイヤと冬タイヤのようにシーズンに合わせてタイヤの履き替えをしないといけない場合があります。タイヤの交換がある地域では、次のシーズンまで半年以上はタイヤを保管しておかないといけないこともあるでしょう。どのようにタイヤを保管しておけば、次のシーズンも使える状態で保管ができるのでしょうか。今回の記事では、タイヤの保管をする前にやるべきこととして、保管前にチェックすべきこと6つ、注意点やタイヤ保管の時に役立つグッズなどを紹介していきます。

タイヤを保管する前にやるべきこと6つ

タイヤを保管する前にやるべきこととして、「タイヤの状態チェック」「タイヤを洗い汚れを落とす」「日陰で乾燥させる」「ビニールなどで覆う」「イヤラックやカバーなどの用意」「保管場所の確保」などの6つが挙げられます。それではタイヤを保管する前にやるべきことについて詳しく見ていきましょう。

保管前にやるべきこと1:タイヤの状態チェック

タイヤの保管をする前にしておきたいことの1つに、タイヤのチェックというのがあります。タイヤを保管する前に、タイヤの状態を一通りチェックして、次のシーズンでも使うことが可能なタイヤかどうかを確認しましょう。次のシーズンにタイヤが使える状態であると確認できたら、下記のタイヤ保管前にすべきことを参考にして保管作業に取り掛かっていきましょう。

保管前にやるべきこと2:タイヤを洗い汚れを落とす

タイヤの劣化を防ぐには、水分・油汚れをなくすことです。そのため保管する前のタイヤは洗い、汚れを落としてから保管するようにしましょう。日頃から洗車をしていても、特に汚れやすい場所がタイヤです。タイヤは砂や泥、土だけでなく油などで汚れています。保管する前のタイヤは、スポンジあるいはブラシがついた洗車専用のホースで、使用しているホイールの形にあわせて、しっかりと洗浄をしましょう。

保管前にやるべきこと3:日陰で乾燥させる

タイヤを保管する前にしておきたいことの1つが、日陰で乾燥させることです。タイヤの劣化の1つに水分があります。タイヤの保管前には、日陰でタイヤを乾燥させて水分をなくしましょう。特にタイヤ内部にも水が溜まりやすいので、そこも注意してみましょう。タイヤはゴムなので、ゴムが劣化してしまう恐れのある日向での乾燥は避けましょう。

保管前にやるべきこと4:ビニールなどで覆う

タイヤを保管する前に、ビニール袋などを用意しましょう。タイヤを保管するときに、直射日光など紫外線が当たり続けることは、タイヤの劣化を速めてしまうからです。タイヤをビニールの袋に入れて保管するようにしましょう。タイヤを交換するときの袋をとってある人は、それを再利用するといいでしょう。

保管前にやるべきこと5:タイヤラックやカバーなどの用意

タイヤを保管する時はラックがあると便利です。タイヤを保管する前にタイヤラックを入手しておくとよいでしょう。
タイヤは縦積みで保管すべきか、横積みで保管すべきか悩むところです。特にホイール付金タイヤを利用している場合は、ラックを使っての縦積みがタイヤの劣化を防止できるためおすすめです。また、ラックを購入の際は、カバーも購入して保管するとよりよいでしょう。

保管前にやるべきこと6:保管場所の確保

タイヤを保管するには、スペースが必要となります。タイヤラックのサイズから保管すべき場所を考えるのもよいでしょう。ただしタイヤを保管するにはどこでもよいという訳ではありません。タイヤを保管するための場所には条件があります。どのような場所が必要かを項目別でご紹介します。

保管場所は風通しのよい冷暗所が最適

タイヤの保管場所の探し方の1つに、高温多湿にならない風通しのよい冷暗場所という条件があります。温度の変化、湿度などによりタイヤが劣化してしまう恐れがあるからです。タイヤの劣化の要因を排除するためにも、タイヤを保管する前に、風通しのよい冷暗場所をタイヤの保管場所として探しておきましょう。

直射日光や紫外線に当てない

タイヤが劣化する原因には、紫外線や水分、油などがあると言われています。そのため、直射日光が当たりにくい場所を探して保管するのがおすすめです。タイヤを保管する前に、どの場所が日光が当たりにくいかを考えて保管場所を探しましょう。

保管するときの注意点4つ

タイヤを保管する時には、どのような点に注意して保管をするとよいのでしょうか。ここでは、タイヤを保管する時に注意したいことを4つの項目に分けてご紹介します。4つの注意点は、タイヤの劣化を防ぐためにとても重要な事柄をまとめてありますので、タイヤを保管する時に参考にしましょう。

注意点1:タイヤワックスはかけない

タイヤの劣化する要因には、高温多湿、直射日光などの他にオイルというのがあります。タイヤを洗浄したときにワックスをかける人もいますが、過度な洗浄はタイヤの劣化につながります。油性のワックスはひび割れにもつながりやすいと言われています。特にタイヤを保管する時は、ワックスなどはふき取って保管をするようにしましょう。

注意点2:スタッドレスタイヤの空気はある程度抜いておく

タイヤの保管をする前にしておきたいことの1つに、空気圧があります。タイヤを保管する前にタイヤの空気圧を調整しないでそのまま保管してしまう人がいますが、タイヤを保管する時は、空気圧を半分ほどに下げておくようにしましょう。タイヤの空気を抜かないで保存をすると、タイヤが劣化しやすいからです。空気を抜いておくことによりタイヤの内圧が弱くなり、タイヤへの負荷が減ります。タイヤの空気圧を下げる時には、エアバルブもしっかりチェックしましょう。

注意点3:ホイールが付いた状態は横積み

タイヤにホイールを付けている場合は、ホイールを付けたままで横積みで保管をしましょう。ホイールを付けたまま縦積みでタイヤを保管すると、ホイールの重さでタイヤが劣化しやすくなってしまうからです。タイヤを劣化させないためにも、ホイールを付けたときは横積みにするようにしましょう。

注意点4:タイヤのみの場合は縦積み

タイヤラックがある場合のタイヤの保管方法です。タイヤラックがある場合の保管方法としておすすめなのは、タイヤからホイールを外して縦積みをすることです。デメリットとしては保管場所をとるということです。しかし、タイヤには負担がかからないので、おすすめできるタイヤの保管方法です。ただし、ホイールをつけたままの場合は縦積みはおすすめな保管方法ではありません。

おすすめのタイヤ保管グッズ5選

タイヤを保管する時にあると役立つグッズを紹介していきます。紹介するグッズは全部で5つあります。グッズごとに特徴がありますので、そのメリットを理解したうえで自分に必要なタイヤ保管グッズを利用してみましょう。紹介するタイヤ保管グッズは下記の5点です。

1:トクエコンプレックスフィットタイヤ保管袋(圧縮袋)

徳江から販売されている徳江コンプレックスフィットタイヤ保管袋(圧縮袋)は、タイヤを保管する時に役立ちます。タイヤを保管する時にタイヤ保管袋に収納することで、タイヤのゴムの嫌なにおいを防ぐことができます。家庭用の掃除機で空気を簡単に抜いて保管することができるので、操作も楽です。タイヤの油脂がつかないようにしてくれるので、保管場所が汚れない、ホイールも保護してくれ、錆など腐食も防ぐことができます。

2:CREEKSタイヤカバー

タイヤを保管する時のカバーとしておすすめできる商品の1つに、CREEKSから販売されているタイヤカバーがあります。このタイヤカバーを使うと、タイヤを横積みで屋外に保管しておく時に、雨水、ほこり、紫外線などからタイヤを守ってくれます。メーカー保証が1年ついているほか、購入後30日間返品補償もついているので、サポート体制もばっちりです。またカバーにはコードロックもついているので、屋外に保管する場合でも、安心してタイヤを保管することができます。

3:Eustomaタイヤカバー

Eustomaから販売されているタイヤカバーです。タイヤを1本ごとに収納するタイプのカバーです。適合するタイヤのサイズを確認して購入するようにしましょう。こちらのタイヤカバーの特性の1つは、マジックテープとなっているので、タイヤを収納する時の着脱がとても楽にできます。カバーの素材は、長持ちする素材である600×300デニールポリエステルを使っています。カバーにポケットがついているので、ホイールナットなど小物を一緒に保管しておくのに便利です。

4:メルテックタイヤラック組立式

メルテック/大自工業株式会社の製品である組み立てて作るタイプのタイヤラックです。耐荷重が80キロまであるラックは、縦に積み上げるタイプですので、場所をとらずに収納保管することができます。タイヤのサイズや幅などを確認して購入しましょう。キャスターがついていて、移動させることも可能です。ストッパーがついているので、固定し保管が可能ですので安全です。

5:アイリスオーヤマ タイヤラック カバー付

アイリスオーヤマが販売しているタイヤラックカバー付きです。こちらのラックは、耐荷重120㎏までとなっています。組み立て式のラックですが、工具いらずで組み立てることができます。タイヤラックは、普通自動車用のタイヤ4本を縦で保管できるサイズです。そのため縦置きでタイ保管するため幅を取りますので、保管する場所の広さとラックのサイズを確認して購入しましょう。専用カバーには下部に紐がついていて、裾を留めることができるようになっていますので、ほこりや熱からタイヤを守ってくれます。

タイヤを保管する際のポイントを理解し上手に保管しよう!

次のシーズンまでタイヤを保管しておく時には、保管する場所にも注意が必要です。単に場所があるからと、タイヤを外してオフシーズンの間は保管をしておくとよいという訳ではありません。タイヤはもちろん寿命がありいずれは劣化して使えなくなるものです。しかし、保管の仕方を工夫するだけで劣化が遅くさせることも可能です。ぜひ、今回のタイヤの保管する前にすべきことと、保管する時の注意点及び便利なグッズを参考にして、タイヤを適切な方法で保管しましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら