タイヤを保管する前にやるべきこと6つ!保管時の注意点とグッズを紹介

季節に合わせて、車のタイヤは書き換えが必要な地域があります。そんな地域ではタイヤをどのように保管しておくとよいのでしょうか。本記事では、次のシーズンがくるまでの間、タイヤをよい状態で保管するために、タイヤの保管前にしておきたい事柄について詳しく解説しています。

タイヤの保管方法はちゃんとできてる?

暮らしている地域によっては、夏タイヤと冬タイヤのようにシーズンに合わせてタイヤの履き替えをしないといけない場合があります。タイヤの交換がある地域では、次のシーズンまで半年以上はタイヤを保管しておかないといけないこともあるでしょう。どのようにタイヤを保管しておけば、次のシーズンも使える状態で保管ができるのでしょうか。今回の記事では、タイヤの保管をする前にやるべきこととして、保管前にチェックすべきこと6つ、注意点やタイヤ保管の時に役立つグッズなどを紹介していきます。

タイヤを保管する前にやるべきこと6つ

タイヤを保管する前にやるべきこととして、「タイヤの状態チェック」「タイヤを洗い汚れを落とす」「日陰で乾燥させる」「ビニールなどで覆う」「イヤラックやカバーなどの用意」「保管場所の確保」などの6つが挙げられます。それではタイヤを保管する前にやるべきことについて詳しく見ていきましょう。

保管前にやるべきこと1:タイヤの状態チェック

タイヤの保管をする前にしておきたいことの1つに、タイヤのチェックというのがあります。タイヤを保管する前に、タイヤの状態を一通りチェックして、次のシーズンでも使うことが可能なタイヤかどうかを確認しましょう。次のシーズンにタイヤが使える状態であると確認できたら、下記のタイヤ保管前にすべきことを参考にして保管作業に取り掛かっていきましょう。

保管前にやるべきこと2:タイヤを洗い汚れを落とす

タイヤの劣化を防ぐには、水分・油汚れをなくすことです。そのため保管する前のタイヤは洗い、汚れを落としてから保管するようにしましょう。日頃から洗車をしていても、特に汚れやすい場所がタイヤです。タイヤは砂や泥、土だけでなく油などで汚れています。保管する前のタイヤは、スポンジあるいはブラシがついた洗車専用のホースで、使用しているホイールの形にあわせて、しっかりと洗浄をしましょう。

保管前にやるべきこと3:日陰で乾燥させる

タイヤを保管する前にしておきたいことの1つが、日陰で乾燥させることです。タイヤの劣化の1つに水分があります。タイヤの保管前には、日陰でタイヤを乾燥させて水分をなくしましょう。特にタイヤ内部にも水が溜まりやすいので、そこも注意してみましょう。タイヤはゴムなので、ゴムが劣化してしまう恐れのある日向での乾燥は避けましょう。

保管前にやるべきこと4:ビニールなどで覆う

タイヤを保管する前に、ビニール袋などを用意しましょう。タイヤを保管するときに、直射日光など紫外線が当たり続けることは、タイヤの劣化を速めてしまうからです。タイヤをビニールの袋に入れて保管するようにしましょう。タイヤを交換するときの袋をとってある人は、それを再利用するといいでしょう。

保管前にやるべきこと5:タイヤラックやカバーなどの用意

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら