四駆車に乗りたい!おすすめ車種5選と四駆車をおすすめする理由3選

オフロードには四駆車(4WD)が向いています。近年キャンプやその他のアウトドアの人気に合わせて四駆車も人気がでてきています。この記事では、おすすめの四駆車5選と、四駆車がおすすめの理由を紹介しています。気になる方はぜひ読んでみてください。

四駆車とは

四駆車とは、4つのタイヤがすべて駆動する車のことです。「4WD」「四駆」「四輪駆動車」「AWD」と呼ばれることもあります。車には四駆車と二駆車があるのをご存じでしょうか。雪国だと四駆車に乗っている人も多いですよね。反対に街乗りがメインの人は二駆車が多いでしょう。

駆動方式

車の駆動方式は正確には5つの種類があります。4WD、FF、FR、MR、RRの5つです。駆動方式は、エンジンからの力でどのタイヤが動くかによって分けられます。4WD(四駆車)は、エンジンからの動力で4つ全部のタイヤが動きます。二駆車は、アルファベットの前の文字がエンジンの位置「フロント(前方)」か「リア(後方)」を示し、後ろの文字が駆動「フロント(前輪駆動)」か「リア(後輪駆動)」なのかを表しています。

四駆車と二駆車の違い

四駆車と二駆車の違いは、タイヤの駆動方式の違いです。四駆車は、4つすべてのタイヤがエンジンの動力で回転し、二駆車は、前輪か後輪どちらかの2つのタイヤがエンジンの動力で回転します。四駆車のほうがパワフルな感じがしますよね。雪国やオフロードで四駆車が活躍するのはそのためです。

四駆車のメーカー別おすすめ車種25選

四駆車の特徴がわかってきたところで、メーカー別おすすめ車種5選をご紹介します。四駆車の購入を考えているけど、車種がたくさんあってどう決めたらいいかわからない、という方はぜひ参考にしてみてください。

1:スバル・フォレスター

スバルのフォレスターは、スバルが技術力を注ぎ込んだ主力車種です。静かで振動を感じさせない質の高い走りと、危機回避性能や衝突安全性能に優れた、総合安全性能が特徴です。グレードは、スタンダードモデルの「Touring」、上級装備の「Premium」、アクティブモデルの「X-BREAK」、e-BOXER(独自のハイブリッドシステム)搭載の「Advance」の4つです。メーカー希望小売価格は286万円~です。

2:スズキ・スイフト

スズキのスイフトは、スポーティーなボディと美しいカラーバリエーションが魅力の、街乗りにも適した小回りの利くコンパクトな四駆車です。斜め後ろの車を認識し、車線変更をサポートするブラインドスポットモニターや、駐車場でバックする際、左右後方からの車を検知するリヤクロストラフィックアラートを搭載するなど、衝突の予防安全性に優れています。メーカー希望小売価格は153万4,500円~です。

3:日産・エルグランド

日産のエルグランドは、低重心で力強さと安定性があり、広く上質な室内を持つ日産のプレミアムなミニバンです。ゆとりのある室内は高級感漂う仕上がりになっていて、ツインサンルーフやプラズマクラスター搭載のエアコンを装備しています。ボディ塗装では、擦り傷が自然に消えるスクラッチシールドを全カラーに採用しています。センサーやカメラが、走行時の危険回避をサポートする先進安全装備もついています。メーカー希望小売価格は367万7,300円~です。

4:スバル・レガシィ アウトバック

スバルのレガシィ アウトバックは、上質で洗練されたスポーティーな外観と、水平対向エンジン搭載のスポーティーなハンドリングが特徴の四駆車です。電動スライドサンルーフがついているので、狭くなりがちなSUVの後部座席の解放感も確保しています。ハンドルにはステアリングヒーター、座席にはシートヒーターがついているので寒い地域でも安心です。メーカー希望小売価格は341万円~です。

5:トヨタ・ランドクルーザー プラド TX

トヨタのランドクルーザー プラド TXは、パワーと燃費性能を兼ね備えた本格SUVです。エクステリアはダイナミックなフォルムと迫力のあるフロントが特徴的で、インテリアはスタイリッシュで上質な仕様になっています。滑りやすい路面、登坂路や斜面、凹凸の激しい路面など、路面状況によって5つのモードから選択できるシステムを搭載しており、高レベルな安全性を実現した本格的な四駆車です。メーカー希望小売価格は360万3,600円~です。

四駆車のおすすめ理由3選

四駆車をおすすめする理由は大きく3つあります。四駆車のパワーが発揮できるのは、オフロードや雪道ですね。また、燃費のいいハイブリッド四駆車もおすすめポイントです。それぞれ詳しく見てみましょう。

おすすめ理由1:豪雪地帯

おすすめの理由1つ目は、豪雪地帯に向いていることです。豪雪地帯にお住まいの人は、スノータイヤにするのはもちろんですが、四駆車の人が多いですよね。雪で埋まった駐車場から抜け出すときや、雪のわだちができた道で車線変更するときなど、二駆車だとタイヤが空転してしまい大変な思いをすることもあります。四駆車は断然スムーズに動けます。また気持ちの面でも、四駆車に乗っているという心の余裕ができるのでおすすめです。

雪道に強くスリップしにくい

四駆車は雪道に強いので、スリップしにくいでしょう。寒い地域では、道路の凍結は日常茶飯事ですよね。また、雪が押し固められてカチカチになった道路も、滑りやすく大変危険です。特に雪道において、勾配のきつい上り坂は二駆車だと滑って登れないこともあります。四駆車の方が踏ん張れるのでスムーズに登れるでしょう。

おすすめ理由2:アウトドア派

おすすめの理由2つ目は、アウトドアに適していることです。キャンプや釣り、海水浴やウィンタースポーツなど、アウトドアを楽しむには舗装されていないワイルドな道を通ることもあるでしょう。そんなときは、悪路でも安定して走れる四駆車が適しているといえます。

悪条件の道でも安定した走行

四駆車は、悪条件の道でも安定した走りが可能です。アウトドアが好きな人は、砂地や砂利道、雨が降ってぬかるんだ道など、舗装されていない道を走ることも多いですよね。また、ウィンタースポーツが好きな人は雪道もよく通るでしょう。そんな悪条件の路面でも、四駆車であればパワフルに走り抜けられます。

室内空間が広くとれる

車内空間を広く使いたいのであれば、ミニバンやワンボックスタイプの4WDがおすすめです。座席を倒せばスノーボードやキャンプ道具、ロードバイクなどもラクラク乗せられます。軽やコンパクトな車種の場合は、ルーフキャリアやルーフラックをつけると荷物をたくさん乗せられるでしょう。

おすすめ理由3:燃費性の高いハイブリッド車

おすすめの理由3つ目は、燃費のいいハイブリッドの四駆車があることです。四駆車は駆動にエネルギーを使うので、二駆車よりも燃費が落ちるのは仕方がないでしょう。しかし、ハイブリッドの四駆車であれば、電気で動くモーターがエンジンをサポートしてくれるので、ガソリンのみの車より燃費がよくなります。

エコカー減税の対象

ハイブリッド四駆車も、国が定める排出ガスと燃費の基準を満たす車は、エコカー減税の対象です。ハイブリッド車は排出ガスも燃費もエコなので、多くの車種がエコカー減税の対象になっていて、選ぶ人も増えています。

四駆車で行動範囲を広げて楽しいライフスタイルを満喫

四駆車についていろいろ紹介してきましたが、気になる車はあったでしょうか。四駆車はオフロードや雪道に強いので、アウトドアや日常生活で頼もしい相棒になること間違いなしです。狭い道もラクラクのコンパクトなものから、ダイナミックで存在感のあるものまで、ラインナップが豊富なこともうれしいですよね。あなたも四駆車で行動範囲を広げ、楽しいライフスタイルを満喫してみてはいかがでしょうか。

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』