【日産・エクストレイル】主な故障と修理費用まとめ

日産・エクストレイル

日産・エクストレイルは、アウトドアや街乗りなどのさまざまな用途のために利用できる人気SUVです。日産・エクストレイルを利用している方やこれから購入を考えている方は、故障しやすい箇所や修理費用などについて知っておきたいですよね。そこで今回は、エクストレイルの故障しやすい箇所や修理費用についてまとめてみました。

日産エクストレイルについて

日産・エクストレイルの歴史と特徴

3代目日産・エクストレイル

初代エクストレイル(2000~2007年)は、アウトドア向けのSUVとして人気を集めました。その後、2代目に続き、2013年にはフルモデルチェンジされた3代目が販売されました。3代目エクストレイルはスタイリッシュで先進なの外見となり、街乗りのための車としてなどよりさまざまなユーザーに運転されるようになりました。2020年内には、4代目がフルモデルチェンジされて発売されることになっています。

エクストレイルは、優れた走行性能上や防水インテリアなど、アウトドアにオススメのSUVです。また、3代目からエクストレイルはスタイリッシュで都会的な外観となり、アウトドアやキャンプから街乗りまでさまざまな場面で活躍してくれるといえます。

日産・エクストレイルの主な故障箇所

日産エクストレイル

クラクションポジションセンサー・カムポジションセンサー

初代・2代目エクストレイルは、エンジンの回転数などを測定するクラクションポジションセンサー・カムポジションセンサーの不良が多いです。そして、セーフティーモードが発動されるなどによってエンジンの回転数が上がらなくなることがあります。クラクションポジションセンサー・カムポジションセンサーの交換により改善されます。修理費用は1万円程度だと考えられます。

エアコンのコンプレッサー

初代・2代目(30・31系)エクストレイルでは、エアコンのコンプレッサーの故障がより起こりやすいです。経年劣化により故障してしまいやすい箇所で、年式の古い車に起こりやすくなります。冷たい風が出なかったり、ガラガラという異音が発生するなどの症状が出ます。状況によって異なりますが、コンプレッサーや関連する部品の交換が必要になることもあり、10万円以上の高額な修理代がかかることが考えられます。

DPFの不具合

エクストレイルのクリーンディーゼル車の場合、DPF(ディーゼルエンジンの排気ガス中の有害物質などを含む微粒子を除去するフィルター)が滞るなどの不具合が起こることにより、警告灯が光ることがあります。これは、DPFの破損やその他のトラブルにつながる可能性があります。例えば、DPFの不具合が原因となり、エンジンオイルの量が増加してエンジンに問題が生じることがあります。詰まったすすなどを燃焼させるために、シリンダー内に燃料が噴射されます。シリンダー内に残った燃料はオイルにパンにたれて、エンジンオイルに混じり、エンジンオイルの量は増えていきます。結果として、オイルが薄まってしまうことにより、エンジンの調子が悪くなります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
日産・エクストレイル