タイヤの劣化を早めてしまう要素6つ!交換のサインとタイミング

車やバイクなどの車両に装着するタイヤは、いったいどれぐらい長持ちするのでしょうか。今回は、車両に使用するタイヤの劣化を中心に述べています。交換のサインやタイミングもご覧いただけますので、愛車のケアや安全走行にもお役立てください。

タイヤの劣化について

車両に用いられているタイヤは、時間経過と共に劣化する消耗品です。タイヤには溝があり、擦り減って無くなると危険が伴うため、使用できなくなります。正確な使用可能期間は述べられません。あくまでも車両に乗る頻度や走り方によってもタイヤが劣化するパターンが異なるからです。ともあれ、タイヤは早目に交換をすることが望ましいでしょう。パンクして走行不能に陥るケースも存在しており、日頃のケアが必須なパーツです。

JAFの出動要請でも頻出するタイヤのトラブル

タイヤは路面に直接触れて摩耗していくので、多くのトラブルの根源になりやすいでしょう。JAFによる故障車両の引き取り依頼も多く、2019年度の公道でのトラブル全体の約20%を占めています。高速道路においては、2倍の約40%という数字が算出されています。劣化したまま走行することによってタイヤがパンクすることがあります。大きな事故にも直結しますので、運転者は常に走行前に点検をして安全な走行を心がけましょう。

タイヤの劣化を早めてしまう要素6つ

車両トラブルの要因として挙げられるタイヤの劣化を早める原因6つを見ていきましょう。重たい車両を支えて快適な走行を実現するタイヤですが、その反面ではケアを怠ると劣化が進行し、やがてパンクを引き起こして危険な場面に遭遇する可能性が高まります。車検時だけで無く、運転者が乗車前点検を日頃から実践することで、タイヤに関するトラブルを回避できるでしょう。安全に走行できるように日頃からタイヤのケアをしておきましょう。

タイヤの劣化を早める要素1:時間経過に伴う経年劣化

車両に用いるタイヤは経年劣化していく消耗品で、日々徐々に劣化しているでしょう。ゴム製品ですので、身近にある輪ゴムと同じで放置しておくと劣化して硬化してしまいます。引っ張ると切れる素材は、ゴム製のタイヤにも似たことが言えます。また、走行せずに停車しているだけでも風雨や気温などによってタイヤは劣化していきますので、定期的な交換が必要でしょう。

タイヤの劣化を早める要素2:空気圧の不足

タイヤは適正な空気圧によってよい状態を維持しています。車両に装備するタイヤは空気を入れて使用しますが、車種に合った空気圧でないとタイヤは劣化しやすいので要注意です。車両の使用頻度によっても異なるため一概には言えませんが、走行性に違和感を覚えたまま数ヶ月以上も点検していない運転者は、直ちにタイヤの空気圧を確認しましょう。インナーチューブにも劣化があると交換費用が高くなるため、早めに点検しておくとよいでしょう。

タイヤの劣化を早める要素3:タイヤの消耗

ゴム製品のタイヤは擦り減って消耗していきます。溝が浅くなると車検に受かりませんので、過度な消耗があるタイヤは交換する必要があります。常日頃から確認して、交換時期を把握しておきましょう。メーカーや種類、そして走り方によっても消耗期間が異なるので、運転者が自ら消耗具合を把握し交換時期を判断するとよいでしょう。判断が不明な場合は、専門の工場でタイヤの点検・交換をしてもらうことも検討してください。

タイヤの劣化を早める要素4:タイヤへの過荷重

車両には適正な荷重があるため、過度な重さを受けているタイヤの劣化は早まります。たとえば、規定重量以上の荷物を積載している車両は、タイヤの劣化が早くなると考えられます。路面との接点が増えるため、物理的にゴム製のタイヤは摩耗しやすくなるからです。適性荷重が各車両に定められているので、タイヤの消耗を軽減したい方は確認してから走行するとよいでしょう。

タイヤの劣化を早める要素5:タイヤワックスや艶出し剤

ケミカル品のタイヤワックスや艶出し剤は、タイヤの劣化を早めることがあります。市販されているケミカル品は、適正に使用しないとタイヤ自体を傷めるので注意が必要です。ケミカル品がタイヤに合わず、時間が経過することでゴムを痛めることがあるからです。一般的な走行の際、タイヤに余計なケミカル品を塗布する必要はないでしょう。洗浄し小石を取り除いたり、早目にタイヤを交換したりすることが何よりも大切です。

タイヤの劣化を早める要素6:駐車環境

車両を停車する環境が悪条件の場合、タイヤの劣化を早めることがあります。直射日光が長時間当たる場所や、水に濡れやすい場所はおすすめできません。日光はゴム製品の硬化を促したり、多量の水分もゴムを劣化させたりするからです。ただ風通しがよい日陰であれば、タイヤが劣化しにくいのでおすすめできます。もしも長期間にわたって車両を駐車する場合には、駐車環境を把握しておきましょう。

タイヤの交換を教えるサイン4つ

 

新しいタイヤへ交換する時のサインが4つあるので、すべて確認しておきましょう。消耗部品であるタイヤは、交換時期が来ると目視で判断できるようになっています。ドライバー歴が浅い運転者でも、とても分かりやすいサインなので安心です。頻繁にサインを確認する必要はありませんが、定期的に確認し愛車をよりよい状態で維持しておけば安全走行にもつながるでしょう。また、心地良いドライブも継続して楽しめるでしょう。

タイヤの交換1:タイヤのひび割れ

タイヤは、時間経過でひび割れが発生するので交換の目安にしましょう。タイヤをよく確認すると、ひび割れが生じていることがあります。小さなひび割れは問題ありませんが、そのままずっと放置しているとひび割れが大きくなり、やがてタイヤが破損する原因になります。新品のタイヤを装着した時から、どの程度の期間でひび割れが生じたかを把握しておくとよいでしょう。

タイヤの交換2:スリップサイン

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら