【使用レビュー!】呼び名が自由なBMWの音声アシスタント、IPAとは

『Hi, Mercedes!』でおなじみ、メルセデス・ベンツの『MBUX』など、近年普及しつつある自動車のAI音声アシスタント機能。その機能は運転しながらAIアシスタントを呼び出し、用件を伝えるだけでその操作や設定をAI自ら行ってくれるというもの。メルセデス・ベンツのCMではアニメ・ドラゴンボール孫悟空の声優である野沢雅子さんらが起用され印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

そのAI音声アシスタント機能が今度は同じドイツの自動車メーカーであり、ライバルであるBMWの新型車種に搭載され、2019年3月から販売開始されました。その名も、『BMW Intelligent Personal Assistant』(以下、IPA)。今回は、筆者が実際に新型BMW3シリーズ(G20)に試乗した際に、その機能を実際に使ってみたのでその使用レポートをお伝えしていきます。(新型3シリーズの試乗レポート)

アシスタントの呼び方は自由

IPAは、日本で2019年から発売されるすべてのBMW車に標準で装備されます。

(以下、新型BMW3シリーズカタログより引用)

『OK、BMW。今日の調子はどう?』あなたの呼びかけに、BMWが人間のアシスタントのように応答したら素敵だと思いませんか。BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを利用すれば、全く新しい、そしてより簡単な方法で、BMWとコミュニケーションをとることができます。BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントはあなたのことを知り、学習し、そして常に情報のアップデートを図りながら、様々な状況において手助けをします。ご自身で設定した呼びかけの言葉で、アシスタントを呼び出すことも可能です。この有能なアシスタントは、車両に関するあらゆることを説明でき、あなたが、あなたのBMWをもっと深く知ることができるようにサポートします。

参照元:https://bmw-3.jp/innovation.html

ということで、IPAができることは、音声での呼びかけにより何らかのサポートを受けることができるということ、そして(3月18日付)他社と大きく違うなと思うのは、呼び名が変えられるということです。

デフォルトの設定は『OK、BMW』が起動ワードだそうですが、OK等の呼びかけを入れる必要もなく『JOY』や『レモン』、『K.I.T.T.』等々…どんな名前でも可能だそうです。もし名前を忘れてしまったり、起動ワードを知らない人が乗車した際でも、ステアリングホイールのスポーク部、右側下のマイクボタンで起動でき、『起動ワードを設定』という音声コマンドでまた新たに設定できるということです。

実際に使ってみた

実際に試乗車両で試してみました。起動ワードは『三郎(さぶろう)』に設定しました。(状況:屋外、停車時、テスト時間が短く文章での紹介になりますがご了承ください…。)

①ナビの設定

まずは三郎を起こし、たくさん使うであろうナビの設定をお願いしてみました。(以下 筆者=筆、三郎=三)

筆:『六本木に行きたい』

三:『…』

そして少し考えた後『検索履歴がありません。』とセンターディスプレイに表示されました。もう少し細かいところ(例:六本木ヒルズなど)まで指定すれば、場合によってはできるかもしれません。

②エアコンの設定

次にエアコンの設定をお願いしてみました。

筆:『寒い』

三:『…もう一度お話しください。』

筆:『温度を上げて』

三:『23度に設定します。』


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら