ポルシェボクスタースパイダーは究極のピュアスポーツカーです。

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

ポルシェ ボクスター スパイダーの特徴

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/453022/car/653667/profile.aspx

ポルシェ ボクスター スパイダーの特徴①

2007年12月より日本正規輸入販売が開始されたポルシェボクスタースパイダーは日本販売は僅か37台のみという貴重なモデルが始まりで、1960年代に活躍したレースカー「ポルシェ・718RS60スパイダー」をモチーフに制作されたスペシャルモデルでした。

ポルシェ ボクスター スパイダーの特徴②

ボクスター、ボクスターSに続く「第三のボクスター」として注目を浴び、搭載されたエンジンは3.4Lの水平対向6気筒のみの設定でしたが、専用エキゾーストシステム、専用テールパイプを装着する事で、303馬力に出力アップが実現しました。トランスミッションは5ATと6MTが用意されました。他、ボクスタースパイダーのみ、専用19インチホイルを装備し、後のモデルのトランスミッションはボクスターシリーズと同様に、7AT、6MTが設定され、エンジン出力も3.4L、3.8Lと排気量UPにより320馬力、375馬力と引き上げられました。ミッドシップエンジンに後輪駆動(MR)方式は他のボクスターシリーズと変わりません。

ポルシェ ボクスター スパイダーの特徴③

ポルシェボクスタースパイダーは他のボクスターシリーズと比べ、運動性能を高める事を基本に置き、車重の軽量化を図っており、ドアの材質をアルミニウムに変更等を行った結果、従来モデル比約100キロの軽量化を実現させました。
足回りはポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)と呼ばれる電子制御ダンパーシステムをいち早く標準装備しました。

エクステリア・インテリア

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元: http://carislife.hatenablog.com/entry/2015/04/01/201546

ポルシェ ボクスター スパイダーのエクステリア

先代モデルは電動オープン方式を採用しましたが、最終モデルでは徹底的な車重の軽量化を図る目的で一部の操作以外は手動方式を採用しました。また、エンジン部分をカバーするリアの二つの大きな降起を作り、ポルシェカレラGTを彷彿させる迫力あるリアビューを上手く演出させました、また、ボクスタースパイダーは名前の通り、オープン状態で走ることを前提に設計されている為、ソフトトップは、太陽光や雨風を遮ることだけに特化した軽量設計を行いました。

ポルシェ ボクスター スパイダーのインテリア

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元:http://carislife.hatenablog.com/entry/2015/04/01/201546

軽量化を実現させた軽量スポーツバケットシート、ドアハンドルをベルト式に変更、更にはエアコンがオプション設定されるという徹底的な仕様となりました。尚、日本導入モデルは初代モデルに限りエアコンが標準装備されました。スパルタンな印象を持たせつつもポルシェらしい質感の高い空間に仕上げております。

中古車価格について

ポルシェ ボクスター スパイダーの歴代モデル①

初代モデルは日本導入が37台という貴重な車両の為、入手は困難を極めます。逆に発見できれば検討する価値は非常に高いでしょう。基本的に大事に取り扱われたコレクター車というケースが高く、従って価格も高額になるでしょう。
二代目モデルは、初代モデルに比べ、市場流通量もありますが、サーキット走行等で酷使された車両なども少なからず存在します。基本的に大事に使われた車両が殆どですが、修理履歴や整備記録等素性の解るものがしっかり残った車両購入をお勧めします。可能であれば試乗を行い、エンジン、ミッション等の状態や電装機器などの状態確認を行う事をお勧めします。

ポルシェ ボクスター スパイダーの歴代モデル②

三代目モデルについても二代目モデルと捉え方は同じで良いでしょう。ただ、自然吸気モデルの最終型という事もあり市場での価値はまだまだ高い傾向がありますので、価格の下落等は殆どないでしょう。ですが、試乗車両だったという素性の車両などが価格を下げて販売されている事もありますので、もしも発見した場合は検討する価値は十分あります。

2代目モデルがおすすめ!

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20091225-20100473-carview/

初代モデルは希少で、三代目モデルはNA(自然吸気)エンジンの最終型ですので中古市場でもまだまだ高額です。
二代目モデルは発売から年数経過もしておりますし中古市場でも新車価格を考えると手が届く金額設定が行われておりますし、経年的な事は否めませんが、それでも加速・運動性能等は十分すぎる能力が備わっている事は変わりありません。

おすすめモデルの燃費

リッター10キロ前後と言われておりますが、乗り方や車両のエンジンオイル交換や駆動系のメンテナンス、タイヤエアーに窒素ガス封入等で燃費向上は十分に見込めます。

おすすめモデルの維持費

自動車税58000円/重量税7500円/自賠責12915円が年間維持費となります。

二代目モデルについていてほしいオプション2選

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/042100262/

オススメオプション①

ドライブレコーダーをお勧めします。映像が不慮の事故の際の立派な証拠になりますし、自身のドライブ風景をご自宅のテレビ等で鑑賞できたりします。また、GPSレーダー機能がついたものや月極駐車場などでの駐車の際の悪戯を監視する監視カメラとしての機能がついた物など多種多様にあります。金額は5千円から3万円程で購入可能です。

オススメオプション②

ポルシェ ボクスター スパイダー画像

引用元:http://slowgarage.exblog.jp/i2/2/

カーナビをお勧めします。中古車の場合、カーナビなどのアクセサリーの動作保証はしていない販売方式が行われている事があり、納車後のナビ故障の場合は有償になる事もあります、またカーナビ自体の地図データが古いまま等といったケースもありますので、納車時に最新のカーナビへの交換をオーディオシステムアップも兼ねていますのでお勧めします。金額は20万円から30万円程で、他に取り付け費用が発生する事もありますので販売店へ相談してみましょう。

まとめ

ポルシェボクスタースパイダーは走行、運動性能に拘った、究極のピュアスポーツカーといえます。その為、サーキット走行などで酷使された車両も少なからず存在します。ハイパフォーマンスなモデルの為、日本車等と一緒に販売しているような販売店で購入はリスクが伴い、車検対応や修理といったアフター面等を考慮すると専門店や正規輸入販売店での購入が安心できます。商談時は可能な限り、試乗を行い、エンジン音やトランスミッションの入り具合、足回り等の駆動系や、外装等の目視確認と整備記録等があれば確認した上で検討するようにしましょう。

おまかせ出品とは



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。
ポルシェ ボクスター スパイダー画像