ヘッドライトの曇りや黄ばみを防ぎたい!3つの原因と5つの手順を解説

乗っている年数が長い車はヘッドライトも劣化してきます。黄ばみや曇りが気になる方は多いのではないでしょうか。この記事では、ヘッドライトが黄ばむ原因やその除去手順を紹介しています。ヘッドライトの黄ばみ・曇りを解決したい方は、ぜひ読んでみてください。

ヘッドライトの黄ばみや曇りとは

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、ヘッドライトカバーの劣化が原因で起こります。ヘッドライトが黄ばんだり曇ったりしている状態だと、車が古く見えてしまうので気になる人も多いのではないでしょうか。一度気になってしまうと他の車のヘッドライトも気になり、ピカピカのクリアなヘッドライトを見ると羨ましくなってしまうものです。

視界が悪くなる可能性

ヘッドライトが黄ばんだり曇ったりしている状態だと、夜間の視界が悪くなる可能性もあります。ヘッドライトの曇りによって、ライトからの光がこもってしまい、クリアな光が出なくなってしまいます。見栄えが悪くなるだけでなく、安全面にも支障が出てしまう可能性があります。

ヘッドライトの黄ばみや曇りの原因3つ

どうしてヘッドライトは黄ばんだり曇ったりしてしまうのでしょうか。その原因は主に3つあります。ヘッドライトがまだクリアな方も、原因を知っていれば黄ばみや曇りを防ぐこともできます。それぞれの原因について詳しく見てみましょう。

ヘッドライトの黄ばみや曇り原因1:紫外線による劣化

ヘッドライトの黄ばみや曇りの原因1つめは、紫外線による劣化です。現在のヘッドライトにはポリカーボネートという素材を使うのが主流です。このポリカーボネートは衝撃を受けた際の飛び散りが少ないという利点があります。しかし、紫外線のダメージを受けやすいという欠点があります。そのため、新車の状態ではヘッドライト表面にUVコーティングがされています。このUVコーティングが剥がれてくると、ヘッドライトの劣化が始まってくるのです。

ヘッドライトの黄ばみや曇り原因2:高温による熱劣化

ヘッドライトの黄ばみや曇り原因2つめは、高温による熱劣化です。ヘッドライトの内部はかなりの高温になり、カバー部分にも熱が伝わってしまうのです。もともとポリカーボネートは樹脂の中でも耐熱性が高く燃えにくい素材ではあり、耐熱温度も高めとされていますが、それでも高温になる回数を重ねるうちに、少しずつ劣化してしまうのです。

ヘッドライトの黄ばみや曇り原因3:小さな傷に汚れが定着

ヘッドライトの黄ばみや曇り原因3つめは、小さな傷に汚れが定着してしまうことです。ポリカーボネートは全体的な強度はありますが、表面に細かい傷はついてしまいます。小石が跳ねてぶつかる、洗車機のブラシなど、目に見えないような細かい傷がたくさんついています。この細かい傷にホコリなどの汚れが入り込み定着してしまうと、黄ばみや曇りが発生する原因になります。

黄ばみや曇りを防ぐための注意点2つ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら