【サンデードライバー】この季節は正月ドライバー!?特徴を知って危険を回避しよう

普段は電車通勤だったり駐車場に眠らせていて、日曜日に出かける時だけ運転するサンデードライバー。その中でも運転に不慣れな人は周りのイライラを集めてしまいます。普段、平日の運転が多い人はあまり交わることのない存在かもしれませんが、大型連休では確実に遭遇してしまいます。特に、お正月は帰省やバーゲンの買い物などで仕方なく運転するペーパードライバーのような人も多いでしょう。遠目に見ているだけならいいですが、その危険な運転に巻き込まれてしまっては事故にもなりかねません。特徴を知っておけば慌てることなく対処できるでしょう。

あくまでも「このようなこともある」という意見です。全てのサンデードライバーに当てはまる訳ではありません。運転の上手いサンデードライバーもたくさんいます。

正月は増加する?サンデードライバーの特徴

正月のサンデードライバー(正月ドライバー)はどんな運転をするのでしょうか。「こんな運転をする人は運転が不慣れ」という特徴を知っておくことで即座に正月ドライバーと判断することができるでしょう。

マイペースな運転

とにかくこれに尽きます。運転に不慣れなため、自分の車を走らせることで精一杯なのです。周りに気を遣ってくれないので、こちらの常識は通用しないかもしれません。また、流れに合わせるというのも苦手な傾向があります。よく言ってしまえば教科書通り。制限速度より遅く走ることもあります。しかし、道路というのは流れに合わせないと「むしろ危険」というのは共通認識ですよね。マイペースなので右折や左折もゆっくり、もしくは急にします。交差点での右折もなかなかできなかったりしますね。

不意な急ブレーキ

突然急ブレーキをされます。赤信号でゆっくり止まればいいものを手前で急にブレーキをかける。「黄色信号だけど速度落とさないし、これは行くな」と思ったら急ブレーキ。何もないところでブレーキランプが付く。言い出したらキリがないですね。逆に、信号のものすごい手前からブレーキをするパターンもありますね。あとは、停止線のかなり手前で停止するパターン。「え、その空間なに!?」と思いますが何もありません。

ウインカーが早い、遅い

ウインカーのタイミングもマイペースな人が多いですよね。早すぎて「え、どこで曲がるの?まだ?」ということや、「え、急に減速したけどなに?」と思ったら曲がる直前にウインカーを出すなど。早い分にはまだいいですが、遅いのは本当に危険ですよね。最悪の場合、ウインカーを出さないパターンもありますね。あとは、出しっ放しのパターン。

道を知らない

普段道路を走らないので道がわかりません。例えば、急に右折専用レーンになる道路や一方通行など、「初見殺し」の道というのは初めてでは間違いやすいもの。特にレーンを間違えて割り込んできたり、黄色線を割ってきたりします。「もっと手前で車線変更しろよ」と思いますが優しく譲ってあげてください。黄色線を割るのは違反ですが。

正月のサンデードライバーってどんな人?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら