大事故につながるかも?寒い時期に起りうるサイドブレーキの凍結の理由と対策

車のサイドブレーキを引くドライバー

旅行や出張などで寒冷地に行く機会があるかもしれません。もしくは、冬の時期などはあなたの住んでいる場所でも想像を超える寒さになる日もありますよね。そんな中で運転する際には、サイドブレーキの凍結について気を付ける必要があります。寒冷地に住んでいる人にとっては常識かもしれませんが、スキー場や温泉など寒い地域に旅行する方々はサイドブレーキの凍結について知っておくべきでしょう。サイドブレーキの凍結に気付かずに運転をしてしまうと、大事故につながってしまう可能性もあります。

そこで今回はサイドブレーキ凍結の危険性、理由、対策について紹介していきます。

サイドブレーキについて

サイドブレーキとは?

サイドブレーキとは、止まっている車を動かないように後輪を固定するものであり、正式名称はパーキングブレーキです。「手で引くタイプ」と「足で踏むタイプ」があります。

サイドブレーキが凍結すると危険?

寒冷地でのサイドブレーキの凍結と危険性

雪の上の車のタイヤ

寒冷地でサイドブレーキを引いて駐車すると、サイドブレーキが凍って動かなくなってしまう可能性があります。サイドブレーキが凍結した場合、アクセルを踏んでも車が動かなくなります。たとえ車が動いたとしても、サイドブレーキを解除せずに走行すると、車が突然スピンしてしまう恐れがあります。また、ブレーキが利かなくなる可能性もあるので大変危険です。サイドブレーキを降ろすことは出来ても、サイドブレーキの凍結は実際に走ってみなければ分からないこともあるので注意が必要です。

サイドブレーキ凍結が起きる理由と対策

なぜサイドブレーキ凍結が起きる?

疑問符

サイドブレーキと車の後輪のワイヤーはつながっています。タイヤのブレーキはワイヤーで引っ張ることによって止まるようになっています。そして、そのワイヤーは筒のようなものに覆われて保護されています。その筒の中には水が入ってしまうことがあり、寒い時期はこの水分が凍結してしまう可能性もあります。そのため、ワイヤーが動かなくなってしまうことにより、サイドブレーキの凍結が起こります。

最近の自動車の性能は上がっています。そのため、新しい車はワイヤーの防水性が高く、サイドブレーキの凍結が起こりにくいことは事実です。しかし、寒冷地ではまだサイドブレーキが凍結してしまう可能性はあるので注意しましょう。古い車やボディの下部をぶつけたことがある車は、サイドブレーキの凍結が起きやすいということもあります。寒冷地などでは、サイドブレーキをかけない方がよいでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
車のサイドブレーキを引くドライバー