【ホンダ フィット シャトル】気になるスペック、価格情報について

『フィット』のステーションワゴン版として登場した『ホンダフィットシャトル』は、センタータンクレイアウトを採用した基本プラットホームなど、フィットとの共通点の多い車です。今回はホンダフィットシャトルのスペック、価格情報などについてご紹介していきます。


ホンダ フィット シャトルの特徴

ホンダ フィット シャトルの特徴①

まず特徴はその広さです。
クラス最大の荷室スペースを誇り5名乗車時496Lものスペースがあります。
その使いやすさにも配慮していて後部座席を荷室側から倒すことが出来るためスムーズな荷物の積み込みが出来ます。
荷物の大きさや形に合わせて簡単にシートアレンジが出来ますので、大きな買い物をした時にも持ち帰りに四苦八苦することなく積み込めます。
なんと荷室の床下にもスペースを確保しているため荷物を分けて載せたい時にも便利です。
滑りやすいもの、細かいもの、濡れているものなど様々な荷物を載せる時に役立つオプションも充実しています。

ホンダ フィット シャトルの特徴②

車選びで重要なポイントとなる燃費も妥協しません。
ガソリン車のほか主流となりつつあるハイブリッドモデルもあり、ハイブリッドモデルにはアイドリングストップシステムや低燃費運転をサポートしてくれるエコアシストの専用機能がついています。
エコアシストにはアクセルやブレーキの使い方が燃費に良いかどうかをメーターの色で知らせてくれる「コーチング機能」やエコ運転度やその上達度を葉っぱのアイコンで表示する「ティーチング機能」、スイッチひとつで低燃費モードに出来る「ECONモード」があり燃費の向上をサポートしてくれる機能が充実しています。

ホンダ フィット シャトルの特徴③

人の命を乗せるものですから安全面も重視したいポイントです。
ホンダフィットシャトルには規制基準ではなくホンダ独自の安全基準を設けています。
雨の日のカーブ時などの横すべりを抑える「VSA」や国産車初の自社開発エアバッグ、坂道発進時の後退を抑制するヒルスタートアシスト機能など安全面もしっかり配慮され作られています。
夜道や雨天時の安心感を高めるヘッドライト照射軸を自動調整するオートレベリング機構や点灯忘れの防止が出来るオートライトコントロール機構がついているのも嬉しい点です。

エクステリア・インテリア

ホンダ フィット シャトルのエクステリア

高熱線吸収(ハイブリッド・ガソリン車共に最低グレード除く)・99%UVカット機能付きガラスをフロントコーナー・フロントドアに採用、リアドア・リアクウォーター・テールゲートには同機能が付いたプライバシーガラスを採用しており暑さや日焼けを防止してくれる女性やお子様にも嬉しい装備が充実しています。

ホンダ フィット シャトルのインテリア

プラズマクラスター技術搭載おフルオート・エアコンディショナを搭載し(最低グレード除く)除菌・脱臭効果やお肌にもイオン効果を発揮します。また、花粉をシャットアウトするアレルフリー高性能脱臭フィルターで快適な室内環境を維持してくれます。

中古車価格について

ホンダ フィット シャトルの歴代モデル①

初代ホンダ フィット シャトルの中古価格はガソリン車で本体価格約30万円~約150万円です。
当然ながらオプションの有無や走行距離等の差で価格はかなり違ってきます。

ホンダ フィット シャトルの歴代モデル②

同じく初代ホンダフィットシャトルのハイブリッド車での中古価格は約34万~約160万円です。
こちらも同じくオプションや走行距離で価格は異なってきます。  

ハイブリッドモデルがおすすめ!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら