【スバルフォレスター】中古車でも価格の落ちない走りの質感がいい車

スバルフォレスターは国内外でも人気を集めているミドルサイズSUVです。様々なメーカーが競い合い群雄割拠のSUV業界。高速道路からオフロードまであらゆる走行状況に対応して走りやすさを追及しています。今回はフォレスターの中古車情報をまとめてみました。


スバルフォレスターの特徴について

「スバルのめざす走りの質感向上について」

スバルフォレスターと言えば、よく言われるのが走りに特化したブランドです。世界でもこのコンセプトは評判で人気があります。現在は発売から4代目のモデルが出ており、ミドルサイズのクロスオーバーSUVです。名前は「森を育む者」ですがその名に恥じないオフロードでの走行性能を持っています。高速道路からオフロードまであらゆる走行に対応できるように設計されています。燃費もいいので、経費面からも合理的な車です。ターボエンジンは、パワー不足を補うために水平対向のダウンサイジングターボエンジンを備えています。北米での規制に対応した仕様が使われています。

「スバルがめざす安全性に優れた車」

スバルフォレスターは、安全性能のさらなる飛躍的な改善をめざしています。ドライブシャフトは、異音や振動がしたら交換すべきものです。AWDという駆動システムを採用するとドライブシャフトがいらなくなります。後輪をモーターで駆動できれば、きめ細かい制御をおこなうことができるので悪路のぬかるみから脱出が可能になります。アイサイトの搭載で安全性能は確実に向上します。高精度のGPS機能でより高度な前方認識と全方位レーダーでの察知で、衝突の回避やより軽減することができます。スバルは、安全な車をコンセプトに車作りをしており、その成果がよく出た人の安全を優先する車です。

「スバルフォレスターは、広々とした乗り心地と大容量のトランクルームが特徴です」

スバルフォレスターは、車の中全体にくつろぎ空間を作り出しています。運転席周りのみならず、後部座席にも広さを強調していますから家族全体で楽しめる車になっています。広くて荷物がたくさん入るトランクルームはオフロードでの利用にも耐える装備を積むことができます。前部シートは、運転席、助手席にオートパワーシートが採用されています。乗る人の、安全に配慮して乗りやすく設計されています。アウトドアの利用でも充分なスペースの確保がうれしいです。

「スバルフォレスターの歴代モデル」

「初代フォレスターは独特の角ばった車体が特徴です」

初代モデルフォレスターは、中型SUVをイメージして製造されましたが独特の角ばったスタイルからSUVというイメージより通好みのひそかに人気のあるSUVでした。スバルは、アメリカなど海外で人気のある車が多いです。フォレスターは海外での使い勝手も考えた車作りがされていました。内装も特徴はシンプルです。いかにもという高級感を好む人には向いていません。通が好む車です。当初は、デザインよりもアウトドア仕様のたくましさを強調した外観でした。

「3代目フォレスターからは大幅なイメージチェンジで現代のモデルに進化」

2015年に(SUBARU VIZIV2)のコンセプトモデルが販売されました。旧型のインプレッサとプラットフォームを共有していたのでSPGを取り入れるにあたって共有は続けると思います。SPGは走り自体の質感の向上と新たなる安全性をフレームフォルムから作り出しています。内装はやはりシンプルです。運転席、助手席にパワーシートが装着されています。中古でも値段が落ちない性能が評判の車です。

「中古車価格について」

「スバルフォレスターXブレイク2015年式」

中古走行距離1.9万㎞ 2000cc CVT 4WDで装備は、カーナビ、バックモニター、テレビ、キーレスエントリー、盗難防止システム、フルフラット 販売価格 本体価格192万円

「スバルフォレスター2.0iL アイサイト4WD2014年式」

中古走行距離3.5万㎞ 1990CC 車検2年付 パワーステアリング パワーウィンドー、CDデッキ、キーレスエントリー 中古車の価格差はオプションで違ってきます。アイサイトが装備されています 販売価格 本体価格 176万円

「スバルフォレスター2.0Lアイサイト4WD2014年式モデルの燃費について」

エンジンガソリンターボ4WD カタログ燃費13.2㎞/L(JC08モード)高速道路燃費 14.4㎞/L 街乗り 8.7㎞/L トータル燃費 12.8㎞/L 2DXエマージェンシー4WD カタログ燃費 15.6㎞/L 高速道路 15.4㎞/L 街乗り11.3㎞/L  トータル燃費 12.8㎞/L 「スバルフォレスターXブレイクがおすすめモデルの維持費について」

現行新車の本体価格 2,754,000円

●年単位でかかる費用 自動車税 39,500円 車検代金71,000円~120,000円 毎月かかる維持費 ガソリン代 12km/Lで計算 (1年1万㎞、ハイオク1L130円)約116,100円 駐車場代 1万円 任意保険代 35歳車両保険なし 年払い32.620円 (新規契約 年間1万㎞ 年間合計 318,220円 月々26,500円 

「スバルフォレスターLについてほしいオプション3選」

「アイサイト」

先進の運転支援システムであるアイサイトの新バージョンはオプションで付けたいです。前方監視ステレオカメラの性能が素晴らしいです。プリクラッシュブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)やステアリング操作を補助するアクティブレーンキープがついていれば万全です。

「ルーフラック」

あるとないとでは外見も印象も全然違うものです。アウトドアに使うなら必需品です。10万2600円です 後であったらよかったと後悔します。

「リヤビューカメラ」

車後方の安全確保にあれば非常に安全が確保されます。マルチファンクションでナビのディスプレーに接続します。 価格としては、34,560円です。

「まとめ」

スバルフォレスターは、走りの良さと安全性を追求する車です。内装等に華美な装飾はありませんがシンプルなところがマニアに好まれています。乗り心地にも配慮がはかられています。後部座席に乗る人も広い空間が確保されているので狭さは感じさせない作りです。アイサイトの自動システムは、バージョンアップごとに性能を高めています。中古車価格が落ちないのも、スバルの車に乗りたいというファンがいることを示しています。非常によく作られた車で中型SUVとしておすすめできます。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら