【マツダ タイタン】機能や特徴、気になる中古車価格などを紹介

タイタンは英語で「TITAN」と表記され「巨人」を意味しています。2tクラスの小型トラックは力強さを要求されるので巨人のようになぞらえた」ときちんと由来があります。今回はマツダタイタンの歴代モデル、中古車価格などをまとめましたのでご紹介します。


「マツダ タイタンの特徴」

マツダ タイタンの特徴①

マツダが販売するタイタンは小型と中型の2種類から成る業務用トラックの総称となっております。 バリエーションとして1.5トンまでの小型タイプと2-3トンから取り揃えられている中型タイプに分かれており、環境基準に適合したディーゼル式のトラックとなっております。 平成27年度の国土交通省が定めている燃費基準に加えて+10%の改善を達成しており、車社会において深刻な課題となっている環境問題に貢献した車両となっているのです。  

マツダ タイタンの特徴②

業務用トラックとして流通の大部分を担う日常業務を支えることができる快適なキャビンと、ゆとりのある余裕を持った運転が可能となる充実した安全装備を兼ね備えているのが特徴となっています。 プロドライバーの仕事を支える使い勝手の良さは多くの物流会社で採用されている実績が立証しているのです。  

マツダ タイタンの特徴③

安全運転を補助する様々な機能として滑りやすい路面で生じる急制動時に、タイヤがロックする際の制御を自動で行なうことにより安定感のある車両姿勢を維持することが可能となっています。 上記の対応を人の対応力では限界となる非常時において、緊急回避を電子制御で行なうことで仮に被害が出てしまう場合でも事故状況の拡大防止に最大限の貢献をしているのです。 当然のことながら車両の積載状況によっては急制動に対する前後輪の制動力にも変動されますが、状況を適切に制御することができるのが特徴となっています。 該当車両は積載分も考慮すると総重量が5トン超クラスになってしまうことも多々ありますが、タイタンの強力なブレーキ性能を反映した制動力は制動力のアシスト機能を標準装備したABSを設定しているので非常に秀逸なシステムとなっています。 さらに車両の総重量が6.5トン超となるクラスにおいても、ドライバーは軽いペダル推進力を操作するのみで高いGについて助勢する機能をも備えているのです。

「マツダ タイタンの歴代モデル」  

マツダ タイタンの歴代モデル①

マツダのタイタンは初代から現在の6代目までがフルモデルチェンジやマイナーチェンジを遍歴しており、時代背景での排気ガス問題やディーゼル車の環境問題に伴い改善を加えて推移してきました。 それまでの他シリーズよりの後継車両として初代モデルが発表されたのが1971年の8月でした。 搭載されたエンジンの主流はVA型と呼ばれる直列4気筒で排気量が1,985㏄(92ps)のグレードと、XA型として直列4気筒ディーゼルエンジンを擁した2,522㏄(77ps)の排気量のグレードに分けられています。  

マツダ タイタンの歴代モデル②

使い易さを更に向上させることと、保安基準法が変更となることへの対策で1973年8月にマイナーチェンジが実施されています。 前述した際の変更点はクラッチペダルの推進力を軽減することでよりスムースな変則を行う事が出来る点と2系統ブレーキの見直し、そして助手席にシートベルトとヘッドレストの新規採用を行なうことでより安全性能に着目する企業視点が確立したといえます。 そうしたマイナーチェンジやフルモデルチェンジを業務用の視点で行なう事によって、企業より信頼される物流機構に欠かすことの出来ない存在として今日のグレードで如何のない性能を発揮し続けているのです。

「中古車価格について」  

マツダ タイタンの歴代モデル①

初代から6代にも渡る変遷の中で、その中古車市場においても相当の変化が生じておりました。 あくまで一般の人々に馴染みのない業務トラックの市場動向となりますが、現在日本全国のネット上だけでも3-400台の中古車情報が存在しています。 但しその使用用途から走行距離が2-30万キロを超えているのも普通にあり、安い案件では3リッタークラスで30万円ほど、高いものでは5リッター弱のモデルで500万円というように様々です。 業務使用のカテゴリでは対象案件に車両だけでなく荷台補助やその他の要素が付随しているケースも多く、中古価格が車両だけの価格ではないことも多々あるのです。  

マツダ タイタンの歴代モデル②

ひと昔前のモデルでは対象車両はマニュアル変則のみが当たり前でしたが、昨今はドライバーへの負担減少や長距離走行などで少しでも煩わしさから解放させるという意味合いでオートマ変則の導入も増えてきております。 雇用問題などでマニュアル変則車の運転に不安を覚えるドライバーも出てきており、電子制御を最大限に貢献させる意図がメーカー側でも必須情報となっているのです。 中古車価格において上記のケースに該当する案件も多数在庫しており、金額的にはマニュアル変則車の+10万円ほどで取引されてるケースが多いのです。 これらの案件を採用するか否かは経営者判断となりますが、その先には雇用問題も関連してくるので注意が必要なのです。

「2014年マイナーチェンジモデルがおすすめ!」  

リード文:上記マイナーチェンジ後はエンジンの圧縮比化を行なって、インジェクターを新型に変更しました。 そして平ボディ/バンシャシ車には車両が停車する際のクラッチペダル操作のみでエンジンを自動停止させるアイドリングストップが導入されています。 これにより停止/始動ができるようになった為、企業の抱える燃料問題も大きく解決に向けての前進が進んだのでした。  

おすすめモデルの燃費

ディーゼル車のマニュアルタイプでは積載状態や道路勾配を自動で判別した上での馬力制御や加速度制御を行う「ECONOモード」を追加することによって燃費は飛躍的に向上し、リッター8~10kmとなっております。  

おすすめモデルの維持費

企業で対象車両を抱えることになるので、計画的な導入実績が大変重要です。 総排気量がほぼ3リッター前後で、且つ社用している状況からリース会社より仲介されて展開しているケースも少なくないのです。

「2014年マイナーチェンジモデルについていてほしいオプション」  

オススメオプション①

仕事上、ナビゲーションシステムの導入は欠かせません。 実際に導入とする場合はその他の余計な機能は削除した上で、ナビゲーションシステムの導入は必要不可欠となっています。 なお導入費用としては20-30万円ほどでメーカー対応が可能となっているのです。  

オススメオプション②

安全上の対向者やドライバーなど全般において、視認性の高いツールを装備するのは必須となっています。 特に前面から側面にかかる分は自分の存在をアピールする必要があるので、強力なフォグランプと運転者を交代制で用意するということも必要になってくるのです。

「まとめ」

マツダのタイタンは我が国の物流システムにおいて無くてはならない重要な役割りを果たしてきましたが、同時に今後についても同様に展開していかなくてはならないのです。 6度にわたる世代交代や時代背景に基づいた保安基準変更に対応する即時の対応力など、今後に関しても物流システムを語る上では必要不可欠な車両として成果が求められているのです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション