ベンツVクラスの5つの特徴!ベンツの歴史の結晶Vクラスを体感しよう

メルセデスベンツには高いブランド力があり、メルセデスベンツが製造する唯一のミニバンであるVクラスにも期待が高まります。本記事では、Vクラスの特徴を通して、ベンツの歴史の結晶がVクラスにも詰まっていることをお伝えしています。

ベンツVクラスとは

 

日本における輸入車市場で人気の高いブランドの1つであるメルセデスベンツには、多くの車種がラインアップされています。本記事では、その中のVクラスにスポットをあて、特徴や中古車市場の現況をお伝えします。

メルセデス・ベンツ唯一のミニバン

Vクラスは、メルセデスベンツのラインアップの中で唯一のミニバンモデルで、3列シートのワンボックスタイプの自動車です。初代の日本導入は1998年で、現行型は2016年1月から販売となった3代目のW447型になります。

現在は、ディーゼルエンジンの他にガソリンエンジンもラインアップされています。ディーゼルエンジンモデルでは、通常ボディ、ロングボディ、エクストラロングボディが選択できます。

ベンツVクラスの5つの特徴

ミニバンというカテゴリーは全世界で盛況なわけではなく、日本でのブームはある種特異的とも言えました。現在は世界的にSUVが主流になっていますが、セダンに切り替わるムーバとしてのミニバンの需要も根強い人気があります。

競合車種が多く、選ばれるためには他車にはないものが必要です。そこで、選択の理由となるVクラスの5つの特徴をお伝えします。

特徴1:空力性能を考えたスタイリング

Vクラスの特徴の1つ目は、長年蓄積されたメルセデスベンツの歴史が、ミニバンであるVクラスにも高度な空力性能を実現していることです。日常使いのアクティブな活動に寄与するスポーティなスタイリングとなっています。

腰高なミニバンのVクラスですが、全高の高さを忘れてしまうような爽快な運転が可能です。

特徴2:実用的なシートアレンジが可能

Vクラスの特徴2つ目は、実用的なシートアレンジが可能なことです。2列目と3列目もスライドやバックレストを前倒しにすることができ、シートの反転や脱着も可能となっています。

2列目のシートを折りたたんでテーブルにすることや取り外して、3列目シートのみで巨大なフルフラットベッドにすることができるなど、多彩なソートアレンジが魅力です。

特徴3:3種類から選べるラゲッジルーム

Vクラスの特徴の3つ目は、ボディサイズを3種類から選べることです。この違いはラゲッジルームの容量に直結するため、乗車人数と積み込む荷物によって選択することをお勧めします。

具体的には、標準ボディの全長が4895㎜、ロングボディが5140㎜、エクストラロングボディが5370㎜の3種類で、3列シートをそのまま座席として使用するには、標準ボディではほとんどラゲッジルームはありませんが、他は積荷できます。

特徴4:最先端の安全性能

Vクラスの特徴の4つ目は、最先端の安全性能です。メルセデスベンツは常に世界の自動車界に影響を与える技術を詰め込んできていて、安全性能も例外ではありません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら