三菱新型コンパクトSUVはRVRではない!?正式名称や発売日は?

新型RVR予想されていた開発車両のテストが公開されました。015年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーで、新型RVRなのでは?と噂されましたが、エクリプスクロスと判明しました。本記事では、今回目撃されたテスト車両などについて紹介していきます。


コンパクトトールワゴン車

 

rvrは、三菱が開発して販売しているコンパクトなSUVカーです。ルーフが高めに設計されていてトールワゴンであるのも特徴です。初代モデルは、1991年に開発・販売されRV車ブームの真っ最中にリリースされました。その後、何回かのモデルチェンジを繰り返し現行モデルは2010年より販売されていて、6年目となります。

三菱rvrの特徴

電子制御4WDが魅力

 

rvrには、2WDと4WDのモデルがありますが、特に4WDに人気が集中しています。4輪駆動というだけでも、滑りにくい路面で力強い走りを見せてくれますが、rvrには、「アクティブスタビリティコントロール」が付いていますので、前輪と後輪の横滑りを抑えることができ、雪道のような滑りやすい路面でもより安全な走行が可能です。

充実した安全性能

 

rvrには、三菱自動車独自の強化ボディーである、RISEが採用されていて、あらゆる角度からの衝突に対して、車内の人を守ってくれます。更に、エアバッグはフロントだけでなく、サイドやセンターからも出るタイプとなっていますので、運転席や助手席の人だけでなく、後部座席の人もしっかりと守ってくれて衝突安全性が高い車です。

三菱rvrの主なグレード

三菱rvrのグレードは、ベースグレードとなる「M」と上位グレードとなる「G」の二つのグレードがあります。両者ともガソリン仕様となっていますが、それぞれのグレードに対して2WDと4WDの設定があります。また、両者のグレードとも1.8リットルのSOHC16バルブエンジンが搭載されていて、6速スポーツモードのCVTが採用されています。

ベースモデルMグレード

 

ベースモデルのMグレードと上位モデルのGグレードでの外観の差はあまりありませんが、Mグレードの場合はフォグランプが搭載されていません。大きく異なるのはインテリアです。Mではステアリングとシフトノブがウレタン素材となっています。また、エアコンについては、Mグレードにはマニュアルエアコンが搭載されています。

上位モデルGグレード

 

上位モデルであるGグレードにはフォグランプが標準で搭載されています。シート素材はMグレードよりも高級になっていて、上級ファブリック。デザインはストライプパターンとなっています。また、ステアリングホイールとシフトノブは本革巻となっていて高級感があります。エアコンについてはフルオートエアコンが採用されています。

エクステリア・インテリア

rvrのエクステリア

 

前代のrvrが曲線的なデザインであったのに対し、最新モデルのrvrでは直線的なデザインへと変更されました。そのため、よりスポーティーな車というイメージとなっています。rvrは、全長4295×全幅1770×全高1615mmのコンパクトなボディとなっていて、最小回転範囲も5.3メートルと小回りの利く車となっています。

rvrのインテリア

 

 

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら