後部ドアが開かない原因とその修理【ベテラン整備士が教えます】

今回はリアドア開閉不能の修理です。入庫されたお車は運転席後ろのドアが開かなくなってしまっていました。お客様によるとチャイルドロックを間違えてかけてしまい、そのまま開かなくなってしまったとの事でした。その原因と修理方法を見ていきます。

チャイルドロックとは?

チャイルドロックとは小さなお子様が間違えてドアを開けるなどの危険に繋がらない様にロックを掛けて、内側からドアを開ける事が出来ない様にする機能の事で主に後部座席に装備されています。オートスライドドアや開き戸タイプのお車にも装備されています。ロックは手動式でドアのヘリの部分にロックボタンが付いています。ロックに関する説明のシールが張られていると思います。

気をつけるべき注意点

走行中にイタズラで開けてしまったり、信号待ちの停車中でもドアを開けるととても危険です。この機能を使えば大きな事故を防げるので小さなお子様を同乗させる場合などはしっかりと施錠して活用しましょう。ですが、何か事故が起きた場合にチャイルドロックがかかっていてお子様がドアを開けられずに車外へ出られず最悪の事態が起きてしまった事故もありました。こういった場合は、子供が乗っている事を示すシールを車体に貼っておくと良いでしょう。

子供が乗っていますシールは有効?

良く、【子供が乗っています】というシールを貼っている車を見かけると思いますが、あのシールは事故が起きた時にお子様を守るためにもとても有効なシールです。事故時に小さなお子様がシートの下などに投げ出され、大人は救助されても、子供は乗車して居る事に気づいてもらえず救助されなかった、などという悲惨な事故もありました。シール等を貼って子供が乗っている事をしっかりアピールしましょう。

開かなくなった後部ドアの点検

チャイルドロックは内側からは開かなくなりますが、ロックをかけても外側から開かなくなることはありません。なので今回は何故ドアが開かないのか点検をしたいのですが、ドアが開かない事には点検のしようがなく、とても大変な作業になりました。ドアを開けるためのハンドルを動かすと空回りの様な感覚があり、これはやはりチャイルドロックとの関係性は低く、ドアハンドルの接続部分の破損の様な気がします。

内貼り剥がし

まずは内貼りを剥がさないとドアの内側や部品が見えません。無理矢理剥がさないといけない事、もしかしたら内貼りに傷が付いてしまうかもしれない事をお客様に承諾を得て、無理矢理内貼りを剥がしました。ボディにはしっかりとマスキングを施す事ができましたが、やはり内側の内貼りには少し傷が付いてしまいました。閉めてしまえばわからないからとお客様も納得して頂いて良かったです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら