【メルセデス・ベンツ Sクラス W221】定番の故障、不具合紹介と中古車購入時の注意点

こんにちは!Ancarの島倉です。今回はメルセデス・ベンツのSクラス W221に関するトラブルの内容を書いていこうと思います!
中古のSクラスをご購入される際の参考になればと思います。よろしくお願いします。

メルセデス・ベンツ Sクラス W221の定番故障事例

ミッションの故障

走行中に変速が出来なくなり2速で固定されてしまう状態や、いきなりニュートラルに入ったかのようにアクセルだけが吹け上がってしまうなどの症状が出ます。

そのような症状が出てしまった時の主な原因は、ミッションの中にある電子基板がショートしていることがほとんどです。

変速した時のショックが大きいなどの症状は故障する前兆なので、中古車購入の際はシフトレバーを動かしてみて動作をしっかり確認しましょう。

見落としてしまう場合もあるのでプロの整備士に点検してもらうことが一番オススメです。

エアーサスペンションの故障

引用元:http://erforsche.seesaa.net/article/368687920.html

車高が下がってしまい、動かなくなるという症状が起こることがあります。

フロントサスペンションのエア漏れが多く、エア漏れでない場合はコンプレッサーの故障になります。

コンプレッサーからの異音、乗り心地が悪いなどの症状は故障する前兆です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら