古くなったシートのシミなど汚れの掃除と臭い対策

高級なシートほど対策が必要

乗っている車のシートが安いものほど、対策についてはあまり深く考える事はありません。
商用車のビニールシートなどは多少汚れても拭き取れば済みますし、安い車のシートの場合は最悪の場合壊れたと思って買い換えるのもひとつの方法です。

また、最近のミニバンやSUVには、アウトドアで使い倒しても問題が無いような生地を使って、濡れたり汚れたまま車に乗り込んでも問題が無かったり、汗などの吸水性が高いシートもあります。
しかし、レカロなどの高級シートや本革シートともなると、そういうわけにもいかないのが実情です。

まずはシートクリーニングで掃除機がけ

シートの汚れやゴミなどを放置しておくと傷みが早くなる原因にもなりますので、まずはシートクリーニングしていきましょう。
洗車やカーケアの専門業者に依頼してもいいのですが、ここでは自分でやる方法を紹介していきます。

まず第一段階として掃除機をかけましょう。
自動車のシートは凸凹の無いフラットなものが少なく、大抵はどこかの隙間にゴミなどが入り込んでいるものなので、硬めで細いブラシのついた吸引ノズルを使うのがオススメです。
もし、そのタイプの吸引ノズルが無い場合には、ブラシのみ別個に準備しても良いので、シートからゴミやホコリをかき出しながら吸い込んでいきます。

なお、この時に使う掃除機はなるべく大きくて強力な物を選んだ方が良いです。
カー用品店などで販売している小型のカークリーナーは、シガーソケットなどのカー電源が掃除機用としては出力不足なことに加え、本体が小型なため中のファンも小さいので、実用的な吸引力を持ちません。
自宅と駐車場が目と鼻の先なら、コンセントの延長コードを引っ張ってきてでも家庭用の掃除機を、それが無理ならガソリンスタンドや洗車場に備え付けの掃除機を使いましょう。

そうした備え付けの掃除機の中には「吸引」だけでなく「排気」モードで、強力なスポット排気でゴミを吹き飛ばすモードをもっているものもあります。
その「排気」モードですと外にゴミを飛ばしたり、外したフロアマットに吹き付けてホコリや砂を落とすのにはいいのですが、普通の掃除機のつもりで使うと車内がかえってホコリまみれになるので、注意が必要です。

シートクリーナーから仕上げ!

掃除機で十分にゴミやホコリを吸い取ったら、次はシートクリーナーの出番です。
目には見えなくとも、表面にこびりついた汗などの成分が臭いの原因になっていることもあるので、単に汚れを取るだけでなく、消臭のためにもオススメです。

カー用品店やホームセンターでシートクリーナーを販売していますし、中性洗剤を10~100倍程度に薄めて霧吹きで吹いても良いです。
まず大胆にシートの全面にシートクリーナーを吹きかけ、泡だらけにして構いません。
泡が落ち着いたら硬く絞った清潔なタオルを被せ、少し寝かせたところでこすらないように気をつけながら、シートの表面に押し付けて吸い取らせるようにして拭き取ります。

どうしても汚れがシミになって落ちないような部分に限っては、クロスなどにシートクリーナーを染みこませて、叩いて汚れを落とします。
この時の叩く力はよほどの力自慢でも無い限り、強烈にパンチして大丈夫です。
交通事故でも無い限り壊れないように作られているので、そのくらいの激しいシミ抜きで問題無いのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら