【おすすめウォッシャー液10選】車にあったウォッシャー液を選ぼう!

ウォッシャー液は、車のフロントガラスやリアガラスに吹き付ける液剤であり、視界を確保する際に使用することをおすすめします。
ここでは、おすすめのウォッシャー液と
交換する際の注意事項や役割などを紹介しています。参考にしてみてください。

ウォッシャー液とは?

ウォッシャー液とは、車のフロントガラスやリアガラスに吹き付ける液剤のことであり、汚れを落とす役割があります。
定期的にメンテナンスを行っているのであれば不足することはありませんが、簡易のメンテナンスで終わらせている場合はなくなってしまうこともあります。
ウォッシャー液は専用の液体を入れる必要があり、水では本来の効果を得ることができません。

汚れや傷がつきにくくする

ウォッシャー液は汚れや傷ができにくくする役割があります。
そのため、フロントガラスの状態を綺麗にすることができるだけではなく、劣化してしまうことを防ぐ役割もあります。
ガラスが汚れてしまうと視界を確保することができず、非常に危険です。
ガラスが汚れていると感じたらウォッシャー液を吹きかけワイパーで汚れを落とすことをおすすめします。

冬場で凍結しにくい

ウォッシャー液は冬場でも凍結しにくいという特徴があります。
そのため、寒い季節でもウォッシャー液を吹き付けることが可能になっています。
凍結しない理由は、ウォッシャー液の中に凍結防止剤が入っているからです。
ウォッシャー液を購入する費用を浮かせるために水を入れている人もいますが、冬の季節では凍結してしまうリスクがあり、必要な時に使用できない状況に陥ってしまうためおすすめできません。

おすすめウォッシャー液10選

ウォッシャー液は、車を運転するのであれば必要な液剤であり、定期的に不足していないかを確認することをおすすめします。
メンテナンス会社に任せているのであれば、個別でウォッシャー液を購入することはあまりありませんが、さまざまなメンテナンスを個人で行っているのであれば、ウォッシャー液を購入する機会も増えてきます。

次に、おすすめのウォッシャー液10選を紹介します。

おすすめウォッシャー液1:クリアウオッシャー

「クリアウオッシャー液」は原液のまま使用することができるタイプです。
そのままタンクに注入するだけでよいため、車のメンテナンス初心者の方におすすめです。
揮発性の表面活性剤が配合されていることで、使用した際に跡がつくことがありません。
ウォッシャー液が乾いても跡が残らないため、綺麗な視界を確保することにつながります。

ウオッシャーとしても優秀だけどスプレーに移し替えて車内の窓拭きに使ってみたらフクピカみたいに拭き跡も残らず綺麗になります

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RTVYLJFODJGYE/

おすすめウォッシャー液2:ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプ

ゼロウォッシャー超純水クリアータイプは、超純水が使用されているウォッシャー液です。
超純水とは水道水をろ過した水であり、不純物が取り除かれています。
そのため、乾いても跡が残らずクリアな視界を確保することができます。
撥水の効果も同時に付加することができ、雨などを弾くことが可能になります。
撥水コートをすることで、多少の雨ならワイパーなしでも視界を確保できおすすめです。

今後、愛車のウォッシャ液はずっとこれでいいと思いました。今までのガソリンスタンドやディーラーで入れて貰っていたウォッシャ液と比べて明らかに透明度が高く、噴射したときも視界を遮りにくいうえ、後残りもずいぶん軽減されてほとんどないというレベルになりました。気に入ったので繰り返し購入しています。ちなみに、これを初めて買う検討をされている方は漏斗も一緒に買うと補充作業がしやすくて良いですよ。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZE82LKOP8FIP/

おすすめウォッシャー液3:ウインドウォッシャーエクセレント 2L

ウインドウォッシャーエクセレント2Lは、油膜をとることができる成分が含まれているという特徴があります。
油膜とは、普通に運転していても徐々に付着してしまう油分が含まれている汚れです。
油膜がついてしまうと洗剤などを使用しないと綺麗にすることができず、手間がかかってしまいます。
しかし、油膜取りの成分が含まれているため油膜がつくことを軽減できます。
油膜を取りたい人におすすめです。

おすすめウォッシャー液4:スーパーレイン・X GTウォッシャー

スーパーレイン・XGTウォッシャーは経済的に優しいウォッシャー液です。
3倍まで薄めても撥水性などの効果が衰えないため、実質6Lのウォッシャー液になります。
少しでも安いウォッシャー液を購入したいと考えている人におすすめです。
中性であるため、車体を傷めてしまうこともなくワイパーの劣化を速めてしまうこともありません。

これ良いですね!3倍に薄めて雨の日に使用したら本当に雨が玉になっていく。効果は半日ぐらいと長くないがその都度やれば効果が出るので重宝しています。他のコート剤と併用すればもっといいかも!もちろん窓自体は綺麗になります。油膜はそもそもそんなにない状態でしたので不明です。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1I827REQTGCCH/

おすすめウォッシャー液5:純正 カーケア ウインドー・ウォッシャー液

純正カーケアウインドー・ウォッシャー液は高級車でもあるBMWの純正のウォッシャー液です。
BMW純正のウォッシャー液でもそのほかの車にも使用することが可能です。
-63度まで凍結防止することができ、雪国で車を運転する人におすすめのウォッシャー液です。
凍結する温度が低いため、ウォッシャー液を吹き付けた途端に凍り付いてしまうことがありません。

おすすめウォッシャー液6:ガラスコーティング剤 ガラコウォッシャー強力洗浄

ガラスコーティング剤ガラコウォッシャー強力洗浄は洗浄力に優れているウォッシャー液です。
ほこりや油膜はもちろんですが、取り除くことが困難な粒子の小さい花粉や鳥の糞でも綺麗に落とすことができます。
駐車している場所の影響ですぐにフロントガラスが汚れてしまう場合におすすめです。
洗浄力に優れているだけではなく、撥水性にも優れているため汚れをつきにくくすることも可能です。

おすすめウォッシャー液7:クリンビュー ガラスコート撥水ウォッシャー2500

クリンビューガラスコート撥水ウォッシャー2500は撥水性能に優れているウォッシャー液です。
薄めても使用することができ、薄めたことで撥水効果が弱まってしまうことがありません。
ただし、薄めると凍結防止の働きが弱くなってしまうため、薄めるのであれば冬以外の季節がおすすめです。
直接タンクに注ぎ込めるようにノズルも付属としてついているため、ストレスなく補充することが可能です。

おすすめウォッシャー液8:ウインドウケア ブルビンウォッシャースーパー

ウインドウケア ブルビンウォッシャースーパーは油膜取りに優れているウォッシャー液です。
そのため、油膜汚れがひどい場合におすすめです。

油膜を綺麗に取り除くだけではなく、再び油膜がついてしまうことも防止できます。
長期間クリアな状態を維持することができ、油膜で視界が見えづらくなることがなくなります。
キイロビンと併せて使用することでより油膜取り性能が向上します。

おすすめウォッシャー液9:撥水 ウォッシャー液(洗車の王国)

撥水ウォッシャー液(洗車の王国)はすでに撥水コーティングをしている際におすすめのウォッシャー液です。
撥水コーティングしている際に間違ったウォッシャー液を使用してしまうとコーティング剤が取れてしまい、せっかくの撥水コーティングが台無しになってしまいます。
撥水コーティングされているガラスに使用することを前提に開発されているため、撥水効果が鈍ることがありません。

おすすめウォッシャー液10:撥水ウォッシャー液(古河薬品工業)

撥水ウォッシャー液(古河薬品工業)は解結剤が配合されている特徴があるウォッシャー液です。
解結とは文字通り氷を解かすことであり、使用しておくことでガラスが凍ってしまうことを防ぐことができます。
霜が激しい地域では冬の季節になるとガラスが凍ってしまいます。
しかし、事前に吹き付けてワイパーで伸ばしておくことで、早朝に凍ってしまうことを防ぐことができます。
早朝凍結してしまう際におすすめです。

朝、車に乗るときにフロントガラスが真っ白になっている場合にコレを吹きかけるときれいになります。本来の用途とはすこーし離れている気もしますがお湯よりも手軽なので愛用していきたいと思います。※あまりにも厚く凍っていると効果は薄いです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1CZNF4PUMRB

ウォッシャー液を交換する際の注意

ウォッシャー液を購入したのであれば、なくなり次第交換する必要があります。
交換することはいたって簡単であり、機械に詳しくない人でも行うことができます。
しかし、注意しなければならないこともあり、間違った交換の仕方をしてしまうと危険を伴うこともあります。

次に、ウォッシャー液を交換する際の注意事項を紹介します。

ウォッシャー液を混ぜない

ウォッシャー液を混ぜないことが基本です。
同じウォッシャー液であれば混ぜても問題ありませんが、違うウォッシャー液を使用するのであれば使い切ってから交換するようにしましょう。
違うウォッシャー液が混じってしまうと化学反応が起こってしまい車体に悪影響を及ぼしてしまったり、ノズルがつまったりする原因にもなります。
車を買って初めて交換する際は以前のウォッシャー液がわからないため、使い切ることをおすすめします。

希釈する割合を確認する

ウォッシャー液は薄めて使用することができるタイプもありますが、正しい割合で薄める必要があります。
希釈はウォッシャー液ごとに決められているため確認してから薄めるようにしましょう。
希釈の割合を間違ってしまうと本来の効果を期待することができず、ウォッシャー液よりも真水に近い状態になってしまいます。

自分の希望に合ったウォッシャー液を選ぼう

ウォッシャー液といってもさまざまな種類で販売されているため、性能について把握し、希望に合ったウォッシャー液を購入するようにしましょう。
ウォッシャー液に求めている性能をあらかじめ決めておくことで希望に合ったウォッシャー液を購入することが可能になります。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?