ラジエーターの仕組み4つ|ラジエーターによるエンジンの冷却過程

「ラジエーター」という言葉は車を持っている方なら一度は耳にしたことがある言葉でしょう。しかしその仕組みまでわかる方は多くはないでしょう。ラジエーターの仕組みについて説明し、車にとってどんな機能なのかということについて解説していきます。

ラジエーターとはどんな装置?

車が動くにはエンジンが燃料を燃焼する必要があります。燃焼し続けることによってエンジンの温度が上がります。温度が上がり過ぎないように冷却をする冷却装置のことをラジエーターと言います。

冷却装置の中の一つ、ラジエーターとは冷却液を冷やすためにあります。

冷却水を使って適切な温度にエンジンを管理しますが、冷却液の温度が上がると蒸発してしまうので、外から取り入れる空気によってラジエーターを介し冷却液を冷ます仕組みとなっています。

ラジエーターの種類2つ

まずラジエーターには大きく分けて縦流れ式ラジエーター(ダウンフロー)と横流れ式ラジエーターの2つの種類があります。車の特性や使用目的によって使われるラジエーターは違います。

ここでは縦流れ式ラジエーターと横流れ式ラジエーターの冷却方法の違いや仕組みの違いを順番に説明していきます。

ラジエーターの種類1:縦流れ式ラジエーター

縦流れ式ラジエーター(ダウンフロー)とは読んで字のごとく、冷却液(ラジエーター液)を上から下に流すものです。「ラジエーターアッパータンク」・「ラジエーターコア」・「ラジエーターロアタンク」で構成されています。

冷却液が上部からチューブ内を通り、その後フィンを通過し冷却作業をしながら下部に落ちていく仕組みです。重力に逆らわず冷却液を縦に流す構造です。現在の国産車の多くは縦流れ式ラジエーターが採用されています。

ラジエーターの種類2:横流れ式ラジエーター

上から下にラジエーター液を流す縦流れ式ラジエーターと違います。冷却液を水平に流すものが横流れ式ラジエーター(クロスフロー)です。2個のラジエーターサイドタンクとラジエーターコアで構成されております。

この縦流れ式ラジエーターに比べて効率よく冷却できるのですが、必要以上に冷却されてしまいオーバークールを招くことがあります。

ラジエーターの仕組み4つ

ここではラジエーターの仕組みについて更に詳しくご説明いたします。エンジンの冷却過程と実際にラジエーターがどのようにラジエーター液を冷ましているのか・ラジエーターの構造・ラジエーターが圧力を調節する意味と仕組みの大きく4つにわけてご説明していきます。

ラジエーターの仕組み1:ラジエーターによるエンジンの冷却過程

ラジエーターとはエンジンの温度が上がりすぎないよう冷やす冷却装置の中の1つです。冷却装置の中でもエンジン内部に常に巡らせてある冷却液を冷やす大切な役割をしています。では実際にエンジンをどのように冷やすのかラジエーターの仕組みについてご説明いたします。

エンジンの熱をラジエーター液が冷却

エンジンの内部にはエンジンの温度を一定に保つため、冷却液が常に巡っています。この冷却液はエンジン内のチューブを介し、まず「ウォーターポンプ」を通り「ウォータージャケット(エンジン内部)」を通過してラジエーターへという仕組みで冷却液が巡っています。

ラジエーター液はラジエーターで冷やされる

ラジエーターの大きな役割については冷却液を冷ます事です。常にエンジン内では冷却液が巡回している仕組みで、エンジンを冷やし温まって戻ってきた冷却液をラジエーターで走行中に外部から取り込んだ風によって冷却する仕組みです。

ラジエーターの内部では冷却液が流れるチューブと蛇腹状のフィンという部品が交互に並んでいます。走行風がフィンを冷却することでチューブを介して冷却液が冷やされる仕組みです。

ポンプ内でエンジン内に戻される

ラジエーターが冷却液を冷やす役割をしていることを上記で述べましたが、その冷却液を循環させる装置がなければラジエーターでせっかく冷やした冷却液をエンジンに戻しエンジンを冷ます事はできません。

エンジン内へ冷ました冷却液を戻す役割をしているのが、ウォーターポンプです。エンジンが一定の温度になるとウォーターポンプ内の水車のハネをエンジンの力で動かし強制的に水を循環させる仕組みです。

ラジエーターの仕組み2:ラジエーター自体の冷却方法

ラジエーターの役割や仕組みについてご説明してきました。エンジンを冷ますためにエンジン内を常に巡る冷却液を外部から取り込んだ走行風によって冷却液は冷まされています。

ここからは更に詳しく実際ラジエーターがどのように外部から走行風を取り込み、冷却液を冷ましているのか仕組みをご説明いたします。

冷却ファンによる送風

低速運転中・停止中、走行風だけでは冷却が十分にできない場合があります。また外気温が非常に高い場合には十分に冷却出来ません。そのために強制的に通風が行えるよう、ラジエーター後方に冷却ファンが備えられています。

これによって走行風が十分に取り込む事ができなくても冷却ファンの起動により冷却液を冷ます事ができます。

走行風

ラジエーターは、車の最前部に取り付けられており車が走行する事により風が通り抜ける仕組みになっています。エンジンの熱で温まったラジエーター液は、走行中に取り込んだ風の通り抜けるラジエーターを通過し冷却します。

ラジエーターの仕組み3:ラジエーターの構成

ラジエーターの役割や仕組みについてのご説明をさせて頂きましたが、ここではラジエーター自体がどのような構成で出来ているのかを詳しくご説明させていただきます。ラジエーターの詳しい種類や重要な役割を果たしている部品があるのでご紹介いたします。

ラジエーター後方に冷却ファンがある

ご説明したとおり冷却液を冷ます役割をしているのがラジエーターです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら