エンジンから「キュルキュル」異音が!ベルト鳴きの原因とは!?【ベテラン整備士が教えます!】

寒くなって来る時期や雨上がりの朝、またはエアコンを付けた時やハンドルを切ったときなど車のベルトが「キュルキュル」と音が鳴る。

皆さん1度は経験したことがあると思います。
ベルトからキュルキュルと音が出るのは”ベルト鳴き”と言われる現象です。

ベルトの役割からベルト鳴きの原因、交換時期など筆者が実際に整備した車の事例を交えてご紹介したいと思います。

ベルトの役割

車にはエンジンの補助をする機械(補機類と言います)を動かすベルトが付いています。エンジンのクランクプーリーの回転を利用して補機類に動力を伝達する役目を担っているのがベルトです。ベルトはエンジンからエアコンや発電機、パワステに動力を伝える大切なパーツです。

走行中に電気を発電させバッテリーを充電させるオルタネーター。エアコンに送風する為の空気を圧縮させるエアーコンプレッサー。ステアリングを動かす為のパワーステアリングポンプ。など全てエンジンからベルトによって駆動されています。

“ベルト鳴き”の原因

ベルトはゴム製なので熱気や経年劣化などでヒビが入ったり、硬化したり伸びて緩むことがあります。最悪の場合切れてしまうことも…この様なベルト系の異常が原因で“ベルト鳴き”がするようになります。

車の車種やエンジンの型式によって違いがありますが、補機ごとにベルトを2~3本使用している場合と、最近では1本のベルトで全ての補機を駆動させる車種もあります。
全ての補機がベルトによって駆動しているので、1本でもベルトが切れてしまうと正常な機能が出来なくなりエンジントラブルや事故の原因に繋がります。

ベルト鳴きの原因は全てベルトの劣化や緩みが原因ではありません。もちろんその他の原因が潜んでいる場合もあります。ベルト自体の値段は高いものではありませんが常に回転により摩擦されているので劣化は避けられません。切れて周辺部品の破損や大きな故障に繋がると大変な修理になりかねませんので、早めにきちんと点検・修理をしてもらうようにしましょう。

実際に入庫してきた事例

ホンダ ライフ


今回は以前入庫してきた、ホンダ ライフの事例をお話します。

入庫してきたホンダ ライフは1本ベルトを使用していました。ベルト鳴きが気になるという事でしたのでベルトを外してみました。ベルト自体の劣化はそこまでひどくありませんでしたが、少しの亀裂とベルトの側面の傷が目立っていたのでこれがベルト鳴きの原因だと思われます。今回は新品のベルトに交換することにしました。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら