ホンダのスポーツカーの選び方4つ|スポーツカー3車種別の特徴を解説

ホンダのスポーツカーと一言で言っても、車種ごとに駆動方式や特徴は異なります。用途にあった1台で快適なカーライフを楽しむためにはどんなところに注目して選んだら良いのかや、車種別にホンダのスポーツカーの特徴を含めてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ホンダのスポーツカーの魅力

ホンダのスポーツカーと言えば、しっかりとしたステアリングレスポンスや乗り心地、挙動に一貫性があることなどが魅力ではないでしょうか。一口にホンダのスポーツカーと言っても、S660(エスロクロクマル)やシビック TYPE Rなど、車種ごとに特徴やスペックは異なります。今回は、ホンダのスポーツカー3車種別の特徴解説や、スポーツカー選びの際にチェックすべき項目についてご紹介していきます。

ホンダのスポーツカーの選び方4つ

車は人生の中でも大きな買い物のひとつであり、スポーツカーとなるとなおさら金額は大きくなります。後悔のないよう、慎重に検討して納得のいく1台を選びたいものです。特に、ホンダのスポーツカーの購入を検討されている方は、ただその車に乗りたいというだけでなく、自分でカスタマイズをしていきたいという思いも強いのではないでしょうか。楽しいカーライフを送るためにも、ホンダのスポーツカーを選ぶ際のポイントを4つご紹介します。

スポーツカーの選び方1:駆動方式を知っておこう

駆動方式とは、エンジンが回転する力をタイヤにどう伝えるかの方法の違いのことです。代表的な駆動方式のひとつであるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)は、エンジンが車の前方にあり、車の前輪を動かすことで車を引っ張る方式です。MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)という、エンジンが前輪と後輪の間にあり、後輪を駆動させる方式は、スポーツカーに多い方式です。他にも、4つすべての車輪を駆動する4WD方式などがあります。

スポーツカーの選び方2:スペックを確認しよう

スペックとは、車の性能や仕様など複数の項目が数値などでデータ化され、まとめられたものを指します。最大トルクや最高速度などの数値を確認し、より自分の希望するカーライフにあった車を選ぶことが大切です。特に、スーパーカーを選ぶ際には、エンジンの性能を表す最大トルクや総排気量などの数値はチェックしたいところです。スペックだけで実際の走行時の速さが決まるわけではありませんが、比較する際の目安としては役立つものになります。

スポーツカーの選び方3:カスタマイズを行う前提で選ぶ

スポーツカーのオーナーになるからには、独自のカスタマイズを楽しむことも前提に考えましょう。ホンダに限らず、スポーツカーを手に入れたいと思う方は、そもそもクルマ好きであることがほとんどではないでしょうか。自分の要求や好みに合うように、パーツやアイテムを揃えていく楽しみを味わいたいと思う方も多いと思います。選んだスポーツカーをカスタマイズする幅がどれくらいあるのか、パーツのラインナップなども事前にチェックしておきましょう。

スポーツカーの選び方4:中古車を選ぶ場合

中古車のメリットは、原則として新車に比べて購入費用を抑えられるということです。特にスーパーカーの場合は、新車価格が高額なため中古車で検討するというケースも多いでしょう。車両価格を抑えた分をカスタムの費用に回せるというメリットもあります。ただし、以前のオーナーが施したパーツやオプションがついていたり、状態が異なったりすることもありますので、目的や予算に合わせながら信頼できる店舗での購入をしましょう。

【3車種別】ホンダのスポーツカーの特徴

乗り心地や性能の高さから、ホンダのスポーツカーに対して憧れを抱く方は多いでしょう。一口にホンダのスポーツカーと言っても、車種ごとに特徴やスペックは異なります。ご自身のライフスタイルや希望に合うホンダのスポーツカーとはどの車種になるでしょうか。ここでは、ホンダのスポーツカーの中から「S660」「シビック TYPE R」「NSX」の3車種について、特徴などを詳しくご紹介します。

S660の特徴

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f4/Honda_S660_%CE%B1.jpg/1280px-Honda_S660_%CE%B1.jpg

S660は、軽規格でありながらホンダのスポーツカーらしく「走り」を追い求めて作られているのが特徴です。軽自動車の規格という限られた条件の中で、スポーツカーとしての高い走行性能を実現させるために、ラゲッジスペースを排除するなど、革新的なホンダのアイディアが反映されています。荷物が乗せられる快適さよりも、走りを優先させるというホンダのこだわりが表れた1台と言えるでしょう。

基本情報

S660は軽規格のホンダのマイクロスポーツカーで、駆動方式はMRです。α、β、Modulo Xと3つのタイプがあり、いずれもガソリン車で乗車定員は2名となっています。ボディはコンパクトながら精悍でシャープなシルエットで、運転席もスポーツドライビングに適した機能性の高いタイトな作りとなっています。取り外しのできるロールトップを備えており、シートヒーター付なのでオープンドライブも快適に楽しむことができるでしょう。

駆動方式 MR
最大トルク 104N・m[10.6kgf・m]/2,600rpm
最高速 196km/h
排気量 0.658L
本体価格 2,031,700円~

安全性能

S660は、予防安全性能の面で、自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置を搭載したセーフティ・サポートカーに該当します。渋滞中など約30km/h以下での運転時に、前方の車両との衝突を回避支援してくれるとともに、万が一の衝突の際には4つのエアバックが搭載されており、運転席・助手席の正面、サイドで展開し衝撃に対応します。

走行性能

S660は、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)のレイアウトを採用しており、重心を低く保つことでホンダのスポーツカーらしい高い走行性能を実現しています。6MTとCVTの2つのタイプが用意されており、CVT車であれば専用のSPORTスイッチが備わっているため、素早いアクセル操作でも優れたレスポンスを発揮するでしょう。

燃費

S660の燃費消費率は6MT車で20.6km/L、CVT車で20.0km/Lです。

今回ご紹介するホンダのスポーツカー3車種の中では、一番燃費の良い車種ということになります。S660は、燃費に影響する要素である車体の重量の面で、軽自動車規格であるため軽く、更に空気抵抗の少ないボディデザインであることが燃費消費率の良さにあらわれていると言えるでしょう。

シビック TYPE Rの特徴

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら