軽トールワゴンの比較とおすすめ車種!タント・スペーシア・N-BOX・ウェイクを比較

最近の軽自動車販売台数では必ず上位を独占していると言ってもいいほどに車業界を席巻している自動車カテゴリー、トールワゴン。ハイトワゴンとも呼ばれることのあるこのカテゴリーですが、売れるとわかっているためどのメーカーも色々な形のものを作り、今は飽和状態になっています。広い、運転しやすいなどたくさんのメリットがあるトールワゴンですが、数ある中から一番自分にあったものを見つけるにはどういったポイントを見ればいいのでしょうか。そこで今回は、そんなトールワゴンを押さえておくべきポイントごとに比較し、おすすめの一台を選んでいきたいと思います。トールワゴンを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

今回比較するトールワゴン

まずは今回比較するトールワゴンの軽自動車について、簡単に紹介していきます。

タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/main01.jpg

2019年度の軽自動車販売台数では2位となるほど売れたダイハツのタント。トールワゴンの先駆けと言っても過言ではないでしょう。出た当初から今も売れ続けているロングセラー車種です。

スペーシア

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/img/image01.jpg

販売台数では先ほどのタントに続き3位となっているスズキのスペーシア。スズキ「パレット」の後継者として発表された車でスーツケースをモデルとしてデザインされたフロントフェイスが特徴的です。

N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

2019年度の軽自動車販売台数で単独首位を走っているホンダのN-BOX。どの月でもトップを独占しているほどの売れっぷりで今ではホンダの看板車種となっています。

ウェイク

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

今発売されているどのトールワゴンよりもトールサイズのダイハツ、ウェイク。テレビで流れているCMでもよく見かけます。先ほど紹介したタントの上をいくという意味でウェイクと名付けられた、比較的新しい車種です。

4台を比較!

それでは紹介した4台を燃費・室内の広さ・積載量・安全装備の観点から比較していきたいと思います。

燃費で比較

まずは日常生活で使う上で一番重要な要素と言っても過言ではない、燃費について比較していきます。燃費の測定方法は最近になり、WLTCモードという日常生活に近い条件で行う測定法が2018年10月から義務化されましたが、それ以降に新しく販売されていない車に関しては義務ではないため、JC08モードの燃費も合わせて比較していきます。まず一番燃費が良いのがスペーシア。ウェイクはJC08モードの燃費ではありませんが、WLTCモードでみてもN-BOXやタントよりも燃費が悪いのでスペーシアが一番良いのは明らかです。スペーシアはマイルドハイブリッドとなっており、発進時や加速時などはモーターがアシストしてくれるため30.0km/Lという好燃費となっています。一方、一番燃費が悪いのがウェイク。最初の車説明でも軽く述べましたが、ウェイクは全高が高く1.835mmもあります。これは広さの面に関しては大きいメリットですが、燃費の面では空気抵抗が大きくなるのでこのような結果となっています。

室内の広さで比較


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら