軽トールワゴンの比較とおすすめ車種!タント・スペーシア・N-BOX・ウェイクを比較

最近の軽自動車販売台数では必ず上位を独占していると言ってもいいほどに車業界を席巻している自動車カテゴリー、トールワゴン。ハイトワゴンとも呼ばれることのあるこのカテゴリーですが、売れるとわかっているためどのメーカーも色々な形のものを作り、今は飽和状態になっています。広い、運転しやすいなどたくさんのメリットがあるトールワゴンですが、数ある中から一番自分にあったものを見つけるにはどういったポイントを見ればいいのでしょうか。そこで今回は、そんなトールワゴンを押さえておくべきポイントごとに比較し、おすすめの一台を選んでいきたいと思います。トールワゴンを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

今回比較するトールワゴン

まずは今回比較するトールワゴンの軽自動車について、簡単に紹介していきます。

タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/main01.jpg

2019年度の軽自動車販売台数では2位となるほど売れたダイハツのタント。トールワゴンの先駆けと言っても過言ではないでしょう。出た当初から今も売れ続けているロングセラー車種です。

スペーシア

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/img/image01.jpg

販売台数では先ほどのタントに続き3位となっているスズキのスペーシア。スズキ「パレット」の後継者として発表された車でスーツケースをモデルとしてデザインされたフロントフェイスが特徴的です。

N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

2019年度の軽自動車販売台数で単独首位を走っているホンダのN-BOX。どの月でもトップを独占しているほどの売れっぷりで今ではホンダの看板車種となっています。

ウェイク

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

今発売されているどのトールワゴンよりもトールサイズのダイハツ、ウェイク。テレビで流れているCMでもよく見かけます。先ほど紹介したタントの上をいくという意味でウェイクと名付けられた、比較的新しい車種です。

4台を比較!

それでは紹介した4台を燃費・室内の広さ・積載量・安全装備の観点から比較していきたいと思います。

燃費で比較

まずは日常生活で使う上で一番重要な要素と言っても過言ではない、燃費について比較していきます。燃費の測定方法は最近になり、WLTCモードという日常生活に近い条件で行う測定法が2018年10月から義務化されましたが、それ以降に新しく販売されていない車に関しては義務ではないため、JC08モードの燃費も合わせて比較していきます。まず一番燃費が良いのがスペーシア。ウェイクはJC08モードの燃費ではありませんが、WLTCモードでみてもN-BOXやタントよりも燃費が悪いのでスペーシアが一番良いのは明らかです。スペーシアはマイルドハイブリッドとなっており、発進時や加速時などはモーターがアシストしてくれるため30.0km/Lという好燃費となっています。一方、一番燃費が悪いのがウェイク。最初の車説明でも軽く述べましたが、ウェイクは全高が高く1.835mmもあります。これは広さの面に関しては大きいメリットですが、燃費の面では空気抵抗が大きくなるのでこのような結果となっています。

室内の広さで比較

続いてトールワゴンの魅力でも室内の広さについて比較していきます。トールワゴン自体、軽自動車の中ではかなり室内が広い車のカテゴリーになるのですが、その中でも一番広いのがウェイク。やはりウェイクは全高が高いので必然的に室内の高さも高くなり、軽自動車とは到底思えないほどの広さを確保しています。室内高1.455mは小さい子供なら立って着替えられるほどの高さです。ただ、もちろん他の車も狭いということは全くありません。N-BOXは室内長を一番長く取っており、後席には足を組めるほどの余裕がありますし、タントもスペーシアも乗ってみると見た目以上の広さを感じます。

安全装備

最近の車では衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備が付いていることが当たり前になってきました。車の安全性は最近の車には欠かせない要素となっています。家族で使いたい方などは特に気をつけるポイントでしょう。ここでは安全装備の充実さで比較していきます。(ACCはアダプティブクルーズコントロール、CMBSは衝突被害軽減ブレーキを表しています。)安全装備では比較すると4車種が真っ二つに別れました。タント、N-BOXは今回の指標である機能すべてを装備している上、N-BOXに関してはHonda SENSINGで標識の見落としを防止したりする機能など、ここには書ききれないくらい至れり尽くせりです。一方、スペーシアとウェイクに関しては衝突被害軽減ブレーキは装備されていますが、それ以外では少し装備が乏しくなっています。ACCやレーンキープは、遠出をあまりしない人にはそこまで必要な装備ではありませんが、遠出もしたいという人にとってはタントやN-BOXなどの安全装備が付いている方が安心です。

価格で比較

最後は購入する大きなポイントとなる価格での比較です。今回の最低価格は衝突被害軽減ブレーキなどの最低限の機能が付いている価格としました。タントが一番安く133万円〜次にスペーシア、N-BOX、ウェイクと続いていきますがN-BOXとウェイクは140万円台と、タントとスペーシアに比べ10万円ほど高くなっています。車にどのくらいお金をかけれるのかは個々人によって変わってきますから、ここはお財布と相談です。

おすすめの一台

ここまでトールワゴン4車種を比較してきましたが、その中からおすすめの一台を選んでいきます。比較をみてもどの車がいいのか迷うという方、ぜひ参考にしてみてください。

ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/main01.jpg

車は使用用途によってその人に合った車が変わってきますが、多くの人におすすめできるバランスという面で、今回紹介した車の中からタントを選びました。タントは他のトールワゴンに比べ、室内の広さはそこまでないものの、価格が安く安全装備が充実しているという面で非常にコスパの良い一台となっています。結局どの車が良いのかわからないという方は検討してみてはいかがでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら