【試乗記】ターボじゃなくても買いたい!?2代目アリスト S300は快速お買得セダン

最新の製品が最良の選択…そうはいかないクルマの世界。時代を切り取ったテイストや、圧倒的なコストパフォーマンスなど、価値観を広げてくれる中古車の世界を実際に車に乗りながらご紹介!今回はトヨタの名車アリストのNAグレード、S300を使って皆さんの購買意欲を刺激しちゃいます。

馬力と、上質さと、伝統を求める人へ、20世紀最先端を目指したスポーツセダン

この頃の自動車メーカーが目指した“最先端”が指すのは、クルマが古くから持つ価値観である乗り味とフィーリング、世界観のことを言います。

この車はそんな価値観を大切にしたい人へお勧めの、ハイグレードスポーツセダンです。

アリストはターボのV300とNAのS300共に、あの本格スポーツカー『スープラ』の心臓である『2JZ-GTE』『2JZ-GE』を搭載してスパルタンなスポーティさをアピールしながら、楕円意匠を積極的に取り入れたそのエクステリアでエレガントさもアピールしています。

フロント・リア共に4灯のデザインは時を経た今でも唯一無二のデザインで、皆さんもきっと街中で見かけたことがあるはず。

その唯我独尊ぶりは外見だけでなく、乗り味や内装にもしっかり表現されています。

ザ・コクピットな運転席と上質なおもてなし空間のシナジー

横に大きく膨らんだ広いキャビンと暖かな内装は、この車に乗る全てのパッセンジャーに向けた上質なおもてなしの心をアピールしています。

後席はフラット気味で、万が一中央の座席に乗らざるを得なかったとしても、足元空間以外は快適なままです。

窓ガラスは大きくないため開放感には欠けますが、スペース効率の厳しいFRレイアウトでありながら後部座席は頭の上こぶし1個分という余裕の空間。家族や友人から不満の声を聞くことはないでしょう。

何より皆さんに伝えたいのは、運転席のコックピッドレイアウト。

ドアトリムからメーター、センターコンソールで包まれた運転席は、この車がドライバーの貴方を真に愛していることが伝わってくるでしょう。

スポーティな三眼式メーターは周囲の明るさに合わせレトロな色彩で自発発光します。ハンドルも電動テレスコピッグで自在に位置を変更できますし、メーターの視認性を阻害することもありません。

ドアトリムも前後席で極端にクオリティが変わることもなく、『ウッド調パネル』『スウェード生地』『ハードプラ』という素材のコントラストと、『ブラウン』『グレー』『ベージュ』の色彩コントラストを、決して華美ではないものの、上品にまとめ上げています。

S300だけが持つ、日常領域特化の等身大のスポーツ・フィーリング

S300は、速い車ではありません。しかし日本の制限速度内のあらゆる場面で余すことなくこの車の『スポーツ』を味わえます。

(とはいえV300の280PS/5,600rpmが規格外なだけで、230PS/6,000rpmもあるので十分です)

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら