ホンダの人気セダン4種|フラッグシップから最新車種まで幅広く紹介

ホンダが取り扱うセダンのラインナップを見ると、自動車メーカーとしてセダンを作り続けるプライドや、各モデルの歴史の深さなどがよくわかります。現在のフラッグシップセダンであるレジェンドから、最新の燃料電池自動車まで、ホンダのセダンを幅広くご紹介します。

ホンダのセダンの特徴

ホンダのセダンと言えば、優れた環境性能や静粛性を備えながらもしっかりとした走りを見せる、快適性の高い車であることが特徴です。ホンダは、上質感あふれるセダンを多数輩出しており、各モデル共通してホンダという会社の誠実さや真面目さが表れていると言えるでしょう。今回は、ホンダのセダンの人気車種とその特徴についてご紹介します。

ホンダのセダン戦略とは

ホンダは、セダン不況と言われる近年においても、縮小するのではなく新規のセダンを投入していく戦略を採っています。近年では、SUVタイプやミニバンタイプの人気に押されて、「車の基本形」とも呼ばれたセダンの売れ行きは下降していると言われています。特に日本では、小さくて取り回しがしやすかったり、荷物がたくさん乗せられるという点でSUVやミニバンが高評価されていると言えるでしょう。

セダン不況でもセダンを新規投入する理由

業界的にはセダン不況と言われる中、ホンダがセダンを新規投入する背景には、海外市場での人気の高さが挙げられます。特に、シビックやアコードはグローバルモデルとして展開されており、売上の面でも占める割合が大きいです。グローバルセダンを輩出するというメーカーのプライドが、ホンダをチャレンジへと向かわせていると言えるでしょう。

ホンダの人気セダン4種

コンパクトクラスからラージクラスまで、ラインナップが豊富なホンダのセダンですが、人気車種はそれぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。各車種の特徴を知った上で、自身の求めるカーライフにあった1台を選びたいものです。ここでは、ホンダの人気セダン4種について特徴などをご紹介します。

ホンダの人気セダン1:レジェンド

レジェンドは、「SPORT HYBRID SH-AWD」という3モーターのハイブリッドシステムを搭載しています。EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つの走行モードがあり、ボディの前方に1基、後方に2基配置されているモーターがエンジンをアシストすることで、走行状況に合った最もエネルギー効率の高いモードに自動で切り替えてくれます。快適な乗り心地と高い燃費性能を兼ね備えている車種と言えるでしょう。

オール4WDのフラッグシップモデル

レジェンドは、オール4WDのホンダのフラッグシップセダンです。レジェンドの4WDシステムは、駆動方式を、前輪駆動・後輪駆動・四輪駆動の3つから、走行状況や路面の状況に応じて最適なものに切り替え、自在に制御してくれます。ホンダの最高位を意味するフラッグシップセダンであり、エクステリアの佇まいはもちろん、インテリアデザインも濃密な高級感あふれる空間となっています。

ホンダの人気セダン2:シビック

シビックは、革新的なスタイリングと際立った持ち味の走りが人気のホンダのセダンです。走りやすく使いやすいという機能が追求されたモデルであり、先進的で上質なロー&ワイドなフォルムと、力強くスムーズな加速、環境性能の高さなどが魅力と言えるでしょう。安全運転支援システムの「Honda SENSING」が全タイプに標準装備されています。

ホンダの最長寿モデル車種

シビックセダンの歴史は長く、ホンダの最長寿モデル車種です。1972年に初代が発売されて以降、世界でも販売されるグローバルモデルとなっているシビックは、2020年時点の現行モデルが10代目となります。シビックは歴代で一貫して、かっこよさと車を操る喜びに力を入れており、近年の車選びでは便利さが注目されやすい傾向にありますが、便利なだけではない車本来の楽しさを提供してくれる車種だと言えるでしょう。

ホンダの人気セダン3:アコード

アコードは、名前が意味する通り「人と時代との調和」をコンセプトに作られている、ホンダを代表するセダンの一つです。特にアコードを特徴づけるポイントとしては、走りのパフォーマンスの高さと室内空間の快適性が挙げられるでしょう。2モーターハイブリッドシステムの「e:HEV」が搭載されており、軽快な走りと燃費の良さが両立されています。

ワゴンも誕生した名門車種

アコードは、過去にはワゴンやクーペタイプも誕生したホンダの名門車種です。1976年に3ドアハッチバックとして登場したアコードは、その後4ドアセダンをメインに据えて、日本だけでなく世界の市場に受け入れられてきました。1991年に日本で販売開始されたアコードワゴンも、元はアメリカで開発されたモデルが逆輸入されたものです。アコードは世界的な支持に後押しされてきたホンダの名門車種と言えるでしょう。

ホンダの人気セダン4:クラリティ

クラリティは、地球温暖化などの環境問題に着目して作られたホンダの燃料電池自動車です。セダンタイプの燃料電池自動車としては、世界で初めて5人乗りを実現した車種となります。外部給電器の普及などの面で、2020年現在ではリース専用車両としての取り扱いですが、今後個人向けへの販売も期待されるモデルです。

水素を燃料として水だけを排出する

クラリティは、水素を燃料として水だけを排出するという燃料電池自動車です。専用の外部給電器を使った水素充填時間は、一回あたり3分程度で、ガソリン車と比較しても使い勝手の面で引けを取らず、排気ガスゼロの自然環境に配慮されたクリーンな車となっています。ハイブリッド車やEV車が普及していったのと同様、今後クラリティのような燃料電池自動車の成長が期待されるでしょう。

中古で買えるホンダのセダン4種

ホンダのセダンは、現行販売されている車種の他に、中古市場でまだまだ人気の高いモデルも存在します。生産を終了してもなお続く人気は、ホンダが個性やこだわりの強い車種を多数輩出してきたメーカーであることが理由と言えるでしょう。ここでは、中古で買えるホンダのセダンを4つご紹介します。

中古で買えるホンダのセダン1:インスパイア

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/91/Honda_Accord_Inspire_honda_collection_hall.JPG/1280px-Honda_Accord_Inspire_honda_collection_hall.JPG

インスパイアは、1989年から2012年まで販売されていたホンダの上級セダンです。洗練されたスタイリングのボディは、力強い印象を与えるだけでなく空気性能の面でも優れており、スポーティーな走りが魅力の車種と言えるでしょう。中古相場は約50~100万円で、生産終了年に近い年式の新しいものが人気の傾向です。

中古で買えるホンダのセダン2:インサイト

インサイトは、1999年に誕生し2020年現在も歴代3代目モデルが現行販売されているホンダのセダンです。発売当初からハイブリッド専用車として作られ人気も高いインサイトですが、年式の古いものは現行モデルに比べると当然環境車としての性能が劣るため、中古市場では約30万円台から100万円を切る価格でも多く出回っている傾向にあると言えるでしょう。

中古で買えるホンダのセダン3:インテグラ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b4/1995-1998_Honda_Integra_Type_R.JPG/1280px-1995-1998_Honda_Integra_Type_R.JPG

インテグラは、3ドアクーペや4ドアハードトップ、TYPE Rなど様々なタイプが発売されたホンダの人気車種です。いずれのタイプも、スポーティさが際立つ車であることが特徴的で、走りを楽しめる性能と実用性の高さで人気を誇りました。走りを重視するドライバーからの支持が高く、状態が良いものは中古市場での希少性が高いと言えるでしょう。

中古で買えるホンダのセダン4:トルネオ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d5/TORNEO1.jpg/1280px-TORNEO1.jpg

トルネオは、6代目アコードの兄弟車となるホンダの4ドアセダンです。VTECエンジン搭載で、鋭いレスポンスと加速感が楽しめるとして、走りを重視するドライバーから人気が高い車種です。中古市場での希少性は高く、状態がいいものは年式が古くても価格が下がりにくい傾向にあると言えるでしょう。

ホンダのセダンは歴史ある車種が多い

ホンダのセダンには、歴史を持った車種が多く揃っています。歴代モデルに受け継がれてきたホンダのこだわりを感じ、自身の求める条件に合った最適な1台を見つけて楽しいカーライフを送りましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら