画像で比較!2016年式と2017年式のGT-R、どちらが迫力満点か!?

よりエラの張ったデザインになりました。現行モデルのラストパートとして奮闘します!

「打倒ポルシェ」のミッションは続く。

イヤーモデル制を採用する北米市場では、年の半ばに次年度モデル(現在だと、2017年モデル)が発表されるケースが多くなっています。

先日、日産が「GT-Rニスモ」の2017年式を公開しました。

エンジンはツインターボ3.8リットルのV6(600PS)で変わりませんが、シャシーにブレースを追加して強化したり、ショックアブソーバーが改良されたりと、変更点がいくつかあります。

そして、ベースモデルである「GT-R」の2017年式に準じて、ニスモ版も内外装のデザインが改良されました。

これによって、見かけのみならず、空力特性も向上しています。

我々はすでに2016年式のGT-Rの大ファンでもありますが、アップデートされた2017年式はさらに格好良く映るものです。

実は、R35型のGT-Rとしては、これが最初で最後の大がかりな改良となるものです。

それでは、下の合成写真で2016年モデル(左)と2017年モデル(右)を比べてみてください。

さて読者の皆さんのご意見はいかがでしょうか?

スタイリングは充分ブラッシュアップされていると思いますか?

それとも、そろそろ登場から10年になるR35型に力を入れるのは止めて、新型のR36に注力した方が良いと思いますか?

ここでR36型が出てきましたが、それは噂にもあるように、大変革を起こしてEV(電気自動車)のパワートレーンを採用するべきと思いますか?

それとも、マクラーレン「P1」やフェラーリの「ラフェラーリ」と同じように、ハイブリッド車とするのが良いのか…。

いや、つい色々と考えてしまいますね。

いずれにしても、ここに写真を掲載した現時点での最新モデル、言うまでもなく魅力的なことは確かですよね。

R35が現役を退くまで、エールを送り続けたいと思います。

Which Godzilla Looks Angrier: 2017 GT-R Nismo Vs. 2016 GT-R Nismo?
Which Godzilla Looks Angrier: 2017 GT-R Nismo Vs. 2016 GT-R Nismo?www.carbuzz.com

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション