画像で比較!2016年式と2017年式のGT-R、どちらが迫力満点か!?

よりエラの張ったデザインになりました。現行モデルのラストパートとして奮闘します!

「打倒ポルシェ」のミッションは続く。

イヤーモデル制を採用する北米市場では、年の半ばに次年度モデル(現在だと、2017年モデル)が発表されるケースが多くなっています。

先日、日産が「GT-Rニスモ」の2017年式を公開しました。

エンジンはツインターボ3.8リットルのV6(600PS)で変わりませんが、シャシーにブレースを追加して強化したり、ショックアブソーバーが改良されたりと、変更点がいくつかあります。

そして、ベースモデルである「GT-R」の2017年式に準じて、ニスモ版も内外装のデザインが改良されました。

これによって、見かけのみならず、空力特性も向上しています。

我々はすでに2016年式のGT-Rの大ファンでもありますが、アップデートされた2017年式はさらに格好良く映るものです。

実は、R35型のGT-Rとしては、これが最初で最後の大がかりな改良となるものです。

それでは、下の合成写真で2016年モデル(左)と2017年モデル(右)を比べてみてください。

さて読者の皆さんのご意見はいかがでしょうか?

スタイリングは充分ブラッシュアップされていると思いますか?

それとも、そろそろ登場から10年になるR35型に力を入れるのは止めて、新型のR36に注力した方が良いと思いますか?

ここでR36型が出てきましたが、それは噂にもあるように、大変革を起こしてEV(電気自動車)のパワートレーンを採用するべきと思いますか?

それとも、マクラーレン「P1」やフェラーリの「ラフェラーリ」と同じように、ハイブリッド車とするのが良いのか…。

いや、つい色々と考えてしまいますね。

いずれにしても、ここに写真を掲載した現時点での最新モデル、言うまでもなく魅力的なことは確かですよね。

R35が現役を退くまで、エールを送り続けたいと思います。

Which Godzilla Looks Angrier: 2017 GT-R Nismo Vs. 2016 GT-R Nismo?
Which Godzilla Looks Angrier: 2017 GT-R Nismo Vs. 2016 GT-R Nismo?www.carbuzz.com

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら